上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スウェーデンの朝食1


スウェーデンの朝食2


ヨーテボリには休暇で行っていたので、朝はゆっくりして、
朝食というよりはブランチですね。
普通の朝食に、こんなにたくさんは食べられません


私も夫も和食は大好きだから、日本を長く離れていると、
新鮮なお刺身やお寿司、霜降りの牛肉、しゃぶしゃぶ、お蕎麦、etc...
恋しくなる日本の食べ物は挙げればキリがない。
でも、スウェーデン料理に関しては、あまり恋しくなるものがなく、
スウェーデンを離れていて恋しくなるのは、こういう朝食。


Filmjölk(ヨーグルトに似たサワーミルク??)、
おいしいknäckebröd(クラッカーのような硬パン)、
Skagenröra(小エビをキャビアやディル、マヨネーズとクリームフレッシュで和えたサラダ)、
Ishavsrom(ししゃもに似た魚の卵、パンにクリームチーズを塗ってその上に乗せて食べるのが好き)、
Kalles kaviar(スモークしたたらこ)にスウェーデンのチーズ。


ついでに、酢漬けのニシン。
今回食べたのは、Senapsill(マスタードソース)と
skärgårdssill(キャビア入りクリームフレッシュソース?)。


なんか魚の卵ばっかりですね・・・
でも、魚卵好きにはたまりません




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
ヨーロッパブログ現在18位、ブログ村ヨーロッパ情報は5位です~
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
日曜日の午後、夫と一緒にローヌ川に沿って散歩に出かけました。


新緑の中を散歩するのは気持ち良い~


ローヌ川沿い1


ローヌ川沿い2




3月にも行ったジョンクシオン(Jonction)。
ローヌ川とアルヴ川が出合う場所です。
(前回の記事はこちら。)


ローヌ川沿い2b


ここまでは道に迷わず来たのですが、この先はややこしかった。
いくつも分かれ道があって、どこにも表示がない。


水辺を機嫌よく歩いていくと、行き止まりに~
仕方なく引き返し、別の道を行く。


ローヌ川沿い3


ローヌ川沿い4


道なき道を、しかも自転車を担いで登ってくる人がいたりして、
どうやら皆道に迷っているみたい・・・
どう見ても、自転車で走るような道じゃないんだけど




突然、カウベルの音が
不思議に思っていると、こんなところで牛の放牧~


ローヌ川沿い5


このすぐ裏手は結構大きな集合住宅。
こんなところに牧場(?)があるのも不思議だけど、
ガランガランとかなり大きな音が響いているカウベル、
うるさくないんだろうか・・・




そうこうするうちに、車が通る大きな通りに出ました。
ブタン橋です。


ここまで来ると、2本の川の水もかなり混ざってますね。


ローヌ川沿い6


行きつ戻りつしながら歩いてきたので、2時間ほども歩いたでしょうか。
雲行きが怪しくなってきて、雨が降りそうだったのと、
私の靴がとんでもないことになっていたので
ここからはバスで帰りました。


ローヌ川沿い7 ローヌ川沿い8


この靴、履き潰すほど履いたわけじゃないのですが、
もう何年も前に買った靴。
ここ2~3年は履いていなかったのですが、
ゴム底が劣化していたのですね・・・


More Photos





ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
ヨーロッパブログ現在28位、ブログ村ヨーロッパ情報は4位です~。
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スイスの運転免許証をゲットしました~


免許証


と言っても、日本の免許証から書き換えただけですけど・・・
日本の免許証なら、スイスに居住を始めてから1年以内なら書き換えができます。


これは、国によって違うみたいで、
例えば、フランス語を一緒に習っているロシア人のクラスメートは、
ロシアの免許証は書き換えができなくて、試験を受けなければならないとぼやいていました。
また、EUの免許証なら、書き換えさえ必要なくそのまま使えるので、
夫はスウェーデンの免許証のまま。
スウェーデン語で書かれているんですが、それでいいんですかね~??


