上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.01 Happy New Year♪
Happy New Year 1001


Gott Nytt År!


-10℃のヨーテボリから
あけましておめでとうございます。

年末のご挨拶をしないままに、年が明けてしまいました


昨年もブログを通してたくさんの方との出会いがありました。
ブログ上だけじゃなく、実際にお会いできた方、
また、更に親しくお付き合いさせてもらえるようになった方もいます。
どれも、ブログをやっていなければなかった出会いです。

こういう出会いが、ブログをやっていて良かったな~と思うことの一つ。


Happy New Year 1002


もう一つは、写真に興味を持ち始めたこと。

昔から写真を撮ることは好きで、
特に旅行に出かけたときなどは、
かなりの枚数の写真を撮っていました。

でも、ただ撮っていただけ・・・。

ブログに写真を載せるようになってから、
いろいろ工夫をするようになりました。

すると、どんどんおもしろくなってきました

今はまだコンデジしか持っていないのですが、
そのうちに一眼レフが欲しいなと思っています。

それに、できればもう少し勉強もしたい。

今年はどこまでできるかしら~


Happy New Year 1003



さて、「今年の抱負」は?


「なるべく『面倒臭い』と言わない」


歳とともに年々怠慢になってきているのか、
どうも「面倒臭い」と言ってやらないことが多くなってきているような気がします

なので、ここらでちょっと気を引き締めて、
何事にもチャレンジしていきたいと思います。

ま、「なるべく」ってとこがミソですが・・・


みなさんの「今年の抱負」は何でしょう?



そうそう、先日、ヨーテボリの街中で、こんなものを見つけました。

Happy New Year 1004


「PUSSTATION」

「puss」というのはスウェーデン語でキスのことなので、
「キス・ステーション」。

「ここでキスしましょう」って感じ

なんだかクスッと笑える、とっても可愛いアイデア。
思わずキスしたくなっちゃいます。

-10℃の凍えそうな寒さのなか、
この周りだけ一瞬温かい空気が流れた気がします。


こんな小さな幸せが、1つ1つ積み重なって、
人を幸せにしていくんじゃないかなと思います。

そして、一人一人が幸せに暮らせたら、
世界も平和になっていくんじゃないかな~。

ちょっとそんな希望を抱いたのでした。


どうぞ皆さま、ちっちゃな幸せをいっぱい感じてくださいね。

今年もよろしくお願いします。




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
2010.01.04 雪の花
今日は少し寒さが和らいで、日中は0℃。
でも、夕方にはまた零下に下がっていました。

昨日までのようにキーンと寒いと、おもしろいものが見られます。


車に咲いた雪の花。


屋根に・・・

雪の花1

雪の花2


窓に・・・

雪の花3

雪の花4
エンジンをかけたので、少し解けてしまいました。


雪のヨーテボリにいるのもあと少し。
こんな真白なヨーテボリは珍しいので、ちょっと去り難いです。




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
ジュネーブに戻って来ました。

実は、今回はヨーテボリまで車で行っていました
ジュネーブの自宅からヨーテボリの夫の実家まで、約1800km。
(ストックホルムまでだと、更に2~300kmぐらいあります。)

この行程を2日かけて帰って来ました。


出発した6日の朝、ヨーテボリはひどい吹雪で、
雪掻きをしても、すぐに雪に埋もれてしまうような状態
果たしてこの状態で、予定している中間地点のハノーファーに辿り着けるのか
ちょっと不安ではありましたが、とにかく出発


前夜から降り積もった雪で、埋もれている~
気温は-11℃。

Gtb-Ge01


除雪車、大活躍です。

Gtb-Ge02


それでも、高速道路もこんな状態・・・
スピードは全然出せません。

Gtb-Ge03


見ている分には、美しい白銀の世界

Gtb-Ge04



それでも、南下するに従って、雪が収まってきたので、
なんとか1時ごろにはマルメ市近くのMaxに到着。
ここでランチです。

実は、このMaxというのは、スウェーデン独自のハンバーガーチェーン。
スウェーデン北部ラップランド地方のイェリヴァレという町が発祥の地で、
昔は北部地方にしかありませんでした。
90年代後半になって、やっとストックホルムにもできるようになったんです。

