上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.03 バスのスト
7月1日の午前0時から、
ストックホルム県のバスの運転手が
給与アップと労働条件改善を求め、
全面ストに突入した。


今日で3日目。


私たちが今借りているアパートは、
バス以外の交通手段が無い場所にある。

バスが動かないとどこへも行けない~


きーーーっ


しかも、このスト、いつまで続くか全く分からない。
雇用主側が交渉に応じないので、長引く可能性大なのである。


きーーーーーーっ


よって、バス以外の交通手段が使える友人宅にまたもや逆戻り・・・

ごめんよ、友人。


こうして、私の放浪生活は続くのであった



お天気が良いので友人宅の近所を少し散歩してみた。

   水辺の散歩1   水辺の散歩2


水辺の散歩3



水辺に沿って散歩道が作られている。

静かでとっても気持ちが良い



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
穏やかに晴れた土曜日の午後、
友人宅の近くの水辺に日光浴に出かけた。

休日のせいか、他にも10数人の人たちが
すでに日光浴をしていた

晴天といっても、気温は20度ちょっと。

日の当たっているところは暑いが、風は冷たい。

でも、フリースを着ているのは私だけ。
スウェーデン人たちは水着姿だ。

ぶるぶる


メーラレン湖をヨットやモーターボートが行き交う

色とりどりのカヤックを漕いで行くグループがいる。

そして、泳いでいる人も・・・。


水浴び



ぶるぶるぶる


友人もちょこっと泳いでいた。

私はフリースの上に更にパシュミナを羽織って、
本を読んだり、昼寝をしたり。


鴨の夫婦が上がってきた。
私たちのすぐそばまで来て、
一通り丘を散歩して帰っていった。

鴨の夫婦1 鴨の夫婦2



穏やかで心落ち着くひととき



友人宅に戻って遅いランチ(早めの夕食?)。

スウェーデンの夏の食事。

新じゃが、Matjesill(ニシンの酢漬けの一種)にサワークリーム、
ニシンの酢漬けマスタード味、ゆで卵。

そして、ビールにスナップス。

夏の食事1 夏の食事2



スコール



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2008.07.07 Roppongi
今日は七夕ですね。

七夕の日は、雨になることが多いような気がするのだけど、
ストックホルムも久々の雨

冷たい雨です。



さて、先日久しぶりに日本食を食べに行った


日本人にというよりは、スウェーデン人に人気のレストラン「Roppongi」。
この日も外の席はほぼ満席、店内もまずまず。
他にテイクアウトをする人が列を成していた。


私はもう何年も前に、スウェーデン人の友人と1度行ったっきり。

「地下鉄の駅から徒歩3分」というのに、
迷い迷って10分以上かかってしまった…
この辺りは不案内なのよね~


まずは、キリンの生で乾杯

そして、刺身盛り合わせと鶏の唐揚げ。

Roppongi 1 Roppongi 2


刺身は10種類ぐらいあって、結構おいしかった。
ダッカから来ているからかもしれないけど…。
唐揚げもまずまず。


デザートは、クリームブリュレとチョコレートムース。

Roppongi 3 Roppongi 4


クリームブリュレは普通だったけど、
このチョコレートムースはほどよい甘さのチョコが私好みで
とってもおいしかった


満足です


Sushi Restaurant Roppongi
Hantverkargatan 76
Tel: 08-650 1772
http://www.roppongi.se/



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2008.07.09 Sex and the Ciy
今日もお天気が悪くて寒いので、映画を観ることにした。


「Sex and the City」


観客の90%以上は女性。
当たり前か・・・。

ごめんよ、夫


あ、でも、私の隣に座ったのは、
30歳ぐらいの女性とそのお父さん!

