上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これを読んでテニスを始めたわけではないが、
中高大とテニス漬けだった私の当時のバイブルだった

あの当時テニスをしていた人たちは、
多分ほとんどが「エースをねらえ!」を読んでいたし、
それぞれが、岡ひろみやお蝶夫人、藤堂さんや宗方コーチに憧れていた。

もちろんコミックは全巻揃えて持っていた。

大人になって、持っていたほとんどのコミック本は処分したが、
これだけは大切に置いておいたのだった。

ところが、実家を離れて数年後、
久しぶりに読みたくなって取り出そうとすると

なんと、私のお宝は見事に処分されていたのだった…

がーーーん


それから月日は流れ、
私の生活はテニスからはすっかり離れたものになっていった。

夫が東京駐在になり、久々に日本での生活を送っていたとき、
なぜか急にノスタルジックな気分になって、
少女の頃に読んでいたマンガが無性に読みたくなった。

もちろん、「エースをねらえ!」も。

エースをねらえ
そこで、ネットで全巻一気に「大人買い」。
ちょうどテレビでドラマ化された頃だったので、
文庫化されたものがボックス入りで売られていたのだった。

しかし、当時もテニスからは離れた生活。
東京にいた4年間も数回しかテニスはしていなかったから、
読み返してみたものの、イマイチのめり込めなかった。
あり得ない設定の、非現実的な部分がやたら目に付いたりした


そして、今。

12月に入って、トーナメントの準決勝、決勝に引き続き、
家中の電気工事、クリスマスカード作りとバタバタと過ごしてきたが、
年賀状も書き終えた今、ふと時間ができた。

すると、突然「エースをねらえ!」が読みたくなったのだ。

ダッカに来てから久しぶりにテニス熱が復活
トーナメントにも出場してかなり真剣に取り組んでいた。

そのせいか、読み出したらやめられない。

宗方コーチは若いのに(20代のはず)やけに貫禄があるし、
お蝶夫人や藤堂さんのような高校生がいるはずもないが、
そういうのを考えず素直に読むと、
テニスに明け暮れていた少女の頃に引き戻される。

宗方コーチの大きな愛に感動し、
藤堂さんとの恋にどきどきする少女に戻る

きゃ~~~っ

しばらくこの世界にどっぶり浸かることにしよう


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/185-6b77558e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。