Maxは、注文してから作る方式なので、時間は多少掛かりますが、
他のハンバーガーチェーンよりおいしいです(私見ですが)。

今回ヨーテボリに帰る途中、高速道路からMaxを見つけて、
ジュネーブに戻るときには、ここでランチをしようと目論んでいたのです

Max01 Max02


飲み物とサイドオーダーのついたセット。
ポテト以外にも選べるので、1つはフルーツサラダ、もう1つはファラフェルにしました。



さて、お腹がいっぱいになったところで、引き続きドライブ開始

スウェーデンのマルメ市とデンマークのコペンハーゲンを結ぶオーレスンド橋を渡って・・・

Gtb-Ge05


まっ平らなデンマークを、夕日に向かって走る

Gtb-Ge06


と言っても、まだ3時過ぎだけど・・・



目指すはRodby。
そこからドイツのPuttgardenまでフェリーに乗ります。

Gtb-Ge07
ScandilinesのHPより拝借。


フェリーのデッキも雪が凍ってガチガチ。
雪掻きが大変そうでした。

Gtb-Ge08


30分ほどでドイツに到着。
外はもう真っ暗です。


ドイツも-5~6℃で、結構雪も積もっていましたが、
雪は止んでいたので、順調に走行。
3時間ほどで無事ハノーファーに到着。
夜8時、予約しておいたホテルにチェックインしました。



翌朝、目が覚めたら、また雪・・・
夜中にも降ったらしく、結構積もっていました。

Gtb-Ge09


それでも、アウトバーンには全然雪はなく、走行は順調。
ただし、凍結防止の塩を撒いているいるので、フロントガラスはすぐにドロドロ~
車もドロドロ~~~


予定通り、1時ごろに昼食のためサービスエリアに。

びっくりしたのは、サービスエリアのトイレが有料だったこと
50セント(約65円)なり。

でも、驚くほどきれいでした。
掃除も行き届いているし、使用後は便座クリーニングまで~
気持良く使えるので、50セントも惜しくない?

しかも、支払ったときの領収書がクーポンになっていて、
店で買い物するときに使えるので、実質無料。

これは、スゴイ!!


で、お昼に食べたのは、ニュルンベルク・ブラートヴルスト!!
ザワークラウトとマッシュポテト添え。
ドイツ!!でしょ

Gtb-Ge10


結構おいしかったです。
ザワークラウトとポテトは多過ぎて食べきれなかったけど・・・



南下するにつれ、気温は徐々に上がり、
スイスに入る頃には、0℃前後。
雪もうっすらとしか積もっていませんでした。

ジュネーブに着いたのは、夜の8時。

2日間のドライブはさすがに疲れました~

夏だともう少し景色も楽しめるかもしれませんが、
冬は日が沈むのが早いので、半分ぐらいは真っ暗の中を走ることに。
余計に疲れます。


実は、行きはAutozugというのを利用しました。
車ごと乗れる夜行列車です。

それについては、また次回。



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2010.01.10 初スキー
土曜日から日曜日にかけて結構まとまった雪が降って、
ジュネーブもかなり雪深くなっています

ジュネーブ雪



ジュネーブは、アルプスとジュラ山脈に挟まれたような場所にあります。
なので、日帰りで行けるスキー場には事欠きません。

そんなジュネーブにいて、スキーに行かないのはもったいない。

去年はまだ引っ越してきたばかりで、生活に慣れるので精一杯だったうえに、
まだ車がなかったので、結局一度も行かず仕舞い。

今年は車もあるし、雪もある!!

で、お天気も良かった日曜日の今日、行ってきました、初スキー


私は、今までの人生で、スキーは両手で数えられるぐらいしかやったことがありません。
習ったのは、中学3年生のときに、学校から行ったスキー旅行のときのみ。
なので、技術はそのときのボーゲン止まりです・・・

そして、最後に滑ったのは、え~と、多分、5年ぐらい前?