私はこの映画を父親と一緒に観る勇気はないなあ。

でも、お父さん、結構楽しんで見ていたみたいです


女性が多いせいか、
そのほとんどが女友達と来ているせいか、
本編前のCMや予告編の間もおしゃべりが止まらない。
こんなのは初めてだ。


映画の内容は、ネタバレになるので書きませんが、
一言で言って、とってもよかった

私はドラマ放送開始当時からファンで、
再放送も何度も見ているし、DVDも持っている。

そんなファンを裏切らない出来だと思う


涙あり、笑いあり、ドラマあり、夢あり・・・。


仲の良い女友達に久しぶりに会ったような、
温かくて幸せな気分になれる


映画のDVDが出たら、きっと買うと思う・・・。



そして・・・

う~ん、やっぱり

I miss NY.



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2008.07.11 Lux Stockholm
先週、結婚記念日を祝うために予約していたレストラン「Lux Stockholm」。

ところが、予定外のできごとで、やむなくキャンセルすることになった


そして、昨日。
仕切りなおして行ってきました。


ミシュランで星1つもらっているレストランです

街の中心からは少し離れているけど、
水辺にあって、良い雰囲気。

中も明るく、インテリアもシンプルですっきりしています。

Lux 1 Lux 2


店の人も皆プロフェッショナルで感じ良い


主な食材は、それぞれスウェーデン国内の特定の農家で
栽培されたり、育てられたりしたものだそうで、
食材へのこだわりを感じます。


まず、アミューズが2種類。
ほんのちょびっとだけど、味が凝縮されていておいしい。

Lux 3 Lux 4



Lux 5

スウェーデンではめずらしくお手拭が出てきた。
しかも、中にドライアイスが入っているらしく、
お湯をたらすと煙がもくもく。
おもしろい演出。



Lux 6

5種類あったパンはどれも自家製で、おっいしーーっ
レストランで出されるパンがおいしいと、
まずそれだけで、料理への期待が高まるというもの。




さて、前菜は、夫はサバと帆立貝柱、
私はラングスティーヌ。

まずは、その色に感動。
夫のはオレンジ、私のはグリーン。

Lux 8 Lux 7


帆立貝もラングスティーヌもどちらもほとんど生!
新鮮で、甘くて、素材の良さを感じさせました。
爽やかな初夏の味っていう感じ。

特に、ランゴスティーヌのソースに使われていた
りんご果汁があまりにもおいしくて、
お皿を舐める勢いで食べてしまいました


メインは、夫は子牛肉、私はラムを。

Lux 10 Lux 9


お肉はあくまでも柔らかく、
付け合せも凝っていて、でも肉との相性バッチリ。

ポーションも適度で良かったです♪


頼んだデザートの前に、プチデザート?
旬の苺がおいしい♪

Lux 11 Lux 12



デザートは、夫はグリーングズベリーとバニラババロア。
私はポッピング・チョコレート・デザート。

Lux 14 Lux 13


夫のはさっぱりして後味良し。

私のはチョコレートがちょっと重かったけど、
付いてきたチョコチップのようなものを口に入れると、
口の中でプチプチはじけておもしろい
昔こんなお菓子あったよな~。
これが「ポッピング」なのか、と納得。


最後に小さな棒アイスまでサービス。


おいしくって、楽しくって、幸せなひとときでした。


ハッピー・アニバーサリー



Lux Stockholm
Primusgatan 116
Tel: 08-619 0190
http://www.luxstockholm.com/



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
アイスクリームには目が無い私

これまではハーゲンダッツ命だったのだけど、
最近はまっているのがこれ。


BEN & JERRY'S


どうやらスウェーデン市場に随分力を入れているようで
至る所で見かける。

ハーゲンダッツよりも断然幅を利かせているのである。


それならば、と試してみたら、
おいしーーーっ!!

いけますよ、これ。


早速いろいろ試したところ、
お気に入りはこれに決定!

Ben & Jerry's 1 Ben & Jerry's 2


「Chocolate Fudge Brownie」と「Peace of Cake」

「Chocolate Fudge Brownie」は、
私がこよなく愛するハーゲンダッツのベルジアンチョコレートに
勝るとも劣らぬ濃厚なチョコの味。
それにかなり大きなブラウニーの欠片が良い感じでマッチ。

一方、「Peace of Cake」は、
ストロベリーチーズケーキのアイスってことだけど、
チーズケーキの味はあまりせず、苺の味がかなり勝っている。
これまたハーゲンダッツのストロベリーに負けないお味。

結局、基準はそこなんですけどね


他にも、写真はないけれど、バニラ味が恋しくなった時は、
「Cookie Dough」もかなりいけますぜ


もう家の冷凍庫には、「Ben & Jerry's」が欠かせません!


