上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.02 窓の修理
金曜日の朝9時、窓の修理の人が来ました。
この会社は、ジュネーブで唯一まともな対応をしてくれる会社です。
今回も事前に電話があり、こちらの都合を聞いてくれました。



やって来た職人さんは、フランス語しか話せませんが、
やることは分かっているので、キッチンに案内し、あとはお任せ。


1時間半ぐらいガーガーゴーゴー作業をしたのち、
「マダム・・・」と、リビングでアイロン掛けをしていた私のところに
携帯を持ってやって来ました


よく分からないまま、彼の携帯を受け取ると、
相手はどうやらオフィスにいる英語ができる人みたいでした。


その人の説明によると、
壊れた蝶番を交換しようとしたが、窓枠にどうしても合わない、
よっては窓をそっくりそのまま交換しなければならない、
ただ、古いタイプの窓なので作るのに8~9週間かかる、
ということでした。


8~9週間って、長いな~
しかも真冬に突入してしまいます。


でも、意外にイラッとしなかった自分に気がつき、
そこで思ったのです。


ちゃんと説明してもらったからなんじゃないか。


どうしてできないのか、どのくらいの期間かかるのか、
そういったことをちゃんと説明してくれて、
私が納得したから腹も立たないんじゃないか。


8~9週間と言えば結構長いけど、
分かっていればその間の対策だって立てられます。


同じ8~9週間でも、
何故なのか、いつまでなのか、全く分からない状態で待たされたら
もう1~2週間で切れると思います


つまり、天井の照明にしても、倉庫の穴埋めにしても、
そういう状態で放置されているわけですね・・・。


しかも、この窓の修理会社の人は、
「寒い思いをさせて申し訳ございません。」
と謝ってもくれたのです。


私はとっても感動して、
「いえいえ、大丈夫ですよ~。」
な~んて言ってしまいました





このことを、帰ってきた夫に話したら、一言、
「日本人だな~」って・・・


そうなのかな~。
これって、日本的な考え方なんでしょうかね~。




ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
いつも行くスーパーには、Ben & Jerry'sもハーゲンダッツも売っているのだけど、
どちらもなぜか3~4種類しか置いていません。


Ben & Jerry'sは、私の一番のお気に入りの
「Chocolate Fudge Brownie」があるのでいいのですが、
たまには違う味のアイスも食べたくなります。


モーベンピックは、さすがスイスのアイスクリームだけあって、
売り場も大きく、種類も豊富。


なので、めずらしくそちらを除いてみると、
「新製品」「限定品」の文字が・・・


何を隠そう、私、「新製品」「限定品」にめっぽう弱いのであります。


企業の商戦に見事にひっかかる模範的な客




この季節限定というの、日本ではいっぱいありますよね~。
こちらの日本食のお店をのぞいても、日本のチョコ菓子類は軒並、栗・くり・クリ・・・。


こういう季節限定品というのは、スウェーデンでは見かけません。


でも、スイスにはあるんだ~と、妙に感心しつつ、
新製品から「ティラミス」、そして「季節限定」の「マロングラッセ」を購入しました。





さて、食後のデザートに、まずは1つ夫と分けて食べようということになりました。


「どっちを食べる??」
と聞くと、しばらく考えて、


「マロン」


ほ~~


栗はあまり好きじゃなかったはずなのに、
ここのところ私がしょっちゅう焼き栗を買ってくるので、
つられてちょこちょこつまんでいるうちに、栗のおいしさに目覚めたみたい



Movenpick3


では、いただきます。


パクッ。



・・・・・・



あ、甘い~~~~っ


夫も一口食べ、顔を歪めてそれ以上は拒否。


これ、甘過ぎます


お試しに、と思って、ミニカップを買ってよかった・・・。

あ、でも、もったいないので、私が残り全部食べましたケド・・・




そして、数日して、今度は「ティラミス」を。


Movenpick4


まあ、これはまあまあかな。


でも、日本のハーゲンダッツ・ドルチェシリーズの「ティラミス」には
とうてい敵いません。


やっぱり私はハーゲンダッツかBen & Jerry'sの方が好きだな~




ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2008.11.07 イベリコ豚
夫が出張で留守の間、
夕食は手抜きをして出来合いのものを買って済ましています