その上、土曜日の朝に2週間ぶりにヨガに行き、体がギシギシしていたところに、
その日の夕方、こともあろうか、1年8か月ぶりにテニスをしました

テニスは、もちろんボロボロ。
頭と体とラケットがバラバラに動いている感じ・・・。
ま~、悲惨でした

しかも、クリスマス&お正月で完全になまった体をヨガで虐めたばかりだったので、
30分もすると足がガクガク震えだす始末

今朝は、呻き声を上げずには起き上がれない体に・・・

はい、そんな状態で5年振りのスキーに行きました。
大丈夫か、私・・・


初スキー・ジュラ01


朝はもちろん起きられなかったので、出発は午後。
行き先は車で30分ほどのジュラ山脈のスキー場、Crosetです。

他の人が帰り始める時間からスタートの私たち。
でも、私たちみたいな人も意外にたくさんいました。

駐車場に車を止め、スキーをレンタルして、ロープウェイの午後券を購入。
ロープウェイで上に上がると、そのあとのリフトは無料みたいです。

初スキー・ジュラ02
(ロープウェイのガラス、傷だらけ・・・。)


滑る前から既に、まるで1日中滑った後みたいに体中が筋肉痛の私・・・。

初スキー・ジュラ03


ひ~~~

筋肉が言うことを聞かないから、余計に怖い・・・

久々に滑るには、あまりにも体調が悪過ぎます。

一方、ご機嫌なのは夫。
スキー場も一昨日ぐらいからいそいそと調べていたし。


初スキー・ジュラ04


私は、この最後の斜面に怖じ気づき、
夫には一人で上に行ってもらいました。


初スキー・ジュラ05


戻ってきた夫曰く、上は広くて景色もきれいで良かったそうな・・・。



ま、体調を整えて、また挑戦します
今度はスキースクールにでも入るかな



帰り道の景色。
初スキー・ジュラ06




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
今年のお正月休暇は、スウェーデンのヨーテボリまで車で行きました。
帰りは2日間かけて、全行程約1800キロを運転して帰ったのですが(その時の様子はこちら)、
行きは、車ごと乗れる列車Autozugというのを利用しました。


今回利用したのは、バーゼルから国境を越え
ドイツに入ってすぐのLörrachというところからハンブルグまで。

ジュネーブからLörrachまでは、車で3時間ほどです。


午後7時から8時の間に、車を列車(貨車)に乗り入れます。

私達が乗ったのは、ダブルデッカーの寝台車でした。


予約した2人用のコンパートメントは2階。

Autozug 01


せ、狭い・・・


昔、普通の寝台列車に乗ったことがあるけれど、それよりもかなり狭い感じです。

最初は普通のシートになっていますが、
発車してしばらくすると、乗務員の1人がベッドを作りに来てくれました。

Autozug 02


ベッドの他は、ほとんどスペース無し。
隅に小さな洗面台が付いています。

外はすでに真っ暗だから、景色が見えなくてつまらない。

翌日は1日走らないといけないので、眠ることにします。
でも、電車の振動と音で、眠りは浅かったです


ハンブルグ到着は翌朝7時過ぎの予定。
朝、6時ごろになると、また乗務員さんが来てベッドを片付けてくれます。

しばらくすると、朝食が運ばれてきました。
朝食付の寝台列車って、初めて~
これに、コーヒーか紅茶が付きます。

Autozug 03



予定より2時間ほど遅れて、朝9時過ぎにハンブルグに到着。

Autozug 04


窓から見えるハンブルグの街並みは、建築物がスウェーデンとよく似ていて、
随分近くまで来たような気がしました。
(実際には、まだ半分ぐらい残っているんですけどね・・・


昨夜乗るときは真っ暗で見えなかったけど、こんな列車でした。

Autozug 05


降りてしばらく待っていると、隣のホームの車用の線路に、
車を乗せた貨車が入って来ました。

Autozug 06


自分たちの車に乗り込んで、下車。

Autozug 07


びっくりしたのは、車用の線路も駅の中にあるので、
車は駅の構内を通って外に出るのです

Autozug 08

Autozug 09



その後は、帰りのコースと同じ。

ドイツのPuttgardenからデンマークのRodbyまでフェリー。
そして、コペンハーゲンからオーレスンド橋を通ってスウェーデンへ。

Oresund



その日は、少し気温上がって、スウェーデンはずっと雨でした・・・。




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2010.01.16 雪景色
今年の冬は、ヨーロッパ中が寒波に見舞われて、
雪の被害も多く出ています。