そして、すごいのは、スイスの免許証には期限が無いんです~~
永久免許証??
つまり、20歳で取った人は、70歳になっても20歳の写真のまま・・・。
そんなのでいいのか??
なので、納得のいく写真にしましょう~




書き換えは結構簡単です。


1.まず、私の場合はジュネーブ州のHPから、免許証書き換えの申請用紙をダウンロードします。
こちら


2.在ジュネーブ日本総領事館で、日本の免許証の翻訳証明を発行してもらいます。
これは、2日ぐらいでできるみたいです。
費用は23フラン。


3.申請用紙に必要事項を記入して、指定のメガネ屋さんへ。
視力検査を受けて、申請用紙に書き込んでもらいます(20フラン)。


4.申請用紙、翻訳証明、カラーの証明写真(3.5x4.5)1枚、外国人登録証を持って、
運転免許センターへ行くと、その日のうちに発行してくれます(150フラン)。
(翻訳証明と写真は返してくれます。)


ただ、時間は結構かかりました。
私は、フランス語の授業が終ってから行ったのですが、窓口には長~い列が
番号札制ではなくて、並んで待たなければなりません。


そのとき、開いていた窓口は2つ。
見ていると、1人10分ぐらいはかかっている模様。
でも、中には30分ぐらい掛かっている人もいるし、列はなかなか進みません。


私が列に並び始めたのが11時20分ごろ。
12時半ごろにやっと受け付けてもらえました。
もう空腹で倒れそうだったわ・・・


一旦受け付けてもらえれば、後は早い。
手続きに約10分(問題がなければですが・・・)。
その後、別の支払い窓口で名前を呼ばれるまで約10分。
12時50分ごろ、無事スイスの免許証を受け取れました。


その頃には、列は更に長くなっていました。
最後尾の人は、きっと2時間待ちぐらいでしょうね~。


もう少し、効率的に作業ができそうな気がするんだけどなあ。
受け付けでは書類のチェックだけして、実際の作業は後方部隊がするようにすれば、
もっとさっさと捌けるんじゃないだろうか。
待ち時間は同じだとしても、空腹で倒れそうになりながら列に並ばなくても、
椅子に座って待つとか、一旦外に出て戻ってくるとか、できるのに。


実際、バゲットを齧りながら並んでいる人もいました。


営業時間は、平日朝7時半から午後4時まで。
土日はもちろん閉まっています。
働いている人は、やっぱり休みを取ってくるのでしょうかね。
日本は今、土日もできるようになりましたよね??




実は、5月1日(金)に一度行ったのです。
この日はメーデーで、スウェーデンは祝日なので夫は仕事が休み。
でも、スイス(ジュネーブ)は、祝日ではないので、店も普通通り開いていました。


日本総領事館も開いていて、お願いしておいた翻訳証明を取りに行き、
その後、写真を撮って、夫と一緒に運転免許センターに行ったら、


閉まっていた・・・


Why???


祝日じゃないはずじゃ・・・。


スイスは、州によって祝日も違うし、機関によって休みが違ったりして、
よく分かりませ~ん


事前に確かめてから行きましょう(教訓)。


お天気が良かったので、ぶらぶら歩いて戻ったら、
街の中で、メーデーのデモのぶつかりました。


メーデー1 メーデー2


資本主義に未来はないのだそうです




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
ヨーロッパブログ現在36位、ブログ村ヨーロッパ情報は4位です~。
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スイスのスーパーで、「NORI」「WAKAME」「KOMBU」が売られているという話を以前書きました。
その時の記事はこちら


一体スイス人はそれをどうやって食べるのかしら~と疑問に思っていたのですが、
最近になって、売り場の側にパンフレットが置かれているのに気が付きました。


WAKME1 WAKAME2


数種類の海藻について、特性や食べ方について説明されています。


余談ですが、どうやら「WAKAME」は女性名詞で、
「KOMBU」は男性名詞みたいですね~
(右の写真を拡大して見て下さい。)


そして、それぞれの海藻を使ったレシピが紹介されているのですが、
「WAKAME」を使ったレシピはこちら↓


WAKAME3


ワカメ入りチョコレートケーキ~~


あんまり食べたくないです・・・




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
ヨーロッパブログ現在27位、ブログ村ヨーロッパ情報は4位です~。
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
ロミオとジュリエット


日曜日に、グラン・テアトルで、バレエ「ロミオとジュリエット」を観ました。


オペラは、舞台を観るのはもちろんですが、
メインは歌を聴くことにあるので、後ろの方の席でもいいのですが、
バレエは、なるべく前でみたいと思っています。
今回は、ラッキーにも、最前列の真ん中の席が取れました。
ダンサーの表情も見えるし、オーケストラの指揮者まで見えて、大満足~