今日は、タパス風というかメゼ風というか
フムスやババガノーシュ、ファラフェルなどをちょこちょこっと買って、
ハムやチーズ、焼きたてのバゲットと一緒に頂きました。


メゼの中でも特に好きなババガノーシュもおいしかったのだけど、
今日はなんと言ってもイベリコ豚のハムが最高においしかったのです~


あまりにおいしくて写真を撮り忘れました
これは夫にも食べさせてあげようと思って残しておいた、残りです~
(しかも、ちょっとピンボケ・・・


イベリコ豚


キロ125フラン(約1万円)とちょっとお高いのですが、
まあ、夫もご馳走を食べていることだし、このぐらいの贅沢は許されるでしょう。
そんなに大量に食べるわけでもないのだし。


しかも、今回はセールだったのです


決して強すぎない程よい塩味と、肉の甘味がなんとも言えません。
一口食べるたびに、「くーーーっ」と唸ってしまいました。


同じくスペインのマンチェゴチーズも旨いっ。


マンチェゴ


このハムとチーズで、1人なのにワインがす・す・む~~





いろいろと大変だったダッカから期待に満ちてやってきたジュネーブ。


期待したのが悪かったのか、なんだかんだとトラブル続きで、

「なんだダッカとかわらないじゃないか~」とか

「これならダッカの方がマシだったかも~」とさえ

思うことも少なくなかった今日この頃。


だけど、ダッカと徹底的に違うところ。
それは、イベリコ豚のハムとかマンチェゴチーズとか
そういうのが手軽に手に入ること。


ダッカではどんなにお金を払っても手に入らなかったものです


それを思い出し、おいしいものを食べて、
今の大変な時期を乗り越えよう


そして、早くジュネーブでの生活を心から楽しめるようになればいいなあ。




ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
アルプス


アルプスと言えば


ハイジ


でしょう、やっぱり




昨日、いつも行くのと違うスーパーに行ったら
こんなのを見つけました。


牛乳1 牛乳2


ハイジ牛乳!


「山の牛乳」と書かれています。
側面には、なにやら「ハイジ」からの引用まで。


いつも飲んでいるのは、こちら。


牛乳3


チーズで有名なグリュイエールの牛乳です。




ジュネーブにはいくつかのスーパーのチェーンがあるのですけど、
各チェーンによって、随分と扱っているメーカーが違います。


例えば日本だったら、だいたいどこのスーパーに行っても
「明治おいしい牛乳」は買えるし、
雪印のバターだって、ロッテのチョコだって買えますよね。


ところが、ジュネーブでは、このチェーンでは明治、
あっちのチェーンは雪印、みたいな感じなのです。


なので、いつも行くスーパーと違うチェーンのスーパーに行くと、
野菜や果物、肉類などの生鮮食品以外は、
まるで別の国のスーパーに来たかとおもうほど
見慣れないものが並んでいます。


おもしろいです。


でも、ある店でたまたまおいしいお菓子を見つけても、
いつも行くスーパーには置いていなかったりするので、
ちょっと不便でもあります




そうそう、牛乳は、どちらもおいしいけど、
ハイジ牛乳の方が甘味があるような気がします。


スイスにはこんなにおいしい新鮮な牛乳があるのに、
なぜかロングライフの牛乳を買っている人をよく見かけます。


ロングライフしか買えなかったダッカ時代を思うと、
新鮮な牛乳が買えるのにロングライフを買うというのが理解できません。


ロングライフを買う利点は何なのでしょう??




ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ

スイスの料理と言えば・・


チーズフォンデュ。




ずっと昔、卒業旅行でヨーロッパを旅行したとき、
スイスはチューリッヒに2泊したのですが、
一緒に行った友達の中にチーズ嫌いがいたのと、
クセがあると聞いていたので、食べる勇気がなく、
2晩ともオイルフォンデュを食べました。


なので、チーズフォンデュは未経験。




ジュネーブに来るまで、
スイスの代表料理と言ったって、
日本でのお寿司のように、
たまにレストランに行って食べるようなものだと思っていました。


ところが、あちこちの店でいろんなフォンデュセットが売っているし、
スーパーに行くとフォンデュ用のチーズがいっぱい!!