ジュネーブでも、つい3~4日前にドカ雪が降って、一晩で10センチぐらい積り、
空港でもフライトのキャンセルや遅延が相次いだのですが、
その後気温は一気にプラスに転じて、今ではほとんどの雪が溶けてしまいました。

大量の雪が解けて道路はシャーベット状になり、、
車道から3メートルぐらい離れて歩いていても、
車にハネをあげられそうになって、大変です

雪が降るなら、気温はぐっと低くて、
さらさらとした真白な雪が積もってくれるほうが嬉しいです。


前にも少し書きましたが、今年のお正月休みに里帰りしていたヨーテボリでも、
今年は例年になく寒くて雪も多かったのですが、その分とてもきれいでした。

ただ、あんまり寒かったので(-10℃ぐらい)、ほとんど散歩にも出かけず、
しかも車で行ったせいで、ヨーテボリでも車での移動が多く、
写真をあまり撮れなかったのが残念です

それでも、ヨーテボリに帰るといつも行く近所の湖には、
今回もちょこっと(本当にちょっとだけ)出かけました。

ヨーテボリ雪景色01

ヨーテボリ雪景色02


湖も完全に凍って、上に雪が積もっているので、
どこからが湖なのか分からなくなっています。

湖の上を散歩している人も何人かいました。

ヨーテボリ雪景色03


去年の冬もかなり寒かったですが、雪は積もっていませんでした。
去年の写真はこちら

写真ではよく分かりませんが、去年も凍っていたかもしれません。
でも、多分氷は薄く、完全には凍っていなかったので、
氷上を散歩する人はいませんでした。


そして、こちらはその前の年の夏の写真。


寒い寒いと言っていないで、外に出かけてもっと写真を撮ってくればよかったと、
暖かいアパートの中にいると、今になって後悔しているのですが、
でも、本当に寒かったんです・・・


ヨーテボリ雪景色04



おまけの1枚。

市内を流れる運河も凍っていました。
氷の上で凍える(?)鴨のつがい。

ヨーテボリ雪景色05




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
今日のジュネーブは久々の快晴

日差しが眩しくポカポカと暖かくて気持の良い1日でした。
先週の大雪が嘘のようです。


キッチンから見た今日の日の出
100118夜明け


と、日の入り前。
100118日の入り前

アルプスの山の稜線がくっきり。
相変わらず無粋なクレーンが邪魔ですが・・・


冬にスウェーデンに帰ると、ジュネーブに戻ってきたときに明るくてびっくりします。
今も夕方5時でもまだ明るいのですよ
(↑の写真も5時ちょっと前に撮ったものです。)

ジュネーブで本当に暗いな~と感じるのは、12月の1ヶ月ぐらいでしょうか。
スウェーデンだと、3~4か月は暗い日が続きます

こちらは、日差しも力強くて嬉しいです




さて、書くタイミングを逃していたのですが、今年もガレット・デ・ロワを頂きました。
去年の記事はこちら

実は、去年食べてあまり好きではなかったのですが、今年も懲りずに・・・


本来は1月6日に頂くお菓子。
今年はジュネーブに戻ってきたのが7日の夜だったので、
既にエピファニー(公現節)は終わっていました。

週明けにManorに買い物に行くと、ガレット・デ・ロワは売っていなかったのですが、
クーロン・デ・ロワ("Couronne des Rois")がありました。

パイ生地のお菓子ではなくて、パンです。

クローン・デ・ロワ01 クローン・デ・ロワ02


上に砂糖がたっぷりかかっていて、結構甘いパンですが、
ほのかにレモンの香りがして、おいしかったです。

そして、ちゃんとフェーヴも1つ入っていました。

「眠る人」。
これも何かのフィギュアでしょうか???