バレエ「ロミオとジュリエット」は、今までにも何度か観たことがあります。


最初に観たのは、スウェーデンのヨーテボリで、
ヨーテボリ・オペラ座のバレエ団のもの。
これは、2~3回観ましたが、分かりやすくて親しみやすい演出でした。


そして、ロンドンで公演中だったキーロフバレエ団の超クラシックなものと
東京で観たモンテカルロ・バレエ団のモダンなもの。


今回観たグラン・テアトルのものは、今まで観たどの「ロミオとジュリエット」よりも
モダンで斬新なものでした。


まず、舞台も衣装も全てが徹底してミニマリズム。
舞台装置は無いに等しく、小道具もほとんど無し。
全一幕、1時間半の短いものに仕上がっていました。


最初、幕が上がったとき、一瞬違うものを観に来てしまったかと思いました。
「ロミオとジュリエット」というよりは、山海塾かなんかの舞踏の舞台みたいだったから・・・
今も、この最初のシーンは何を意味していたのか、よく分かりません


そして、いきなりロミオとジュリエットの葬儀のシーン(多分・・・)。
ロミオもジュリエットも既に死んでいるのです。


でも、この踊りがすごかった。
ロミオもジュリエットも、周りの人に支えられながら、
時には自分の足で立ち、踊っているのですが、
本当に死んでいるように見えるのです。
完全に周りの人たちに動かされているように見えます。


その後は、時系列に物語がすすんでいきますが、
ロミオとジュリエット、そしてマキューシオとティボルト以外は、
これと言った人物設定がありません。
なので、乳母もパリスもロレンスも出てこず、
その辺りのエピソードは省略されていました。


音楽はプロコフィエフのものなので馴染みがありますが、
これももちろんかなり省略されています。


そして、何よりも度肝を抜かれたのが、
ロミオとジュリエットが初めて結ばれるシーン。

な、な、なんと!
ロミオもジュリエットも、肌色のエラスティックのパンツ1枚の姿


そうです、ジュリエットもです。
つまり、上半身・・・


う~む、ダンサーも大変ですね。


それにしても、前回観たオペラ「サロメ」といい、
ジュネーブのグラン・テアトルはかなり大胆ですな・・・




いろんな意味で、従来のバレエ「ロミオとジュリエット」とは大きくかけ離れた舞台でしたが、
最後の墓場のシーンで、ジュリエットが死んでいる思い込んだロミオの悲しみの踊りが、
美しい音楽とともにぐっと胸に迫り来て、ホロリと涙してしまったのでした


飾りも派手な衣装も何もないからこそ、研ぎ澄まされた神経が、
真に音楽と踊りだけに集中した結果なのかもしれません。




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
ヨーロッパブログ現在38位、ブログ村ヨーロッパ情報は5位です~
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2009.05.13 忙しい・・・
とにかく毎日忙しい・・・
ほぼ毎日のように「時間が足りない~」と感じています。


なぜかしら???


今は仕事もしていないし、子供もいない専業主婦の私が、
時間が足りないってどういうことよ・・・と、自分でも思う。


でも、足りないの
1日せめて30時間は欲しい。


でも、1日は24時間しかないので、寝る時間を削るしかないんだけど、
最近めっきり寝不足に弱くて、これも効果的ではない。
1日寝不足すると、翌日は晩ご飯の後、ほどんど何もできないぐらい眠い。
今日も、昨日5時間ぐらいしか寝なかったら、3時間も昼寝してしまったしーーっ!!


何をしているのか挙げてみると、大してやっていないんだけど・・・。
一つ一つに時間が掛かり過ぎているのかな??
私の周りだけ時間が早く過ぎている気がします


「やらなければならないこと」っていうのは、そんなにあるわけじゃないので、
結局は「やりたいこと」が多過ぎるのでしょうね。
でも、これでも、「時間がなくて」諦めていることが結構あるんだけどな~。
もう少し時間があれば、あれもこれもしたい~~~っ
欲張りです。


特にここ1~2週間は、更に時間が足りなかった。
というのも、実は明日から日本に行くからなのです~


その準備で忙しかったと言うと、「何故??」と思われるかもしれませんが、
いつも日本に行く前には、せっせとネットで買い物などしたりするからなのです
情報収集から値段比較まで、これが意外に時間を食うのですね~


しかも、実はスイスのインターネットはあまり速くなくて、
その上、私のパソコンの調子もイマイチ。
ひどい時なんか、サイトを開くのに1分以上掛かったりして、
「ここはバングラデシュか」と叫びたくなることもしばしば。
寝不足のときは、サイトが開くのを待っている間に居眠りしちゃったり・・・


そんなこんなで、いろんな方のブログにお邪魔できない日が続いています。
ごめんなさい
時間ができれば、またお邪魔します~。


でも、でも。
何はともあれ、明日です!


