上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.23 自己批判能力
先週、バングラデシュ在住ブロガーさんお2人とお会いしたとき、
自分たちが感じていること、疑問に思っていることなどを
いろいろ話し合ったのだが、
そのとき出た共通の意見がこれ。


「バングラデシュ人(特に男)は、根拠のない不思議な自信をもっている。」


私たちからすれば、その自信が一体どこからくるのか不思議。
客観的判断を全く欠いていることが多いのである。


先日の新聞の金曜版(日本なら日曜版に当たる)の付録の読み物で読んだ記事。
不健康な食生活による肥満の問題について書いた記事だったのだが…。

「ジャンクフードやソフトドリンクの摂り過ぎ、野菜を食べない、
運動をしないなどが原因で、西側諸国で肥満が問題になっている。
また、それに伴う糖尿病や心臓病などの健康障害が多く出ており、
アメリカやイギリスでは、政府が対策を講じることを決定した。」(要約)

これは確かに事実だが、同じ問題は実はバングラデシュにもある。
私も来てみてびっくりしたのだが、肥満の人が本当に多いのだ。

確かに、人口の半分を占める貧困層は、栄養不足で痩せ細っている人が多い。
しかし、中流以上の人たちは、油や砂糖を多く使うこの国の食事、
更には、ピザやフライドチキンのようなファーストフードの氾濫、
そして運動不足によって、明らかに太りすぎなのである。

糖尿病や高血圧などの成人病や心臓病も問題になっている。


「自分たちのことを棚にあげた記事だな~
と思いつつ、記事の続きを読んだ。


「アメリカでは、子供たちに食や栄養に関して正しい知識を与えるため、
学校のカリキュラムに料理を組み込むことにした。」

ふむふむ。

しかし、この後、私はイスからひっくり返りそうになった…


「そこで、非常に良いアイデアが浮かんだ。
アメリカのテレビ番組にわが国の料理専門家を送って、
健康的な食事の調理の仕方を子供たちに教えるというのはどうだろう。
わが国の輸出アイテムにもう1つ追加することができるし、
またそれによって外貨の獲得もできるのだ。
是非皆さんのご意見をお聞かせください。」


は~~~っ???


この国の状況は↑で書いた通り。
どうすればこういう発想が出るのか、不思議で仕方がない。

自分たちの食生活が健康的なものであると、真剣に思っているのだろうか…???


バングラデシュに住んだことのある人なら、
私同様、イスから転げ落ちていらっしゃると思うけど、
どうですか??


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/219-683ae36a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。