上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.04 カレダ逮捕
昨日の早朝、BNP党首カレダ・ジア前首相が、
次男のアラファト・ラーマン・ココと共に逮捕された。

もちろん収賄容疑。

この数ヶ月、ほぼ自宅に軟禁状態だったカレダ・ジア党首。
いよいよ逮捕に踏み切ったからには、なんらかの証拠をつかんだ、
のだろうなぁ??

カレダ党首の往年のライバル、アワミ連盟のハシナ党首も、
7月16日にやはり収賄罪で逮捕されたまま。
国会敷地内に特別に設けられた拘置所に拘留中。

カレダ党首も同じ拘置所に収監された。

これで、この15年間交代で政権を握ってきた女性二人が逮捕されたことになる。

もし有罪が確定すれば、
来年12月に予定されている選挙には立候補できない。

BNPとアワミ連盟という二大政党も、
党の体質を変えるいい機会かもしれない。

これまでに逮捕された元大臣らの有罪もどんどん確定している。

汚職にまみれたこの国の政治体制が、
これで少しでも変わればいいのだけれど。

今ここで、徹底してその体制を変えてしまわなければ、
きっとまたすぐに元に戻ってしまうことになりかねない。


さて、今の暫定政府がそこまでできるか。
そして、国民がそれまで我慢できるか…。


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
8月のダッカ大学で起きた暴動とその後の外出禁止令の真っ只中、
その騒ぎの影に隠れてほとんど気づかれなかったであろう驚愕の報告記事が…。

「ダッカ市のビルの90%以上が規定を無視して建てられている」

というもの。

90%以上という数字にびっくり


バングラデシュには「Rajuk」という建築許可を出す機関がある。

報告によると、なんとこの「Rajuk」の役人および職員は、
新しい建物の設計に許可を出すのに、
毎年2億~2億5千万タカ(約3億3千万~4億1千万円)
賄賂を受け取っているという。


賄賂を渡す理由は、

53%が不必要な遅延を避けるため、
22%がハラスメントから逃れるため、
13%が障害を避けるため…。

完全に立場を利用していじめを行っているわけですね。


そうやって得た設計の許可。
にもかかわらず、最初に述べたように90%以上が、
許可を得た設計通りの高さだとか
道路からの距離だとか
駐車場の数だとか、
そういうものを一切守らず建設しているというのだ。

私達が住んでいるグルシャン地区やその近くのボナニ地区に至っては、
なんと98%が建築法を無視して建てられているらしい…


一体どういうこと??

結局守らない許可ならば、賄賂を払って得る必要があるのか??

許可を出すためにもらう物だけもらっておいて、
その後のチェックを行わない「Rajuk」の存在意義とは???

現暫定政府は、違法建築の撤廃にも力を入れていて、
そのような建物を既にいくつも破壊している。

賄賂→違法建築→破壊

この図式はなに?

建設業界というのは、賄賂が付き物という感はあるけれど、
ここまでお金を無駄にしてもいいものだろうか?

そして残念なのは、建設業界だけじゃなく、
社会のいろんなところで同じような図式があるってこと。


世界の最貧国の一つであるバングラデシュ。
無駄にするお金なんてないはず。

こういうニュースを目にするたびに、
なんともやるせない気持ちになる。

いや、腹が立つ

いろんな国がバングラデシュに援助をしている。

いろんなNGOやボランティアが、この国の人のために働いている。

なのに、この国の人たちがこんなことでいいのか??

驚きとともに悲しくなるニュースだった
私の過剰反応だろうか?


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
各国大使館では、ナショナルデーのレセプションが盛大に行われる。

このナショナルデーは、国によって独立記念日だったり、
国王・女王・天皇の誕生日だったりする。
(日本は天皇誕生日をナショナルデーとしている。)


昨日、ダッカ市内のホテルで、
北朝鮮のナショナルデー・レセプションが行われた。

土曜日の夜だったけど、北朝鮮というので、興味津々で出かけていった。

ホテルの宴会場で行われたレセプションは結構盛大なもので、
色とりどりのチマチョゴリを来た女性もちらほら。

北朝鮮大使館の人らしき人たちは皆、キム・イルソンのバッジを胸につけていた。

夫のストックホルムでの経験から、あまり大した料理は出ないだろうと
家で食べてから出かけたら、たっぷりの料理が出ていた。
韓国料理じゃなくバングラ料理だったけど…。

ゲストに何故かバングラ人男性が多かったということと、
会場で北朝鮮およびキム・ジョンイルの映像がずっと流れていた、
ということ以外には、
他の大使館のレセプションと特に違っていることはなく、
期待(?)したほどの特筆すべきことはなにもなかった…