今回は東京方面には行く予定が無いので、
東京および近郊にお住まいの皆様、
もし関西方面にお越しの際は、ご連絡ください~


時間が許す限り、日本からもアップする予定です。


では、日本楽しんできます~




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
ヨーロッパブログ現在37位、ブログ村ヨーロッパ情報は5位です~
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2009.05.17 日本へ
日本にやって来ました~。
ここ2~3日はお天気も悪くて、ちょっと肌寒いです


今回私はパリ経由で来ました。
ジュネーブの空港は、ちょうどスイスとフランスの国境にあるので、
フランス行きのフライトは、なんとフランス側から出るのです。


つまり、空港内歩いてフランスに入国
パリまでは国内線です。


初のフランス側の出発ゲート。


ジュネーブ空港1 ジュネーブ空港2


さて、前回の失敗(?)を踏まえて、
今回はインターネットでのセルフチェックインだったので、
ちゃんと右側の窓際の席をキープ!


そして前々回の痛恨のミスを繰り返さないよう、
手にはしっかりカメラを握り締めて乗りました


と・こ・ろ・が・・・


また、アルプスが見えない~~っ!!


が~~~~~ん



なに、今度は左???
でも、左側の人たちも、あまり見ているという感じではなかったので、
どちらからも見えないルートだったのかもしれません。


ということになると、ジュネーブから飛行機に乗っても、
必ずしも美しいアルプスの山々が見えるわけではない、ということになり、
あんなに美しく見えていた前々回のフライトで、
カメラを入れたバックを上の棚に乗せていたことが益々悔やまれます。くーっ


今回はお天気も悪く、景色はほとんど見えませんでした


日本へ1


日本へ2




パリからのフライトで出たミネラルウォーター。


トノンミネラルウォーター



見慣れないものでしたが、これはっ
3月にドライブで行ったトノンの水だ~


なんだか、ちょっと嬉しい




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
ヨーロッパブログ現在29位、ブログ村ヨーロッパ情報は5位です~
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
日本では、ここ数日で、兵庫・大阪を中心に急速に新型インフルエンザの感染が拡大しています。
感染者はすでに200人を超え、一気に世界で4番目の感染者数を有する国に・・・


京都でもすでにマスクが売り切れています


私たちも、外出するときには、母の言いつけでマスク着用


新型インフルエンザ


夫、怪しいです




でも、実は、マスクはあまり効果がないという噂も・・・。
マスク着用よりも、こまめに手洗い&うがいをすることが、一番効果があるようです。


マスクは正しく着用しなければ、もちろん意味がありません。
マスクをしていることで、安心してしまっては、却って危険なのです。


先日も、電車の中で、高校生ぐらいの男の子が、着けていたマスクをはずし、
つり革を握った手でお菓子を食べていました~




それ、意味ないよ・・・




私は、日本のようにレストランでお絞りなんて出ないジュネーブで使うつもりで
まとめ買いしたポケット除菌ウェットティッシュを持ち歩いています
帰る前にまた買わなくっちゃ。


新型インフルエンザは弱毒性で、比較的症状も軽いみたいですが、
かからないに越したことはないですからね。


感染拡大も早く収束に向かってくれることを祈っています




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
ヨーロッパブログ現在44位、ブログ村ヨーロッパ情報は4位です~。
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
海外生活で困ることの1つに髪を切るということがあります


特に欧米では、美容師さんが、
日本人のような太くて硬い髪に慣れていないので、
うまく扱えないのです。
欧米人の髪は細くてコシがなく、頭の形もカッコいいので、
どんな風に切っても、なんとか様になるんですよね。


ところが、私は典型的日本人の絶壁頭・・・
それを格好良く仕上げるには、
やっぱり日本人美容師さんの技術が必要なのです~


在住日本人の多い大都市以外のところで、
日本人美容師さんを見つけるのは簡単ではありません。


今回も、去年8月に日本に一時帰国したときに切って以来、
一度も切らず伸ばしっぱなし。
後ろは腰の辺りまで長~くなっていました。


そこで、今回の一時帰国で、9ヶ月ぶりにばっさりといきました


カット1 カット2


カットのあと、美容師さんが掃き集めた大量の髪・・・
黒々とした山となっていました~


お陰で、髪を洗うのも、ドライヤーを掛けるのも、
ずっと楽に、短時間でできるようになりました。


あ~、楽チン




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
ヨーロッパブログ現在41位、ブログ村ヨーロッパ情報は5位です~
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
京都四條南座の招待券を頂いて、歌舞伎を観に行ってきました。


若手花形4人による「通し狂言 小笠原騒動」。


主な配役は

犬神兵部/岡田良助      中村 橋之助
小笠原隼人/奴菊平      片岡 愛之助
小笠原豊前守/飛脚小平次  中村 勘太郎
お大の方/小平次女房お早  中村 七之助


