上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かれこれ16年前、日本語教師として初めてスウェーデンに行った。
私はまだ若く(!)、日本語教育能力検定を取ったばかりの
ほやほやの新米教師だった。

そして、スウェーデンの大学で非常勤講師として日本語を教えた。

その後、引越しをして教壇を離れ、他の仕事に就いたが、
通信教育という形で、日本語教師の仕事は細々と続けていた。


しかし、スウェーデンを離れて5年半。
日本語教育からすっかり遠ざかっていた。

ところがここにきて、知人から娘に日本語を教えて欲しいと頼まれた。
どうしようかかなり迷ったけど、引き受けることにした。


そして、今日が第1回目。

昔の教材や資料を引っ張り出してきて準備していると、
昔を思い出してちょっと楽しくなった。

問題は、生徒が9歳の子供だということ…

私は、子供は日本人の子供を補習校で教えたことがあるだけで、
日本語は大学生以上の大人にしか教えたことがない。

大人は母国語が確立しているので、
文法の説明などをして、系統立てて教えていくのが効率的だ。
しかし、9歳の子供ではこの方法は使えない。

子供向けのテキストもないし、戸惑いながらのスタートとなった。

日本語は全然できないが、日本のゲームなどで遊んでいるらしく、
そのゲームの日本語が分かるようになりたいというのが彼女の希望。

そこまでの道のりは長いが、
まずは、読み書きを中心に始めることにした。

始めてみると、あっという間の1時間。

これから週2回、楽しい時間が持てたらな~と思う。


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/201-4bff8378
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。