上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイメンシンは、ダッカのから車で北へ2時間半ほど行ったところにある。


大きな地図で見る

イスラム教徒が85%を占めるバングラデシュにあって、
マイメンシンではヒンズー教徒が40%近くを占める。
キリスト教徒も他の地域より多い。

また、マンディーと呼ばれる先住民族も多く住んでいる。
有史以前にチベットまたはビルマから移住してきた民族で、
そのほとんどがキリスト教徒。

そのせいか、ここでは宗教を越えた共存が、
他地域よりうまくいっているようだ。


そのマイメンシンに、テゼ共同体がある。
テゼ共同体は、教派を超えたキリスト教の修道会で、
マイメンシンのテゼ共同体では、現在5人のブラザー(修道士)が、
テゼ共同体から奨学金を受けている少数民族の青年達と一緒に暮らしている。
ブラザーの1人はスウェーデン人だ。
彼らは、貧しくて教育が受けられない子供達のための学校や、
障害者のためのコミュニティーセンターを開設している。

この障害者コミュニティーセンターから、
知的障害のある女の子のための家を新たにオープンすることになり、
マイメンシンで理学療法士として働いている友人が
そのオープニングセレモニーに招待してくれたのだ。

↓マイメンシンにあるテゼの教会。小さくてかわいい。
テゼの教会1 テゼの教会2 テゼの教会3


朝7時過ぎに家を出て、車でマイメンシンに向かう。

ダッカ市を出てすぐのガジプールというところには、
縫製工場を始めとするたくさんの工場があり、
ちょうど通勤時間だったのだろう、
沿道には仕事に向かう人、人、人、人、人…

ガジプールの人・人・人1 ガジプールの人・人・人2 ガジプールの人・人・人3


その数、数百いや数千か…
車で20分以上走っても、その人波は途切れることがない。


マイメンシンに近づいてくるとのどかな田園風景が続く。
稲を刈った後の田んぼあり、ちょうど田植えをしたばかりの田んぼあり。
牛や山羊が草を食み、あひるの親子が水浴びをして、鶏が駆け回る。

マイメンシンは小ぢんまりとした街で、車はあまり走っていない。
道路を占めているのは大量のリキシャ。

そのせいか、ダッカより格段に空気はいい。
ストレスも少ないのだろう、人々の顔が穏やかだ。
物乞いも少ない。


実は私たち夫婦は、バングラデシュに来てから一度もリキシャに乗ったことがなかった
車があるから必要が無いせいもあるが、
ダッカの交通はあまりにも危険で、
さらには物取りに遭うリスクもあるからだ。

でも、マイメンシンなら車も少ないし大丈夫そう。
というわけで、リキシャ初体験。

風を切って気持ちいいけど、
やっぱり不安定でちょっぴり怖い。
カーブで曲がると放り出されそうになる

やっぱりダッカでリキシャに乗るのは止めようと心に誓った…


オープニングセレモニーは、手作りの温かいものだった。
このハウスの名前は「プシュポニール」。
「花の家」という意味
テーマソングもある。

オープニングセレモニー1 オープニングセレモニー2 オープニングセレモニー3



セレモニーのあと、テゼ共同体でみんなでランチ。
白いご飯に、チキンカレー、ダル。

こちらではみんな手で食べる。
私たちも挑戦しようと思ったが、熱い
アルミのお皿に盛られていたのだが、
左手で底を支えるのさえ熱くてできない…
しかもカレーもダルも意外とさらさらで、
初心者の私たちにはとても手で食べられそうになかった。
仕方ないのでスプーンをもらって食べた。

ピリリと辛いチキンカレーとマイルドなダル。
とってもおいしかった。
夫なんてお替りしたほどだ。

ランチ1 ランチ2 ランチ3



ランチのあと、「プシュポニール」に戻ってお茶を頂いた。
この障害者コミュニティーセンターで、
もう10年以上も働いている日本人女性がいる。
その方の働きには本当に頭が下る。
私の友人にしてもそう。
簡素な住まい。
冷蔵庫もなくお湯も出ない。
そんな生活をしながら献身的に仕事をしている。
私なんて1日も務まらないに違いない。

この国では、障害があるのは本人または母親の罪のせいだと理解される。
そのため根強い偏見や差別がある。
障害をもった子供達は、物乞いをさせられたり、
暴力を振るわれることも少なくない。
そんな子供達が、コミュニティーセンターに来て、
愛情をいっぱい受けて、少しずつ笑顔を取り戻していく

女の子達1 女の子達2 女の子達3



何もできない私だけど、
せめてそこで頑張っている友人が心身共に健康でいられるように、
陰ながら力になりたいと思っている。


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/191-b084101d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。