物語については、こちらをどうぞ。



席は最前列の端寄り。
「かぶりつき~」と言いたいところだけど、
舞台が高く座席が低いので、たいそう首が痛うございまいした~


でも、勧善懲悪の分かりやすいストーリーに加えて、
ワイヤーによる宙づりの幽霊や、
本水を使った水車小屋での大立ち回りといったみどころ満載。


この水車小屋での立ち回りでは、水しぶきがかかるので、
一階の前3列には、その水を避けるためのビニールが配布されます。
役者さんが、客席めがけて水を掛けたりもするので、
真ん中の最前列の人は、かなりの水がかかります~


また、岡田良助に扮した橋之助さんとお早に扮した七之助さんが
客席を回るというサービスもあります。


子役の名演も見ものだし、
大詰め(終幕)での(松竹なのに)吉本新喜劇ばりのアドリブ(?)もおもしろかったです。


お大の方とお早を演じた七之助さんが美しく、また色っぽかったです~。
見習わねばっ!!
そして、白塗りの愛之助さんが、格好良かった


英語のイヤフォンガイドがなかったので、
夫はちょっとかわいそうだったけど、
でも、結構分かっていたみたい。


日本文化体験の一夜でした




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
ヨーロッパブログ現在45位、ブログ村ヨーロッパ情報は5位です~。
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ

今年も行ってまいりました、城南宮さん。
今年は夫の後厄の厄払いです。


お払いは、前厄や大厄と同じなので省略します。
詳しくは、一昨年去年の投稿をご覧ください。


城南宮の庭園は、春は梅や桜、秋は紅葉が美しいのですが、
いつもタイミング悪く、そういう美しいお庭が見られません。


今回は、ちょうど「源氏物語 花の庭」が開催中だったので、
期待して行ったのですが・・・


藤やつつじは終わり、あやめや菖蒲もほとんど終わりかけ。
またもや中途半端な時期
花はほとんどなく、美しいのはやっぱり新緑でした。


城南宮0901


城南宮0902


城南宮0903


城南宮0904


城南宮0905


城南宮0906




More Photos





ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
ヨーロッパブログ現在31位、ブログ村ヨーロッパ情報は4位です~。
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
両親と一緒に4人で、岡山、倉敷、鞆の浦へと
レンタカーで2泊3日の旅に出かけてきました


雨マークが付いていたのでお天気が心配でしたが
晴れ女2人(母と私)の威力で、2日目にパラパラと降られた程度で、
傘もほとんど使うことなく、楽しく過ごせました。




まず初日は、備前市にある旧閑谷学校と、岡山後楽園へ。


旧閑谷学校は、世界最古の現存する庶民のための学校建築物だそうです。
特に講堂は国宝に指定されています。


旧閑谷学校1


旧閑谷学校2



聖廟の前には、一対のとても大きな楷の木があります。
秋には葉が真っ赤に染まって、すばらしい紅葉が見らるそうです。


旧閑谷学校3


More Photos(旧閑谷学校)




この近くで、「しょうゆぶっかけソフト」を食べました


しょうゆぶっかけソフト


さすがに、ソフトクリームにしょうゆをぶっかけただけというのではなく、
掛かっているのは、しょうゆ風味のカラメルって感じ。
ほのかな塩気が、バニラアイスの甘さとマッチして、
さっぱりとしたおいしいソフトクリームでした




備前焼きを少し見たあと、岡山市内にある岡山後楽園へ。


岡山城の庭ともいえる岡山後楽園は、日本三名園の1つ。
曇り空でしたが、それでも、どこを撮っても絵になる庭園でした。


岡山後楽園1


岡山後楽園2


岡山後楽園3


岡山後楽園4


More Photos(岡山後楽園)




夜は、ホテル日航倉敷に泊まったのですが、
そこにある八間蔵というレストランは、
国指定重要文化財「大橋家住宅」の米蔵を利用したレストランで、
ここでフレンチ会席のディナーを頂きました。


八間蔵1


フレンチ会席は、フランス料理というよりはフレンチ風の日本料理という感じで、
全く重くなく、少しずついろいろな種類を頂けるので、満足度も高いです。
お箸で頂けるので、年配の方にもお勧め。
しかもお値段もとってもリーズナブルでした♪


八間蔵2八間蔵3八間蔵4八間蔵5八間蔵6八間蔵7八間蔵8八間蔵9八間蔵10


盛りだくさんの1日目は、観光、食事とも大満足。
このあとも充実した旅は続きます。




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
ヨーロッパブログ現在29位、ブログ村ヨーロッパ情報は4位です~。
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。