上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.01 胃の大きさ
先日パソコンの中の写真を整理していたら、
驚くものを見つけた。

去年12月、NYを発つ日に食べたランチの写真である。

何に驚いたかって言うと、その量!

私が食べたスペアリブ。
Houston’s ribs


夫が食べたハンバーガー。
Houston’s hamburger


これを2人とも完食したのであるっ!!!

ここは、私達お気に入りのレストラン「Houston's」。
アメリカンなダイナーなんだけど、ちょっとおしゃれ。
料理もおいしいし(と言っても、ハンバーガーぐらいしか食べていないけど)、お値段も手頃
そしてなんと言っても、店員さんの感じがと~っても良い。
いつも混んでいて、何十分待ちってこともしばしばだけど、
テキパキとした客さばきと、素早いサービスで嫌な思いはしたことがない。

グラスワインの種類も豊富で、赤・白とも10種類以上。
グラスで頼める気軽さで、いろんな種類を試してみることも可能。
ここで飲んだナパヴァレーの赤ワインが絶品だったな~

いつもハンバーガー類を食べていたのだけど、
私が最後の日に食べたこのスペアリブが最高だった。
骨から肉がポロリと取れ、口の中でとろけるほど柔らかかった。
ああ、もう一度食べたい~

Houston's
Citigroup Ctr., 153E. 53rd st. (入口は54th St. & 3rd Ave.)
Tel: 212-888-3828
www.hillstone.com

他にPark Ave. & 27th St.にもある。


アメリカのポーションが大きいのは有名。
NYも例にもれず、レストランの食事もたいてい食べきれない。
食べきれない分はお持ち帰りできるのだが、
人間も動物、与えられたら与えられただけ食べようとする。

毎回ちょっとずつ食べ過ぎる。
それを繰り返しているうちに、胃がどんどん大きくなっていくのだ。
すると、前回より今回、今回より次回と、
少しずつだけど食べられる量が増えていく。

アメリカは肥満が社会問題で、
ローファット、ノーファット、ノーシュガーなどの食べ物がいっぱい出回っているけど、
一番の問題はこの量なんだと思う。
たくさん食べれば太るのは当たり前だもの。

ちなみに、私達がNYに着いたその日の夜に食べたのはこれ。
Brooklyn Diner1 Brooklyn Diner2


初日はアメリカンなものを、と思って行った「Brooklyn Diner」。
日本から来たばかりの私達は、この量を見ただけでお腹がいっぱいになり、
半分も食べられなかった。

それがどうだ。
NYにいたのは、たった3ヶ月半ですよ。

3ヶ月半後には、↑のスペアリブが付け合せ共々完食できるようになるとは、
その当時は思いもよらなかった…

あれ以上住んでいたら、きっとブタになっていただろう…


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/153-f97e2df7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。