「そうか、普通に家庭で食べる料理なんだ~


でも、初めてでいきなり家でやるのはちょっと冒険・・・。


なので、それならやっぱりレストランで、
と思うものの、まだチャンスは訪れていません。


そんな折、先日行ったスーパーで、こんなものを見つけました。


即席チーズフォンデュ1


インスタント・チーズフォンデュ。


ミニカップだし、ちょっと味見するのには丁度いいかも、と思って買ってみました。


蓋を取って、まずフォークでグルグルとかき混ぜ、レンジでチン。


超簡単。


う~む、かなりキツイ匂いがします。


私はチーズは好きなんですが、熟成した臭いチーズは苦手。
ちょっとその手の鼻につく匂いが・・・


食べられるかしら、私??


では、一口大に切ったバゲットをつけて食べてみましょう。


即席チーズフォンデュ2


うーーーん


思った以上にワインの味と匂いがキツイ。
ちょっと酒かすを食べているような感じ・・・。


匂ったほどはチーズの臭さはありませんが、かなり塩辛いです。


食べられない味じゃないけど、おいしいとも思えない


まあ、インスタントだからでしょうね~。



一度本当においしいチーズフォンデュを食べてみたいです。


好きになれるかしら???




ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2008.11.14 祝★点灯
照明1
ダイニングルーム



とうとう点きましたーーっ




長かった~、この戦い

と言うよりは、戦い方が甘かったようです


問題はやっぱり夫の職場のスイス人スタッフ。


先週夫は出張と研修でまるまる1週間いませんでした。


その前の週(つまり先々週)の金曜日、こちらの催促に対して、
「見積もりが出てこないので、また別の電気屋を探します。」
という曖昧な返事。


それに対して夫は、
「来週1週間いないけれど、私が帰ってきたときには照明がついていることを願う」
とメールしていました。


そのコピーをもらっていた私は、
「いや~、その嫌味は通じてないんじゃない~


すると夫は、
「嫌味じゃないよ。本気で言ってるんだ」って。


夫がなんと言おうと、これまでの経過からして、
催促する人(夫)もいないのに仕事が進むとは考えられなかったので、
私は何の期待もしていませんでした。


そして、もちろん何事も起こらず1週間が過ぎ、
夫が戻ってきた今週の月曜日。


そのスイス人スタッフに対してかなり厳しく言ったらしい


実は、先週夫が行っていた研修はリーダーシップ研修。
その研修で習ってきたことを活用したのだとか


いかに部下を動かすか?


実際にどういう風に言ったのか、私には分かりませんが、
見事そのスイス人スタッフのお尻に火が点きました


その日の夕方には電気技師さんを1人つれて見積もりに来ました。


翌日には職場でその見積もりにOKが出て、
今日その電気技師さんが来てくれたのです~。


朝の8時から夕方4時半過ぎまで、
ランチも食べず(!)ぶっ続けで4部屋とも付けてくれました。


照明2 照明3
リビング                      寝室




実はこの電気技師さん、一番最初に来てくれた人です。


それなら、1ヶ月前にできていたはず。


やれば1日でできる仕事を、できないとか言ってゴネたのは、
管理会社が費用を出したくなかったからでしょう。


それならば、と一応職場で負担してくれることになってから、
今までかかったのは、単にスイス人スタッフの怠慢ゆえだったのですね。


つまり大人しくしていてはいけないのです。
バシッと言ってやらねばっ


あ~、しかし、明るいと気分まで明るくなりますね~
昨日までと気持ちが全然違います




そうそう、地下倉庫の穴も知らない間に埋めてありました。
(仕事やったならやったと一言報告しろよっ


これで、あとは壁の塗り直しだけですが、
これは正直言ってもうどうでもよくなっています。


今さらまた家具を動かしたりするのが却って面倒だし・・・
(それこそ管理会社の思う壺ですが~


気分も明るくなったところで、
部屋の片付けも最後の追い上げを頑張って、
クリスマスデコレーションには間に合わせたいな~




ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スイスの高級デパート「Globus」で、
「Scandinavian Christmas」というのをやっているというので、
ちょっくら見に行ってきました。


クリスマス市みたいなのをやっているのかと思ったら、
全くそういうのではなく、クリスマス商戦のテーマがスカンジナビアって感じでした。


Scandinavian Christmas1


3階のクリスマスデコレーションの売り場に、
「Scandinavian Style」って書いてあったのですが、


・・・・・


そ、そうかな~??


