上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事の発端は、月曜日の午後、ダッカ大学内であったサッカーの試合中に起こった、
学生と軍の兵士との小競り合いだった。

口論がエスカレートし、兵士が3人の学生に暴力を振るったところから、
学生たちの怒りが爆発。
大学構内に設営されていた軍の撤退を求めてのデモに発展した。


翌日の火曜日、学生達の抗議は収まらず、
鎮圧に出動した警察が催涙ガスやゴム弾を発射。
一方の学生たちは石やレンガで応戦。
多数の怪我人を出した。

バングラデシュでは、今年1月に暫定政府が非常事態宣言を発令し、
以後一切の集会やデモが禁止されてきた。
それまでの選挙を巡ってのハルタル(ゼネスト)やデモがなくなったことで、
街に平穏が戻り、最初は歓迎された非常事態宣言だったが、
半年以上経った今も政治活動は禁止されたままで、民主主義も脅かされている。
物価の上昇も続き、生活は苦しくなる一方。

そんな状況に対する不満が燻っていたのだろう。

抗議は、現暫定政府への批判にまで発展。
チーフアドバイザー(暫定政府の首相に当たる)の辞任を求める声まで上がっている。

抗議の火種はさらに他大学にも飛び火。
全国規模へと発展していった。


そして、昨日。

ダッカ市では、市街に繰り出した学生のデモに、ホーカーや浮浪者たちも加わり、
建物を壊したり車に火をつけたりなど、ますます暴徒化していった。

他都市でも、都市間のハイウェーにバリケードを張ったり、
取材していたジャーナリストにまで暴力を振るったりということも。

事態は収拾がつかなくなっていった。

暫定政府はとうとう、ダッカ市を含む主要6都市で昨夜8時からの外出禁止令を発令。
また、各大学は無期限の閉鎖となった。


そんな中、昨日午後6時以降は、携帯もインターネットも使えなくなってしまった

唯一の情報源であるテレビのニュースも、言葉が分からない

こういう状況で、周りとの連絡手段が遮断されると、とっても不安です。


今朝になってようやく携帯もインターネットも繋がるようになった。

しかし、いつもに増して接続が遅く、メールのチェックもままならない。
えらく長い時間をかけてブログの更新をするのがやっとという状況です。


日本でどこまで報道されているか分からないけど、BBCではトップニュースで流れています。
ニュースの映像は衝撃的なものが多いので、
もしかして心配して下さっている方もいらっしゃるかもしれません。

私達が住んでいる所は、大使館や外交官の住居が多い地域で、
警備も比較的厳重なため、暴動はここまでは及んでいません。

とにかく私達は無事ですので、ご安心ください。



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinakowanderer.blog91.fc2.com/tb.php/116-a9ec3ded
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。