上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バングラデシュでは、いちおう牛肉は食べられるが、
売られている牛肉の多くが、実は水牛の肉だという噂。
その上、我が家のコックさんはヒンズー教徒なので、
うちの食卓に牛肉がのることは滅多にない…

なので、日本にいる間に、
「おいしい和牛が食べたい!」

我々のリクエストに応えて、
両親が鉄板焼きに連れて行ってくれた。

行ったのは、先斗町にある「味くら(みくら)」という鉄板焼きの店。
店内はゆったりとしていて、カウンター席のみ。
夜だったのでほとんど何も見えないが、
正面に鴨川を臨む席だった。

味くら1
  まず、つきだしに牛の刺身。
  お醤油にねぎとおろししょうがで頂く。
  お肉は柔らかく、さっぱりとしておいしい♪


味くら2  次にオードブル。
  鴨のグリル、オレンジとバルサミコ酢のソース。
  肉の厚みもあり、しっかり火が通っていたせいか、
  ちょっと固さを感じたけど、
  鴨の味はとても良かった。

ここから鉄板焼きに入る。

味くら3  まずは手長海老(かな?)。
  半分に開いたものを、殻を下に焼き、
  そのあとじっくり蒸し焼きにする。
  バジルの入ったオイルとバルサミコ酢をかけて。
  海老の甘みが口いっぱいに広がり、幸せ。

そしていよいよ和牛だ~♪

味くら4
  私はヒレのミディアムレア、夫はサーロインのレアを注文。
  でも、両親も入れて4人分だったからか、ちょっと焼き過ぎか??
  「あ~、もう上げて~」と心の中で叫んでいた。
  私のは完全にミディアムになっていたぞ…

塩こしょう、ポン酢、ごまダレの3つが用意されている。
一応全部試したが、ごまダレはちょっと合わなかったかな。
塩こしょうだけで頂くのが、一番お肉の味がしておいしい。
でも、さっぱり食べたい時はポン酢がいい。
最初は塩こしょうで、後半はポン酢っていうのもいいかもしれない。

最近油っぽいものが苦手な夫。
霜降りたっぷりのサーロインは、ちょっと脂が多すぎたみたい。
実は私も、薄切り肉の網焼きなら霜降り肉がいいが、
厚みのあるステーキは、ヒレの方が好み。

味くら5
  私のヒレ肉は、やっぱりちょっと火が通り過ぎた感あり。
  ヒレは脂身が少ないので、焼き過ぎると固くなってしまう。
  「ヒレ肉のレア」を注文するのがベストだったかも。


とは言っても、バングラでは決して口にすることのできない和牛である。
ちょうど良い焼き具合だった肉は、もちろん柔かくとってもおいしかった♪

鉄板の最後に、きのこと水菜をさっと炒めたものが出た。

シメは、少しの白いご飯、香の物、お味噌汁。
奈良から取り寄せているという味噌を使ったお味噌汁が
と~ってもおいしかった♪

味くら6  デザートは2種類あり、
  私はブルーベリーのムースを挟んだケーキ、
  夫のはティラミスだった。
  程よい量のデザートに、エスプレッソが付き、
  大満足で食事を終えることができた。

ご馳走さまでした~

ステーキ鉄板焼き 味くら
京都市中京区先斗町三条下ル橋下町135 先斗町ビル3F
Tel: 075-213-4129


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/163-74609574
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。