2人には大き過ぎるパンですが、ランチやおやつにちょこちょこ食べていたら、
あっという間になくなりました。

このパンの方が食べやすくて、私たちにはいいかもしれません。
ケーキより安いし


今年はこれで終わりか、と思っていたのですが、
その後、スイスの高級デパートGlobusに寄ったときに、
地下食品売り場のケーキコーナーでガレットを見かけて、
やっぱり試しに買ってみることにしました。

小さい方にしましたが、それでも2人には大きいです・・・。

フェーヴは1個だけ。
メキシコのペンダントってことですが・・・

ガレット・デ・ロワ01 ガレット・デ・ロワ02


これ、おいしかったです
パイ生地もおいしいし、中のマジパンのフィリングも良いお味。
まあ、お値段も去年Manorで買ったものの倍はしますがね・・・

やっぱり高いものの方がおいしいってことでしょうか。


来年は、また別のケーキ屋さんのを試してみます




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2010.01.20 Mysig
スウェーデン人の好きな言葉に、「mysig」(ミ(ュ)ーシグ)という言葉があります。
英語で言えば「cozy」、日本語なら「心地良い」などの訳になると思うのですが、
そんな一言では言い表せない、良い雰囲気を表わす幅の広い言葉です。
(日本の「かわいい~」みたいに、使われ過ぎる傾向もありますが・・・


そして、そんな「mysig」な環境を作るのによく使われるのがキャンドル。

スウェーデン人は本当にキャンドルが好きで、
お客さんがあるときはもちろん、ちょっと寛ぎたいときなどにも
よくキャンドルを灯します。
それもたくさん!

冬が長~く暗~いスウェーデンでは、
キャンドルは明るさと温もりを与えてくれる
大切な小道具なのかもしれません。


先日スウェーデンに帰ったときに、
お届け物があったので、夫の元同僚のアパートに寄りました。

コーヒーとお菓子を頂き、ほんの1時間ぐらいおしゃべりをしただけなのですが、
そのときも、部屋中に次々とキャンドルを灯していきました。
「とってもスウェーデンらしいでしょう~」と言いながら。


許可をもらって写真を撮って来ました。

mysig 01

mysig 02

mysig 03

mysig 04


うちは、夫も私も明るいのが好きなので、
いつも天井の照明を煌々と付けているのですが、
そんな我が家は、「mysig」からは程遠いのであります



別の友人のアパートでは、かわいい猫ちゃんに出会いました。
にゃんこのいる空間も「mysig」なのだわ~

mysig 05

mysig 06


う~~ん、にゃんこ飼いたい~~




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
去年の9月から通っているフランス語のクラス。
先生は説明もうまいし良い先生なのだけど、
優し過ぎてなかなか進まないのがたまにキズ。
でもクラスメイトは仲が良くて良い雰囲気です。

クラスの何人かが集まって、授業のあと1時間ぐらい
カフェに座ってよくおしゃべりをします。
もちろんフランス語で
買い物など以外で、フランス語で話す機会がなかなかないので、
まあみんな多少怪しげなフランス語ですが、
それでも良い練習になります。

その仲間で、晩ご飯を食べに行こうという話になりました。

せっかくスイスに住んでいるのだし、
それに数人で食べに行くならこれ。


チーズフォンデュ!


行ったのは、旧市街にある「Les Armures」。
「Armure」というのは甲冑のこと。

大砲が置かれている武器倉のすぐ側にある、ホテル&レストランです。


メンバーは、1人体調を崩して欠席したので、
オランダ人2人、スペイン人、ロシア人、そして日本人2人の合計6人。

ladies night 01


6人が1つのフォンデュ鍋を囲むのは大変だから2~3個に分けた方が良いと言われ、
それならば、と3種類のフォンデュを試すことにしました。

1つは、モワティエ・モワティエ。
これは半分半分という意味で、
グリュイエールとヴァシュランという2種類のチーズを半々に混ぜたものです。
これを2人前。

1つは、トマト入り。
これは店の人の勧めで1人前(なぜ?)。

もう1は、boletというキノコ入り。
これを3人前。

ladies night 02 ladies night 03

左がトマト入り、右がキノコ入り。
モワティエ・モワティエは、あまり絵にならないので省略です。


ジュネーブ産の白ワインを飲みながら、
女6人姦しく(倍だ!)フォンデュを楽しみました

モワティエ・モワティエとトマト入りはきれ~いになくなりました。
キノコ入りだけが、3人前だったからか、1人前ぐらい残っちゃった。

でも、お店の人に「お見事!」と褒めてもらいました。


不思議な組み合わせの女6人が、恐らく不思議なフランス語で盛り上がって、
内3人が写真を撮りまくっていた我々のテーブルは、
多分レストラン内で浮いていたと思います~

