上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.12 同窓会
実は、今回の一時帰国のメインの目的は、
中高合同の同窓会に出席することだった。

今年は卒業25周年(そこっ計算しないように!!)。
我々の学年にとっては特別な年だったのだ。
この日のために一致団結し、
なんと学年全体の約半数が集まるという
盛大なものになった。

同級生も、この長い年月の間に、
頻繁に会ったり、連絡を取ったりしあう仲間というのは、
ほんの一握りの人たちに限られてしまっている。

ほとんどの人は、数年から、それこそ25年ぶりの再会…

あちこちで久々の再会に悲鳴、いや感嘆の声が飛び交う。
昔からの呼び名で呼び合う声がする。

会っても一瞬誰だか分からない人もいる
みんなそれぞれに年を重ね、変化を遂げているから。

中には、顔を見ても名前を聞いても思い出せない人もいる
6年間一緒の学校だって、一度も同じクラスになったことがない、
クラブも違う、友好関係も違う、行動範囲も違うって人が、
そりゃあたまにはいるから仕方がない。

でも、話しているうちに、時間はぐ~んと逆戻り。
昔仲の良かった人、
昔は全然しゃべったことがない人、
ほろ苦い思い出がある人、
そんなことはお構いなしに、自然に話ができるって、
やっぱり同級生ってスゴイ

最初は、中高時代のイメージと今の現実とのギャップに
違和感を覚えた同級生たちの顔も、
時間とともに修正されていくのもおもしろい。
良くも悪くも「な~んか見違えちゃったわ」と思えた人も、
会が終わる頃には、まるでずっと会っていたかのように馴染んでいた。

懐かしい先生方ともお会いでき、
さらに時代は中高時代へワープ
25年も経つと、既に定年退職されている先生も多い。
でも、当時まだ新任だった先生方は、今まだ50代前半だ。
ず~っと年上だと思っていた先生が、
この歳になると歳の差をあまり感じないのが、
なんとも不思議な感覚。

先輩や後輩といった縦の交流ができるのも、この会のいいところ。


こんな素晴らしい会をもてたのは、
この日のために1年以上も前から準備を進めてくれていた
役員の同級生たちのお陰だ。
海外にいた私は何もお手伝いできなかった。
「せめて出席だけはするぞ!」と、
これは1年前から気合を入れてはいたけれどね。

同窓会は大いに盛り上がり、会は2次会、3次会へと…。
2次会は100人以上、
3次会でもおそらく50~60人は参加していただろう。
3次会のお開きが午前4時だったにも関わらず…

同じく海外からこの日のために一時帰国した親友と
一緒にホテルを取っていた私。
終電を気にしたり、家族に気兼ねしたりすることなく、
3次会まで参加

しかし、そこでダウン…。

後ろ髪を引かれつつも、
更にそのあとカラオケへと流れていった30人ほどの仲間に別れを告げ、
親友とホテルへ。

長~くも楽しい特別な1日が終わった。


今度みんなに会えるのはいつなんだろう。
これだけの仲間と一堂に会する機会は、もう二度とないのかもしれない。
そう思うと、今年参加できてよかったと思う。

みんな、ありがとう。

そして、また会う日まで、元気でね~


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/159-cdf2f0bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。