ただ、会場でちょっとおもしろいものを発見。

キム・ジョンイル著の学術論文(?)、
「社会主義は科学である」
North Korea1


と、

ナショナルデーを記念しての北朝鮮の(宣伝)記事。
North Korea2


日本でも、ジャパンタイムズなどに、
ナショナルデーを記念してのその国の宣伝記事が掲載されることはよくあった。

でも、せいぜい1面、あるいは見開き1面だった。

この「BLiTZ」という新聞は初めて見たけど、
なんと見事に8ページを割いている。
全16ページなので半分だ

一体どういう新聞なんだろう???
こういう新聞です。


会場はやたらと冷房が効いていて、あまりに寒かったのと、
特におもしろいことは起こりそうにもなかったので、
小一時間ほどで会場を後にすることになった。


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.09.11 Gの悲劇
ほんの数時間前のできごとである。
(注:食事中の方は読まないでください…。)


夕食を終えて2階の寝室に戻ってきた我々夫婦とポカラ。

最初に部屋に足を踏み入れた夫が、
「あ、ゲッコー!」

後ろから除くと、小振りのゲッコーが床をちょろちょろと…。

と、それまでてろてろ歩いていたポカラが、
目にも留まらぬ速さで、
阻止しようとした夫の足元を抜け、
ゲッコーめがけて飛び出した

「きゃーーーっ!!」(←私の叫び)

パクッ!!

食った…。

「いやーっ、いやーっ、いやーーーっ!!!」(←引き続き私の叫び)

「食べたの?本当に食べたの??」

すると、

ポロッ…。

ポカラの口からゲッコーが落ちた。

悶絶するゲッコー。

「いや~~~っ!!出したーっ!」

またもや阻止しようとする夫より素早く、

パクッ!!

また、食った…。

「やめてくれ~~っ

そして再び、

ポロッ…。

パクッ!

見ると、今度は床にゲッコーのしっぼだけが…。

「げーーーっ

追いかける夫に、逃げるポカラ。

そして、ポロッ。

見るも無残な姿になったゲッコーを、
今度は素早く夫が拾った。


その間、私はというと、
あまりの突然のできごとに、
ショックのあまり涙がボロボロこぼれ、
部屋の隅で「キャー、キャー」叫んでいたのであった…。


その口で、舐めんなよ~~っ

と、どうしてもポカラを避けてしまう私…。

そんな私の気持ちを知ってか知らずか、
しばらくはずっと夫の後をついて回っていたポカラ。

今は私達の足元で、
久々の狩猟に疲れ、
イビキをかいて寝ているのであった…


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ

よそ様の子を預かっているというのに、すっかり親バカになっている私。
ポカラが来てからというもの、撮ったのはポカラの写真ばかり。

せっかくなので、日記風アルバムにしてみました。


ボール遊び?興味な~い。
ポカラとボール


好きなのは指しゃぶり、ならぬ、足しゃぶり。
全部口にはいっちゃうもんね。
ポカラおしゃぶり


集中しているから、誰が何を言っても聞こえない。

あ、でも食べ物は別。
きなこマダムはいっつもお菓子を食べている。
隠れて食べても、絶対分かるもんね。

一番かわいい顔でおねだり。
チョーダイ。
ポカラおねだり1


チョーダイってば~。

ポカラおねだり2


お腹をさすってもらうのも大好き。
ポカラ腹出し


あんまり気持ち良くて寝てしまうことも。
でも、そのときの顔が怖いんだって。そう??
ポカラ恍惚



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
ポカラは1日の大半を寝て過ごす。

誰かがそばにいればそれで安心するみたい。

ソファの足元でうたた寝していても、こうしてサンダルを確保しておけば、
こっそりお菓子を取りに行く時も気がつくんだもんね。
ポカラサンダル


みんなが寝るときは、ポカラも自分のベッドで寝る。
ポカラ寝姿1


リラックスしているとこんな寝姿に…。
ポカラ寝姿2


でも、ベッドで寝ているとは限らない。
ポカラ寝姿3


なぜここに??

ベッドから這い出したものの、力尽きてダウンか??