気になる方は、こちらをどうぞ。
http://www.benjerry.com/



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2008.07.14 ガムラスタン
お天気の良かった昨日の日曜日
ちょっと観光客気分でガムラスタン(旧市街)に出かけた。

ガムラスタン1


↑この通りはいつも観光客でいっぱい。


でも、ちょっと横道に入ると、
忘れ去られたように静かにたたずむ街並みがある。
そういうところが好き

ガムラスタン2 ガムラスタン3



ぶらぶら歩いて王宮のそばまで来た。

ふと思い立って、Storkyrkan(大聖堂)に入ってみる。

  ガムラスタン4


もちろん何度も改装や増築を繰り返してはいるが、
13世紀に建てられた古い教会である。

王宮のすぐ側にあり、王室の結婚式や洗礼式が行われる。
現国王と王妃が結婚式を挙げたのもこの教会。

ガムラスタン5 ガムラスタン6


教会の中はかなり暗く、
特に昨日のように日差しの強い日には、
そのコントラストが大きい。


対岸に見えるのは、グランドホテルと国立美術館。

ガムラスタン7



ガムラスタンには、観光客目当ての土産物屋がたくさんあるが、
それ以外にも、ちょっとおもしろい店もいろいろあって、
意外な掘り出し物が見つかったりもする。

昨日は、安くてかわいいワンピースをゲット


小さなギャラリーもたくさんある。

ある若い画家の絵を扱っている店に目が止まった。
抽象画ではないけれど、ファンタジーなイメージ。

昨日は店が閉まっていたので、
ショーウィンドウから覗いただけだったけど、
今度店が開いている時にもう一度行ってみよう。


ガムラスタンに興味のある方はこちらをどうぞ。
写真もいくつか見られます。
http://www.old-town-stockholm.com/



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2008.07.16 Fjäderholmarna
お天気が良くて、久しぶりに気温も25度ぐらいまで上がったので、
「Fjäderholmarna」(フィアーデルホルマナ)に行ってきた。
http://www.fjaderholmarna.se/

フィアーデルホルマナは、ストックホルムの一番近いアーキペラゴの島。

今私たちが住んでいるところからだと、
ボートで5分という近さ


午後ゆっくりしてから出かけたので、
私たちが島に着いたときには、
すでに帰りのボートを待つ人でいっぱいだった。


まずは歩いてゆっくりと島を一周。

小さい島なので、あっという間だ。

Fjarderholmarna1Fjarderholmarna2Fjarderholmarna3Fjarderholmarna4Fjarderholmarna5Fjarderholmarna6