でも、サーブしてくれた店の人も親切だったし、
我々6人の写真を撮ってくれた(しかもカメラ3台分!)
隣のテーブルの男性2人組も暖かく見守ってくれたので(多分)
みんなありがとう~~

最後の方は、ワインもまわり、疲れも出てきて、
だんだんフランス語でしゃべるのが面倒になってきたんだけどね・・・

オランダ語、英語、日本語が飛び交っていました。



お腹もいっぱい、おしゃべりにも満足して、
フラフラ歩いて帰る途中のモラール広場。

ladies night 04




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
ずっと住んでいると分からないけど、たまに帰ると、
スウェーデンも随分と便利になったなあと感じます。

ジュネーブに住んでいると、日頃なにかと不便に感じていることがあるので、
余計にそう思うのかもしれません。


日本人の私達が特に不便に感じるのは、
スーパーやデパートの開店時間じゃないでしょうか?

ジュネーブでは、日曜日はほとんどの店が閉まっています。
そして、平日はたいてい7時には閉まる。

出かけていて、帰りがちょっと遅くなると買い物できないし、
日曜日の分をちゃんと計算して、土曜日に買い物しなくちゃなりません。
土曜日に1日中出かける予定があれば、金曜日に済ませておかなければならなくて、
さらに、金曜日にも用事があれば、どうするの・・・、と
毎週末が近づくと、軽いストレスさえ感じます


今回ヨーテボリ滞在中によく通った、夫の実家から近いスーパー(ICA Maxi)は、
毎日朝8時から夜10時まで開いていました。
しかも、年中無休!!

以前は、「年中無休」とうたっていても、
大きな祝日などは例外的に閉まっていました。

ところが今回帰ったら、なんとクリスマスイブも、元旦も、
多少開店時間は短くなるものの、ちゃんと開いていました
すごいな~。

日本に住んでいる人には当たり前のことだろうけど、
ジュネーブに暮らす者には、夢のようなことなんですよ~~。

スウェーデンには、コンビニ(セブンイレブン)も結構あるしね~。
(ま、日本のコンビニとは比べ物になりませんが・・・。)
ジュネーブにはコンビニはありません

でもスウェーデンも、私が初めて行った18年前(!)は、
日曜日にはほとんどの店が閉まっていました。
スーパーもこんなに遅くまでは開いていなかったし、もちろんコンビニもなかった。

発展したもんですな~


ジュネーブに引っ越してきたときには、一瞬18年前に戻ったかと思いましたよ。

果たして、18年後にジュネーブのスーパーが年中無休で夜10時まで開いているかは疑問です



もう1つ感動したのは、上記のスーパーICA Maxiで、
鶏の骨なしモモ肉とひき肉を見つけたこと!!

これはスゴイ!

これも、日本在住の方には、何がスゴイかお分かりにならないと思いますが、
スイスでも、そして多分たいていのヨーロッパの国(アメリカも?)でも、
胸肉以外の鶏の骨なしの肉とひき肉は、滅多に売っていないのです。

今ジュネーブでは、私は日本食料品店で冷凍のものを買っています。

私がスウェーデンにいた頃には、
スーパーで鶏の骨なしモモ肉やひき肉は見たことがありませんでした。

まあ、今回試しに買ったわけではないので、質はどうだか分かりませんが、
売っていること自体に感激です!!


いや~本当に、スウェーデンも便利になったもんです




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スウェーデンが良い良いと言うつもりはないのですが、
もう少しおつきあいを

「便利になったスウェーデン」その1はこちらから。


スウェーデンはインターネットの普及率がかなり高く、
ホテルもネット接続のサービスが付いている場合が多い。

でも、私達がヨーテボリに帰るときは、夫の実家にお世話になります。
夫の実家は、70歳を超えた義母が一人で住んでいるので、
インターネットがありません。

これがいつも辛かった

ネット中毒気味の私が、ネットに接続できなくて不安になる、というのもありますが、
情報の収集、銀行取引、携帯電話(プリペイド)のチャージなどなど、
ネットに接続できないと不便なことが多いのです。

