上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.13 停電
停電の季節がやってきました。

冬の間は、まあ一日に一回あるかないかの停電でしたが、暑くなるにつれ一回の停電時間が長くなり、最近では日に数回の停電もめずらしくありません。

バングラデシュは慢性的な電力不足なのですが、暑くなると冷房や灌漑など電力の需要が増え、従って停電の回数も増えるという訳です。

家には自家発電装置が一応あるのですが、賄える電力には限りがあるので、最低限の照明と天井の扇風機に繋がっているだけ。
テレビやオーディオはもちろん使えない。
電子ピアノを持ってきたことをちょっぴり後悔するのもそんな時。
ピアノもひけない。

暗くて暑い中、じっと回復を待つしかないのです。

ベンガル語のクラスの最中にも停電することがあります。
教室はビルの一階にあって、外からの明かりもあまり入ってこないので、昼間でも電気が無いと文字が見えないぐらい暗いのです。
自家発電も無いようで、停電すると、先生がローソクに火を灯してして持ってきます。
1本のローソクの明かりで勉強するって、とってもレトロ。
まるで「蛍の光、窓の外」の世界です…。

一般的な物価や水道・ガス・電話代から比べると電気代は異常に高いです。
キッチンコンロも全て電気だったにも関わらず電気代は微々たるものだったスウェーデンから見ると、目が飛び出る程の値段です。
まあ、それ程貴重だってことでしょうね。

天然ガスは豊富にあるようなのですが、それを電気に変えるプラントが足りないのです。
しかし、電力不足は昨日や今日始まったわけじゃあないんです。
今までの政治家が私腹を肥やしていなければ、もっと効果的なプラントが建設されていたことでしょう。

現暫定政府がどんなに頑張っても、電力の供給は1日や2日で増える訳はなく、それならば需要を減らそうと、政府はショッピングモールへの電力供給を夜7時で打ち切ることを決定。
それまでは10時、11時まで開いている店も多かったのですが、ほとんどの店が2週間程前から仕方なく7時で閉店しているようです。

それがどれ程の効果があるのか分かりません。
かなりデスペレートになっているのは確か。

どこかから安い電力買えないものでしょうかね~。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/21-bad9639f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。