Fjarderholmarna7

↑海のガソリンスタンド

Fjarderholmarna8

↑フィンランド行きのフェリーが通る


アイスクリームを買って、ベンチでのんびり

汗が出るような暑さじゃないけど、
日差しが強いので、日の当たっているところが痛い。
これは日に焼けそう~

日向にはあまり長く座っていられない


ところが、日陰のベンチに移動すると、
空気が冷たくて、思わず持ってきた長袖を着ることに

しばらく景色を眺めたり、本を読んだりして
の~んびりとした時間を過ごした。


チラッと見た燻製所のエビの燻製がとってもおいしそうだったので、
隣接のレストランで夕食をとることに

夫は数種類の魚介の燻製セット。
私は迷いなくエビの燻製アイオリソース付き。

Fjarderholmarna9 Fjarderholmarna10


エビの燻製、おいしかったーーーっ

スウェーデンでは、捕ってすぐに塩茹でにした甘エビをよく食べる。
でも、燻製のものは、普段はなかなか食べられない。

私も前に食べたのは、もう10年以上も前だ…


でも、このエビの燻製、すごい量で、
優に30匹は食べたんじゃないかな~

これだけでお腹いっぱいになってしまった。

でも、これはまだ前菜。


そして、メインは・・・。

Fjarderholmarna11 Fjarderholmarna12


夫はバルト海ニシンのフライ、私はスモークサーモン。

夫のバルト海ニシンは、大きくて、身がふわふわで、
今まで食べた中で一番のおいしさ

しかも、マッシュポテトがまたおいしくって。


でも、2人ともお腹がいっぱいで食べきれなかった…
残念。


夏のストックホルムの良さを充分に満喫できた一日だった



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
昨日は日本人の友人Hさんの新居を訪問。

Hさんは同い年で、スウェーデンに来たのも同じ頃。
ストックホルムに越してきて以来の友人だ。

お互い子供がいない気安さから、
私がストックホルムに住んでいた時は、
それぞれの夫を残して、よく2人でレストラン巡りをした

私がスウェーデンを離れてからも、
ストックホルムに来るときは、必ず会って、そしてレストラン!

おいしいものとおしゃべりが大好きな女友達って大切な存在だ。


新居は、午後からの日差しがたっぷり当たるバルコニーのある
明るくて眺めの良い新築物件。

広いバスルームには、もちろん洗濯機も乾燥機も付いている。

キッチンも広く、6人掛けのテーブルが余裕で置ける。
何もかも新しくていいなあ。

私たちもそろそろ住宅購入を考えなくっちゃ。

で、いろいろアドバイスももらう


昨日はもう1組も加わって、
3組の子供のいない日本人&スウェーデン人カップルでディナー。


「ヤンソンの誘惑」とサーモンのグリル、ミートボール、サラダ。
友人宅

「ヤンソンの誘惑」というのは、典型的なスウェーデン料理で、
アンチョビ入りのポテトグラタンという感じ。

普通はアンチョビを使うので、どうしても塩辛くなりがち。

でも、彼女のは、なんとアンチョビ味のニシンを使っていて、
マイルドでほんのり甘味のある味に仕上がっていた。

とってもおいしかったです♪


おいしい料理とワインと止まらないおしゃべり。


普段友達の年齢ってあまり考えないけど、
こうして同い年の友達と会っておしゃべりすると、
何かより強い繋がりがあるような気がするから不思議だ。


食事のあとは、バルコニーに移ってデザートとコーヒー。
日が沈んで寒くなるまで、バルコニーでおしゃべりに興じた。




そして今日。

このアパートに越して来てからずっと、
撮りたいと思っていたフィンランド行きのフェリー

いつも気づくのが遅くて、シャッターチャンスを逃してきた。


フェリー1
フィンランドに行くフェリー



フィンランドから来たフェリー
フェリー2


すれ違うために鳴らした汽笛のお陰で気がついた!!
サンキュー♪



さて、私は明日から1週間ほどダッカに戻ります




ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
ダッカに着きました

大慌てでダッカを離れてちょうど2ヶ月。


この2ヶ月間、はっきり言って、ダッカのことはほとんど思い出さなかった。

ダッカでの生活が、もう遠い過去のことのような、
夢の中でのできごとのような、
そんな不思議な感覚だった。

スウェーデンとバングラデシュ。
あまりにも何もかもが違い過ぎる。

気候、風景、環境、人、食べ物・・・。

共通点は一つもない。
正反対と言っても過言じゃない。

どちらにいても、もう一方の生活が幻みたいだ。



さて、2ヶ月振りのダッカ。

空港内は、表示板が見やすく変わっていたり、
税関を出た所に、迎えの人が待っていられる場所ができていたり、
随分改善されていた。


進歩


外に出ると、いきなりむっとした湿気に包まれた。
眼鏡が曇る。

でも、意外にそれほど暑くない。

雨季に入って雨が降っているせいか、
ダッカを離れる前の5月の方がずっと暑かった。


迎えの車で空港を離れる。


と、途端に左手に見えたものは・・・

道端に車を止めて、立ちションをする男


げっ、いきなり。


でも、そこは高速道路並みの車がびゅんびゅん走る幹線道路
そんなところで立ちションしてたら、車に轢かれますよーーっ。


そして、ふと右を見ると、
バスのまどから痰を吐く若い男


げげげっ。


しばらく行くと、前方の道路脇で、
熱心に鼻クソをほじくっているおっさんが・・・


Wellcome back to Bangladesh!!