各家庭にネットが普及しているせいか、ネットカフェが少ないので、
どうしても必要なときは、図書館に行ったりしていました。


が、今回、1日から1週間単位で使えるプリペイドのインターネットを発見

まずは、登録してSIMカードを購入し、
このSIMカードをUSBに差し込むタイプの携帯モデムにセットして使います。

1日単位で購入できるのも便利です。
もちろん、割高にはなりますが・・・。


これで、ヨーテボリ滞在中もネットに接続できるようになりました

友達とのメールのやりとりはもちろん、携帯電話のチャージ、
店の営業時間の確認、日本の両親とのスカイプなどに大活躍しました。

まあ、その代わり、今回暇潰しに今まで見ていなかったDVDを観ようと
何枚か持って行っていたのですが、それを見る時間はなくなっちゃいましたけど・・・




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2010.01.31 記録更新!!
この週末は朝からテレビにかじり付き、テニスの全豪オープンを見ていました


昨日(土曜日)は女子シングルス決勝。

2年近く前に世界ランキング1位で引退したジュスティーヌ・エナンが、
カムバック最初のグランドスラムでノーシードからいきなり決勝進出

同じく2年ぶりにカムバックした同郷(ベルギー)のキム・クライシュテルが
去年の全米オープンでワイルドカードから勝ち上がって優勝しています。
(全豪は残念ながら3回戦敗退。)

なので、全米の再現なるか!と、エナンを応援していたのですが、
現1位のセリーナ・ウィリアムズに、4-6、6-3、2-6で負けてしまいました。

しかし、ブランクを感じさせない切れの良いプレイ。
相変わらず片手打ちのバックハンドが格好良い~
真似はできないけどね・・・


そして、今日(日曜日)は男子シングルス決勝。

ロジャー・フェデラー VS アンディ・マレー。

初のグランドスラム優勝を狙うマレー。
しかも、対戦成績は6勝4敗でマレーがリードしています。

しかし、今日のフェデラーは強かった。
早い段階でマレーのサービスゲームを破り、
6-3、6-4と2セット連取して優勝に王手をかけます。

ところが、第3セットに入って、今度はマレーが先に
フェデラーのサービスゲームを破り、5-2とリード。
このセットを取るかに見えました。
が、フェデラーは粘ります。
フェデラーがブレイクバックして、タイブレイクへ。

タイブレイクでも、マレーが先にフェデラーのサービスを破り、
セットポイントを取りますが、ここでも粘るフェデラー!!

何度もセットポイントを取られながら、3度目のマッチポイントで優勝を決めました。
カウントは13-11。

ポイント6-6以降は、先にリードした方がセットポイントもしくはマッチポイントを握るので、
文字通り1ポイントが勝敗を分けるタイブレイク。
もちろん、このセットを取らないと後がないのはマレーですが、
フェデラーにしても、もしこのセットを落とせば、試合の流れがどう変わるか分かりません。

本当に手に汗握る試合でした


この優勝で、フェデラーは、4大大会通算16勝目。
歴代1位の記録更新です。

さらに、この決勝戦で、4大大会決勝進出22回という記録も更新。
(歴代2位は、イワン・レンドルの19回。)

通算獲得賞金額も記録を更新しているらしいし、
他にももっといろんな記録を更新しているのかもしれません。

まだまだ、現役ですしね

ちなみに、準決勝の後のインタビューで、ジム・クーリエが、
「もし優勝したら、父親として初の4大大会優勝だね」と言っていました。
父親になってから優勝する人は非常に少ないらしい。


勝ち続けることがどんなに難しいかは、他の選手を見ていれば分かります。
一時期負け知らずで、フェデラーを1位の座から引きずり落としたたナダルも、
怪我に泣き、その後は優勝できていません。
一方、フェデラーは、不振と言われ、ランキングも2位に落とした2008年でさえ、
4大大会全て決勝進出(全米は優勝)。
決勝に進出していても、優勝できないと不振と言われるのだから、王者は大変です。

だからこそ、勝ち続けられる選手に私はとっても憧れるのです


フェデラーには、これからもまだまだ記録を更新してもらいたいな。
応援しています



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。