夜中にベッドにポカラがいないと思ったら、こんな所で寝ていることも?
ポカラ寝姿4


ふあ~ん。

ポカラを見ているとこっちまで眠くなってくるよ…


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.09.18 ヨガ
先週の金曜日、突然風邪を引いた。

前日まで何の前兆もなかったのに、
朝起きたら猛烈に鼻の奥と喉が痛かった

それでも7時にポカラの散歩に出かけ、
朝ごはんも食べさせてから、
もう一度寝た

昼ごろ再び目が覚めると、症状は良くなるどころか悪化していた。
日本から持ってきている風邪薬を飲んでまた寝る


バングラデシュは金曜日からラマダンに突入したけど、
そんな訳で金曜日から一歩も外に出ていないので、
外の様子が分からない。

ラマダンについては、また改めて書くことにして、
今回はまたポカラの写真でごまかそう…


最近さぼり気味の私に代わって、ヨガをするポカラ。

ワニのポーズ。
ワニのポーズ


ハトのポーズ。
ハトのポーズ


ネコのポーズ。
ネコのポーズ


コブラのポーズ。
コブラのポーズ


目覚めると必ずこのネコのポーズとコブラのポーズをする。
確かに体が伸びて気持ち良い。


暇をもてあましている昼下がり。

あ~、かったりぃ~。
だら~



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
第二の犠牲者が出てしまった…。

昨日の夜、自分のベッドで寝ているポカラを
「かわいいの~」と眺め、
そ~っと近づいた時のことであった。

ポカラにそっと手を伸ばした途端、
ぱっと飛び起き駆け出したポカラ

一瞬、私を避けたのかと思った。


あ~、しかし…。

現場は目撃しなかったものの、
何が起こったのか一瞬にして理解した私…

そう言えば夫が、
「赤ちゃんゲッコーがいるよ」
って言ってたっけ…。


見ると、口をもぐもぐさせているポカラ。

スタスタと自分のベッドに戻り、
ベッドの上にペッ


見るとそこには、
あ~哀れ、
息絶えたわずか2センチほどの赤ちゃんゲッコーが…

やっぱり食べはしないらしい。


本能だから仕方ないと思いながらも、

「なんで食べないのに捕るんだよ~」

「こんないたいけな赤ちゃんなのに~」

「なんでだよ~、なんでだよ~」

と、ぐちぐち言ってしまう私…。

ポカラは心なしかしょんぼりしている様子


こういうのって怒っちゃいけないのだろうか?

それとも「捕っちゃいけないよ」と教えてもいいのだろうか??



「お手」をしているポカラは、こんなに愛らしい顔をしているのに…。
ポカラお手



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ

2007.09.20 お尻フリフリ
先週の金曜日に突然発症して1週間
だいぶんマシにはなったものの、
鼻水は収まらず、少し動くと疲れる。
なんともしつこいバングラの風邪である。

なのに食欲は衰えず…
(私の食欲が無くなる時はかなりの重症。)
家でゴロゴロしているのにこの量を食べていていいのか?


引き続きほとんど外出していないため、ブログに書くネタがない
ゆえに、犬に関心のない方には非常に申し訳ないが、
またまたポカラである…

これじゃあ、子供が生まれた途端、子供の話しかしなくなる、
私が(ひそかに)苦手とするタイプの人と同じじゃないか…。
しかし、背に腹はかえられぬ(なんのこっちゃ)。


家にいることが多いので、
必然的にポカラと一緒にいる時間が長くなる。
ポカラが寂しくなくていい、と思うかもしれないが、
ずっと一緒にいるとどうも有難みが薄れてくるようだ

しばらく外出して帰って来ると、
ポカラは、飛びつき抱きつき舐めまわし、
喜びを体いっぱいに表す
しっぽは振らない(無いから)。

興奮し過ぎて呼吸がぜーぜー。
気管支が弱いのでゴホゴホ咳き込む。
それでも尚、必死に飛びつくポカラ。

その後はどこに行くのもくっついて来る。
くっつき過ぎてつまずきそうになるほど。

ところが、しばらく一緒にいると安心するのか
ワガママになるのである。

呼んでも無視。
チラ見して別の方向に行くこともある。

いい根性してるじゃないか


実は、最近あることに気がついた。

私と夫がハグをすると、
ポカラが「僕も~~っ!」と駆け寄り、
必死に抱きつくのだ

なので、呼んでも来ないような時は、
「ポカラ!」
と声をかけて、わざとハグを見せつける。

すると、何をしていても必ず走ってきて飛びつく

これって、嫉妬?
どっちに??