いきなりの連発で、ダッカに戻ってきたのを実感した。


そして、これを書いている今、停電中・・・


さて、これからの1週間、どうなることやら。



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2008.07.23 引越し
今回ダッカに戻ってきたのは、引越しのため。

この夏で転勤というのは決まっていたのだけど、
急なアクシデントで、最後の数ヶ月の予定が大きく変わってしまった


夫は都合が悪くて来られなかったので、
私1人で引越しをしなければならない

ダッカに着いてから毎日、荷物の整理に追われた。

引越し自体は、荷造りも含めて、引越屋さんがやってくれるのだが、
引越し荷物はコンテナに入れて船便で送られるので、
当面必要なものは、今回持って帰る物と航空便で送るものに仕分けしなければならない。

それに、荷物を解いたときに整理し易いようにまとめたり、
捨てるものもたくさんある。


で、今日からいよいよパッキング。

午前9時に、監督1人とワーカー4人がやって来た。

それぞれにある程度の役割分担があるみたい。

ベテランさんは、グラスや食器類などの割れ物を担当。
経験の浅い若い人は、プラスチックや鍋物などの割れない物担当。

若い兄ちゃんは、ベテランさんが包んだものを箱に詰めたりもする。

パズルのように、ああでもない、こうでもないと、
入れたり出したりしているのを見ていると、

「いや、それは入らんだろう

と、思わず突っ込みたくなった


「エタ キ?(これ何ですか?)」
その若い兄ちゃんがベテランさんに聞いている。

見ると、炊飯器の箱。

ベテランさんは、じーっと箱を見つめて
「・・・ライスクッカー・・・」と教えていた。


またしばらくすると、
「エタ キ?」

ベテランさんは一瞥して、説明している。
「・・・・パニ(水)・・・・」

私の拙いベンガル語では、「パニ(水)」しか聞き取れなかったが、
「お湯を沸かすんだよ」と言っていたような気がする。

湯沸しポットだった。


若い兄ちゃんには、見たことのない台所用品がいろいろあるようだ。

なんかちょっとかわいくて、見ていてほほえましかった



バングラデシュの引越屋さん、実はちょっと不安だったけど、
手際よく、きちんと荷造りしてくれる。

引越しダッカ1 引越しダッカ2

日本の引越屋さんと似たようなテクニックだ。

いや、割れ物に関しては、もっと入念に包んでいるみたい。

ティーカップはハンドボールほどの大きさに、
グラスに至ってはラグビーボール並の大きさまでに膨らんでいる

そのまま放り投げても、これなら割れないかも・・・


ランチに1時間休憩しただけで、
夕方6時前までぶっ続けでの作業。

それで、1階の大部分が終った。


明日もう1日で、パッキング終了予定。


頑張るぞーーっ (って、もう私は見ているだけなんだけど…)



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
パッキング完了しました。

引越しダッカ3

これだけの荷物が、コンテナに詰められ船便で送られる

195箱/アイテム!!

来たときは234箱/アイテムだから、
とりあえず少し減った。

でも、日本の引越屋さんの方が小さくまとめていたから、
全内容量は大して変わらないのかも…。

荷解きを考えると、気が重いです



さて、いよいよ明日バングラデシュを離れます。

1年半という短い間だったけど、
同じ期間に日本やスウェーデンで経験するのとは
比べ物にならないほどいろいろな経験をしたような気がする。


正直に言って、最後までバングラデシュは好きになれなかった。

不満や嫌いな部分は山ほどあって、挙げると切りがないが、
まあ、今さらここで不満を並べ立てることもないだろう。

とにかく、日常腹の立つことが多くて、
自分がとっても嫌な人間になっていくような気がした。

ふと鏡を見ると、口角もすっかり下っているし… (えっ、それは歳のせい??)