Scandinavian Christmas2


これが、スイスの人の北欧のイメージなのでしょうね


インテリアもそうなのですが、
スイスの(ジュネーブの?)クリスマスデコレーション、かなり派手です。


金・銀・キラキラ
かなりデコラティブ~


すっきりシンプルな北欧デザインとは対極です。




地下の食料品売り場には、北欧の食品がいくつか売られていました。


Scandinavian Christmas3


スウェーデンのチーズにクネッケという硬パン、キャビアなど。


IKEAに行けば買えるけどね




照明を探したときもそうだったけど、
シンプルな北欧デザインが恋しいです・・・




ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
はまっています。
写真:桃にゃん(ブログ「アメショっす!」より借用)





・・・って、そうじゃなくて・・・

(↑この写真があまりにかわいくて、つい・・・






はまっているのは、これ↓


シナモンティー


私はどちらかというとコーヒー派なんですが。
とは言っても、通常は朝に飲むだけ。
カフェインの摂り過ぎはよくありません。


先々週、いつもと違うスーパーに行ったときに見つけました。


この夏、ストックホルムにいたとき、
このシリーズの「Chai」を気に入ってたまに飲んでいました。
ティーバッグなのに、スパイスもしっかり効いていて、
結構本格的なインドのマサラチャイになるのです。


でも今回は、悩んだ末、このシナモンティーを試してみることに。




シナモンの香りたっぷり


それもそのはず。
シナモンが61%。

他にはカルダモンやジンジャー、黒こしょうも入っています。
でも、紅茶は入っていないので、ノンカフェイン。


夜ほっとしたいときに飲むのがグッド


少し疲れているときは、少し砂糖を入れて、
甘くして飲むのもおいしいかも。


ほっと心休まるひとときです




ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
「厦門な日々(アモイなひび)」のdoizoさんから
バトンが回ってきました。


実は、バトンってやったことないのですが、
せっかく回して頂いたのと、質問が少ないので
やってみたいと思います~♪


①バトンを回してくれた人の質問に答える
質問は「あなたの行ってみたい国はどこですか?」です。


行ってみたいってことは、まだ行ったことがない国ですよね~。

う~ん、結構いっぱいありますよ。


まず、アイスランド。


スウェーデンで旅行会社に勤めていたとき、
アイスランドへのツアーも扱っていて、
パンフレットを見て一目惚れ~
不思議な自然がなんとも神秘的なんです。


スウェーデンからは割と近いし、
行けるチャンスはいっぱいあったのですが、
近い割に旅行代金が高いのと、
気候が似ているせいで、な~んとなく行きそびれています。


スウェーデンにいると、冬は暖かいところに行きたいし、
夏も夏らしい暑いところに行きたい。
な~んて言っていると、アイスランドなんて行けません


日本にいたときは、日本の暑い夏から涼しいアイスランドにって思ったのですが、
やっぱり日本からは遠過ぎました~


でも、いつかは行きたいと思っています


他には、旧東欧諸国。
ヨーロッパはかなり回ったのですけど、
旧東欧の国はハンガリーしか行ったことがありません。
今はEUに加盟している国も多いし、もっと気軽に行けそうですね。


そして、なかなか実現しそうにないけど、
ニュージーランドとかガラパゴス島なんかにも行ってみたいです~。




②次に回す人への質問を考える
つまり、私が次の人への質問を出すのですね~。


では・・・


「日本の何が一番恋しいですか?」




③次に回す人を3人指名する


では、海外生活の長い次の方々にお回しいたします~♪


「バリ島くんだり日記」のkaorukoさん
「もみの木一家のはちゃめちゃスローライフ」のちえさん
「Ett liv med kalligrafi」の水香さん


みなさん、よろしくお願いしま~す




ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2008.11.19 舟盛り
ちょっとした祝い事があって、舟盛りを頼んでみました。