さて、親バカが高じて、とうとう動画まで撮ってしまった。
といっても、カメラでだけど。

階段を降りるポカラの姿がおもしろいので、撮ってみました。




ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
ポカラは、あまり活動的な犬じゃないので、
普段は私達にかまってもらおうということもなく、
たいてい自分の足をしゃぶっているか、寝ているか

でも、ひとりぼっちになるのは嫌みたいで、
私達の動きには非常に敏感である。

なので、いつも私達のすぐそばに陣取って寝ている。


さて、うちの家は床が石なので、私達は家の中でサンダルを履いている。
でも、ソファに座っている時などは脱いでいることが多い。

すると、ポカラがそのサンダルの片方を押さえて寝ていることが多いのだ。


サンダルが好きなのか?

うっかり寝てしまっても、置いていかれないようにするためか??


サンダル確保!
サンダル1


ボスのサンダルもがっちりキープだ!!
サンダル2


あの~、よだれでサンダルよごさないでね…
サンダル3



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.09.24 危険な食べ物
生活の衛生面では非常に問題のあるバングラデシュ。

特に食に関しては危険極まりない。

普段外で見かける屋台なんかは、見ているだけで病気になりそう。

使っている食器類は、もちろん流水なんかないから、
バケツにためた水でささっとすすぐだけ

揚げ油なんて、何回使ったか分からないような
真っ黒のを使っていたり

ちょいとその辺で用を足して、そのまま手を洗わず
野菜を切っているところも目撃した


食の安全や衛生に関する知識がない上に、不正も行う。

今はちょうどラマダン(断食月)で、
イスラム教徒たちは日中は何も口にしないのだが、
日の入りのお祈りと共に、「イフタル」と呼ばれる軽食を取る。

軽食と書いたが、実際には揚げ物が多く、
甘~いスウィーツ類もあったりして、
かなり胃にもたれそうなものがいっぱい。

まあそれはともかく、
この「イフタル」は一種のお祭りみたいなもので、
家族そろってその日の断食を終わりにする大切な食事だ。

レストランの多くは、ラマダンが始まると同時に、
特別な「イフタル・メニュー」を売り出した。
また、夕方になると、テイクアウト用のビュッフェを
店の外に出したもする。

こんな感じ。
イフタル


ところが、このテイクアウト用の「イフタル」を出すのは、
レストランだけじゃないらしい。

特別収入を得ようと、この時期に店を出す輩が増えるらしい。
要するに誰でも店を出せる(みたい)。

こういう店は、上記のような不衛生な環境で調理しているだけじゃなく、

例えば、揚げ物をサクッと仕上げるためにエンジンオイルで揚げていたり、

色をつけるのに有毒な化学染料を使っていたり、

パフライス(ポン菓子みたいなの)を白く見せるために尿素を使っていたり…

こんな様子らしいです…

多分、それらがどれだけ健康を害するのかという知識がないのだろう。


ただ、こういうことだけなら、
地元の人には悪いが、
私達はそういう店で食べないという選択ができる。

もっと怖いのは、
私達も知らない間に有害物質を取り込んでいるかもしれないということ。

野菜の生長促進のために化学肥料を大量に撒いたり、
収穫した後の果物を早く熟させるために薬をかけたり、
魚の見かけの鮮度を保つためにホルマリンを使ったり…

こういうニュースが後を絶たないのだ。

でも、こんなことを考えていたら、ここでは何も食べられなくなる。

「食べ物に付着した有害物質が、実際に体に影響を及ぼすのは、
何年も続けて摂取したときなんだ!」

「1年や2年住んでいるだけなら大丈夫だ!!」

と、自分に言い聞かせて、食事の時には考えないようにしている。


いや、ホント、この国には長く住みたくないものである。


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
ダッカに来てからテニスに燃えている

ダッカでは極端に娯楽が少ないせいか、
在留外国人の間では、自国に比べて安くできる、
ゴルフやテニスが人気だ。

この機会にゴルフを始めるという手もあったが、
ゴルフクラブや靴などの初期投資が必要ということもあり、
学生時代にやっていたテニスを再開することにした

中・高・大とテニス一筋(?)だった私も、
最初に就職した銀行を辞めてからは、
それこそ数えるほどしかしておらず、
結局ラケットやウェアも買い換えるはめになった。

そして今。
十数年ぶり(!!)にテニスの試合に出ることになったのである。

ダッカには、いくつかの会員制クラブがある。
ほとんどは外国人用のクラブで、
在留人数の多い国は自国のクラブを持っている。
もちろん大抵のクラブは、他の国の人も会員になれる。