最後になって、またまたびっくりしたのは、
こちらが何かを上げると、もっと欲しがるということ。

去年のマンゴー事件のときもそうだったけど、
こっちが好意であげているのに、
それに感謝するどころか、もっと要求するっていうのは、
どういう考え方から来るのかなあ。

ちょっと悲しくなってしまう。



まあ、そんなバングラデシュだけど、
それでも、いざ離れるとなると、
ちょっぴりセンチメンタルな気持ちも湧いてきたりして、
自分でもびっくり。

荷物を出してしまったあとの、がら~んとした部屋を見ていると、
ここに来た当初のことを思い出した。

あの頃は、まだ見るもの聞くもの興味深くて、
大変なことも面白がっていた部分もあったな、と。

それが、いつの間にか、大変なことは大変になった。
そして度重なると、我慢ができなくなった。

でも今、車から外の風景を見ていると、
日常というよりは、少し旅行者のような、
距離を置いた目で見ている自分に気がついた。

そういう目で見ると、バングラの人々の行為は、
やっぱり不思議で面白い。

バングラデシュにまた来ることは、多分もうないだろうけど、
何年かして、ここで大変だったことや、嫌だったことを忘れたら、
インドあたりになら旅行に行こうと思うかもしれないな。


さらば、バングラデシュ!!



さて、次の行き先は?という質問をいくつか受けました。

答えは、ジュネーブです。


このブログも、ダッカ編はこれで終わり、
9月からジュネーブ編がスタートする予定です。

また、よろしくお願いします。


それまでは、しばらく放浪生活続きます・・・



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
ストックホルムに戻ってきたら、最高の夏日

日中は30度近くまで気温が上がり、
でも湿気がないので気持ちがいい。

夜になっても、上着がいらないなんて、
こんな日は少ない。


朝、バルコニーに出たら、
あまりに気持ちが良かったので、
ちょっぴりヨガをする。

手元にヨガマットがないので、立ちポーズだけだけど、
海からの潮風を受けながらの朝のヨガは、
な~んて清々しいの

汚れたものが全て流れ落ち、心も体も洗われるよう。


こんな日は、外に出かけなきゃもったいない。

ダッカから戻ったばかりで疲れていたけど、
家にじっとしていられなくて出かけた。


ユールゴーデン(Djurgarden)のヴァルデマシュウッデ(Waldemarsudde)へ。

ここに、スウェーデンの王子ユーシェン(Prins Eugen)が夏を過ごした家があって、
中を見学できるようになっている。

Waldemarsudde1 Waldemarsudde2

この王子は、有名な画家でもあって、たくさんの油絵を残している。

家の中にも、王子が描いた風景画が何枚か掛けられていた。



水辺に出ると、対岸に、フィンランド行きのフェリーと並んで、
すっごく大きな客船が停泊していた。

Waldemarsudde3


なんと、「Queen Victoria」号!!


しばらくすると、岸を離れて出発。
あまりに大きくて、カメラに収まりきらない

Queen Victoria1 Queen Victoria2

すっごーーい。


いつも大きいと思っていた、フィンランド行きのフェリーが
今日は小さく見えるよ。


こんな市の中心部で、大小様々な船が行きかうのを、
のんびりと眺められるっていうのも、ストックホルムのいいところ。

ああ、気持ち良い


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2008.07.30 Saltsjöbaden
素晴らしい夏日はまだ続いている

Saltsjöbananというローカルな電車の終点
Saltsjöbaden(サルトショーバーデン)に行ってみた。

Slussen(スルッセン)から約30分。

ストックホルム市内への通勤通学に普通に使われている電車だけど、
単線でゴトゴトと牧歌的風景の中を走っていく電車に揺られていると
ちょっとした旅行気分に浸れる。


特になにをするわけでもなく、
のどかな風景の中、水辺をのんび散歩。

Saltsjobaden1Saltsjobaden2Saltsjobaden3Saltsjobaden4


カフェでラテとケーキを頂く

Saltsjobaden5


単線の電車にまたゴトゴト揺られて、帰った



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。