寿司と刺身の舟盛り。


舟盛り1


舟盛り2


こ~んなに大きくて、写真に納まりきらない。


スウェーデンの日本料理のレストランでは、
多分こういう舟盛りは見たことがありません。


前に行った別の日本料理レストランでも
舟盛りを頼んでいた人がいたので、
ジュネーブでは一般的、または人気があるのでしょう。




お味の方は、まあまあ。
寿司飯がちょっと甘すぎる気がしました。


そういえば、チョコレートもアイスクリームも甘過ぎるし、
前にテイクアウトした中華も甘かった・・・


スイスの人は甘党なのかしらね。


円高で円換算が少し安くなりましたが、
この舟盛りで約1万円。


高いでしょうか、安いでしょうか?


満足度からいくと、やっぱりちょっと高いです。
でも、海外だから仕方ないか・・・



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
日本ではほとんどのエレベーターに「閉」ボタンがついていますよね。


私も日本にいたときは、エレベーターに乗ると、
当たり前のように「閉」ボタンを押していました。


ところが、スウェーデンに行くと、エレベータに「閉」ボタンが無い!


最初の頃は、乗るとつい癖で「閉」ボタンを押したくなって、
間違って「開」ボタンを押してしまい、
閉まるのがますます遅くなった、なんてこともありました


でも、そのうちに慣れてしまって、エレベーターに乗っても、
自然にドアが閉まるのを待つのが当たり前になりました。


ところが・・・


ジュネーブに来ると、エレベーターに「閉」ボタンがある!!


そして、驚いたことに、それを押す人が多いのです


私が通っているスポーツクラブはビルの4階にあるので、
平日はほぼ毎日エレベーターを利用します。


観察していると、かなりの確立で、
最後に乗り込んだ人が「閉」ボタンを押しています。


「押さない」ことに慣れてしまった私は、
最後に乗り込んでもつい押さずに立っているのですけど、
そうすると、近くにいる人がすかさず「閉」ボタンを押すのです


スイスの人は押すんだ~、と新鮮な驚きです


みなさんは、エレベーターの「閉」ボタンを押しますか??




ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2008.11.23 初雪
昨日の土曜日、急にぐっと気温が下って、
なんとジュネーブでも初雪が降りました


今までは窓から見える向こうの山にしか積もっていなかった雪。

今朝は街中でもちょっぴり積もっていました。


せっかくの良いお天気だったのに、
どうしても今日やらなければならないことがあって、
出かけられなかったので、窓からの写真。


北側の陽の当たらないところにだけ、雪が残っています。


窓の外に積もった雪。


初雪1


ローヌ川の真ん中にある建物の屋根にも。


初雪2


でも、夕方にはみんな融けてしまっていました。




ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
今ジュネーブで撮影中の映画「Opération Casablanca」で、
大勢の日本人エキストラが必要というので、参加してきました。


男性が圧倒的に足りないということで、
まあ日本人に見えなくもないうちの夫も急遽参加することに。


映画の内容はよく知らないのですが、アクションコメディーのようです。


映画のウェブサイトはこちら
ただし、フランス語です・・・。


撮ったシーンは、主人公(多分)のモロッコ人と日本人女性との結婚式。


私は招待客。
夫はホテルのウェイター。


ウェイター役をやっていたのは若い男の子が多かったのですが、
彼ら同士はフランス語で話していたので、
彼らもこっちに住んでいるハーフの子たちかもしれません。


髪のセットとお化粧はしてきて下さい、ということだったので、
家で自分でやって行きました。


でも、メイクさんが一応手直ししてくれます。

しっかりと真っ黒のアイラインを入れられました
他の人も皆やられていたので、
こちらの人の東洋人のイメージって、やっぱりそういうのなのかしら?


でも、シミはしっかり消してくれましたよ
さすが、プロ!!