この会員制クラブ間のテニストーナメントが今週から始まった。
年1回のインタークラブ・テニストーナメントである。

レベルの高い方からABCの3つのクラスがある。

私が会員になっているNordic Clubは、テニス人口が多く、
Aクラスが1チーム、Bクラスが2チーム、Cクラスが2チーム出場。

私はB-1チームに入っている。

昔の仲間、特に大学時代の監督やチームメートが聞いたら、
「なんでAと違うねん
と怒られそうであるが、
昔取った杵柄も、こうブランクがあっては錆付いているというもの。
B-1ぐらいがふさわしいであろう。

比較的人数の確保が容易なBとCクラスは、
女子ダブルス1組、男子ダブルス2組、ミックスダブルス2組で戦う。
各試合は8ゲーム先取の1セットで行われる。

基本的に週1回夜に、ホームかアウェイで試合をする。
応援に駆けつけてくれる人も結構いて、
ビールやワイン片手に、ちょっとしたお祭りムードである

Bクラスは、9クラブから計12チームが出場、2グループに分かれている。
予選リーグは、各グループ内で総当り後、別グループの3チームと対戦。
上位8チームが決勝トーナメントに出場する。

さて月曜日夜の第一戦。
我がB-1チームはアウェイでDutch ClubのB-2チームと対戦。
4-1で我がチームの勝ち。
私は女子ダブルスに出場、8-3で勝った

久々の試合で緊張していたというのもあるだろし、
試合だから気合が入っていたというのもあるだろう。
情けないことに、翌日筋肉痛に悩まされた…

普段の練習のときも、試合形式はとっているけれど、
こんな筋肉痛になったことはない。
いかに適当にやっていたか…、ということかしら??

来週は、ホームでInternational Clubと対戦だ。
ガンバロー


本文とは関係ないけど、ポカラの写真
ご機嫌ナナメなむっつり顔。ブサイク…。
不機嫌ポカラ


ご自慢のおねだり顔とはエライ違いだ。
ご機嫌ポカラ



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.09.29 断食の意味
ラマダンに入って半分が過ぎた。

うちは使用人は全員ヒンズー教徒だし、
身近に(敬虔な)イスラム教徒がいないので、
断食の様子を近くで観察することができないのだが、
だいたいこんな感じらしい。

まず、夜明け前に食事を済ます。

夜明けのお祈りの後は、日中は一切飲み食い禁止。
ただ、重労働者や妊婦などは許されているらしい。

暑いバングラデシュのような国だと、
日中水も飲めないというのはかなりきついだろう。

でも実はこっそり飲んでいる人もいるみたい

大通りからははずれた横道に、
ところどころ青いシートで覆われた
なんだか怪しげな屋台みたいなのがある。
中で人がごそごそ。
そういうところでこっそり飲んでいるのね

そして、日の入りのお祈りと共に
イフタルという軽食でその日の断食を破る。

それに間に合わせようと、夕方4時過ぎごろからは、
家路を急ぐ人で道路はごった返す

そして、日の入りのアザ-ンが響き渡る頃(今なら6時ちょっと前)になると、
道路は閑散としている。


さて、ではなぜ断食をするのか?

一般的には、

「飢えを感じて貧しい人に思いを寄せるため」

「極限状態を経験して忍耐力をつけるため」

などと言われることが多い。

確かに、ラマダンの時期は、いつもよりも施しをする人が増える。
またそれをあてにして、物乞いをする人も増える。

いつも物乞いが集まる交差点も、
田舎の村から出てきているのか、普段は見慣れない人もたくさん。
子供の数もいつもに増して多い。

それを見ながら、私は思う。

ラマダンの間、多くの人に施しをして、
それで徳を積んだと思えるものなのだろうか?

貧しい人に施しを与えても、
それは一時的な飢えを凌ぐことにしかならない。

本当に貧しい人に思いを寄せるなら、
貧困を撲滅する努力がもっとなされてもいいのじゃないか??


また、本当に忍耐力が養われているのだろうか?

どちらかというと、ラマダン中は日中空腹でイライラするのか、
けんかなどが増えるらしい。

それでなくても、なにかと興奮しやすいバングラの人たち。
コントロールがきかなくなることも多い。

例えば、強盗や泥棒などを見つけて、
犯人を捕まえに行った人たちが、
そのまま犯人を殴り殺してしまう事件が後を絶たない。

毎年、断食で鍛えても、あまり効果はないみたい…。


はて?

本当の断食の意味って、なんだろう?

もっと深い宗教的な意味?

あるいは、もっとお祭り的な行事??

ラマダン中は、就業時間も短くなるし、
毎日のイフタルだってお祭りみたいだし、
ラマダンが終われば盛大なイードのお祭りが待っている。

やっぱり「お祭り」なのかな~??


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。