上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日からベンガル語を習い始めました。

今月の初級クラスはなんと私1人。
語学学習の点では、個人授業は大変だけど効果的でもあります。
が、学校に通えば友達ができるかも、という期待は残念ながら打ち砕かれてしまいました

ベンガル語は、バングラデシュとインドの西ベンガル地方で主に話されている言語です。

ちなみに、「バングラデシュ」という国名は、ベンガル語(バングラ)の国(デシュ)という意味。

ベンガル語を日常的に話す人は2億人余りいるとされ、なんと世界で5番目に多い言語です。
とは言っても、バングラデシュを離れたあと使える場がある訳ではなし、この地に根を下ろして生活する予定も無いし、いまいちモチベーションが高まらないのも事実。

でも、バングラデシュでは英語があまりできない人も多く(それでも私は日常的に不便はないのですが)、少しできると会話のとっかかりにはなるかなと思っています。

まあ、新しい言語を勉強するのは、新たな発見もあっておもしろいものです。

しかし…。

ベンガル文字は見ただけで気が遠くなりそう(写真参照)。
数字だって読めない(写真の右上。これは83、だと思う…)。
ベンガル語

「10日で文字は覚えられる」と先生は言うのだけど、私にはどれも同じように見えるこの文字、全部覚えてしまう前にベンガル語を学習する意欲が萎えそうで、取り合えず文字は置いておいて、会話を中心に勉強することにしました。

ベンガル語は、インド・ヨーロッパ語族に属するのですが、語順は日本語と同じ。
そのせいかどうか、どうやら日本人はベンガル語を習得するのが早いらしいのです。
何人もの人に言われたので、日本人の私としてはちょっとプレッシャー。

新しい言語を習うのはとっても久しぶり。
いや、だいたい勉強というのをするのも久しぶり。
単語が覚えられない…。
今日でまだ2日しか習っていないけど、既に頭はパンク状態

凝り固まった頭をほぐしながら、ベンガル語の単語をぶつぶつとつぶやいている私。

これでまた熱が出たりして…。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/18-b7099636
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。