夫のメイク中。


映画1


まあ、男性は1人1分ぐらいでしたけどね


ヘア担当の男性が、私のセットをチェックして、
これでOKと言いつつも、なんだかんだとフランス語で
アシスタントの女性に指示していました。


でも、髪にちょっと触れただけで、特に何もしなかったのです。
ところが、家に帰って髪を解いたら、Uピンが2本出てきました。
いつのまに・・・




撮影セットは、ホテルの披露宴会場。


映画2  映画3


私はたまたま新郎の家族と新婦の父親のいるグループに配置され、
新郎新婦の演技を間近で見ることができました。


新婦は日本人という設定ですが、
女優さんは中国人とスイス人(?)とのハーフ。
ちょとエキゾチックな美人です。


ただ気になったのは、その髪。


映画4


ちょっとこの写真では分かり難いかもしれませんが、
なんと言うか、スターウォーズに出てきそうな髪型?
女王アミダラに繋がる何かを感じさせます・・・


日本の花嫁さんではあり得ない髪型です。


撮影の合間に、メイクさんが回ってエキストラのメイクも直してくれます。
私の立っていた位置が、天井のライトがまともに当たる所で、
時間とともに顔のテカリが気になったのですが、
案の定、何度も直されました・・・




撮影の合間のワンシーン。
新郎新婦と花嫁の父がふざけているところ。


映画5


和気藹々として、なんだか本当に友達の結婚式にでも出ているような
楽しい撮影現場でした。


それでも、待ち時間約4時間、
撮影が5~6カットに約4時間・・・


丸一日がかりで、とっても疲れました~。


出来上がりが楽しみです
日本で上映されることは多分ないと思いますが・・・。




ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
引越し後の片付けは遅々として進まず、
クリスマスの飾り付けもまだまだできる状態ではありません


なので、とりあえず、窓から見える景色をご紹介。


まずは、表。
リビングの窓からはこんな風景。


アパートの窓から(表1)


この写真を撮ったのは、もう1ヶ月ぐらい前です。
今は葉っぱもほとんど散ってしまって、もう少し寒々とした風景。


ジュラの頂が、前の建物の屋根の上からちょこっと顔を出しています。
(見えますか?)


アパートの窓から(表2)



うちのアパートの裏は、マンダリンオリエンタルホテルです。
キッチンの窓からホテルの裏側が真正面に。


アパートの窓から(裏1)



これまたホテルの屋上のその向こうに、
お天気の良い日には、アルプスの山々(なのか??)がちらっと見えます。


アパートの窓から(裏2)





山があると、日によっても時刻によっても、景色は刻々と変わります。
山と雲が織り成すドラマチックな風景は、見ていて飽きません。


アパートの窓から(裏3) アパートの窓から(裏4)




家に居ながらにしてご来光が拝めることも


ご来光





ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
今日(11月30日)はFirst Advent(待降節第一日)です。


スウェーデンでは、この日にクリスマスの飾り付けをすることになっています
といっても、最近ではもっと早くから飾り付けをしている人も多いですけど。


スイスはどうなのかしら~?


スイスのことはよく分からないので、
うちではスウェーデンの伝統に則って飾り付けをすることにしました。


とは言っても、如何せん部屋がまだちゃんと片付いていないもので、
飾り付けをするといっても、限られたものしかできないんですが・・・


      Advent1


Advent2


スウェーデンでは、アドベントの星だけじゃなく、
このアドベントキャンドルも窓辺に飾ります。


スウェーデンの家の窓は、出窓でなくても
窓の内側にたいてい棚のようなものがついているのです。


日が短くて暗~いこの季節、
家々の窓に灯る星とキャンドルがとてもきれいなんですよ~


ジュネーブのこのアパートの窓には棚がないので、
暖炉の上に飾ってみました。



これはニューヨークの思い出の品。
Bloomingdale'sとHenri Bendelで買ったクリスマス飾りです。


Advent3




他の部屋も、アドベントの星とキャンドルを中心に飾りました。


Advent4


      Advent5


Advent6


シクラメンやポインセチアも飾りたいけど、
まだそこまでの余裕がありません・・・


お花屋さんの前を通りがかるたびに、指をくわえて見ています




ちょっぴりだけどクリスマス気分になったところで、
さあ、早くクリスマスカードを書かなくっちゃーーっ!!




ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。