上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.01 晴れた!!
昨日の天気予報は見事にはずれ、晴れましたよ~、やっと!


しかし…。


そうとは知らず、今日は午後2時から4時という中途半端な時間に洗濯室の予約をしていたので、どこかに出かけるのもままならず…。
(スウェーデンの大抵のマンションは、共同の洗濯室があって、時間を予約して使えるようになっています。)


それでも、夏場は日の長いスウェーデンのこと、洗濯が終わってから家の近所に散歩に出かけました。

夫の実家はヨーテボリ市の郊外にあり、家の周りにはまだまだ自然がいっぱいあります。

10分も歩くと小さな湖に出ます。

魚釣りをしている人や、岸辺でバーベキューを楽しんでいる家族。
それぞれがお互い邪魔をしない範囲で楽しんでいます。

青空を映し出す水面。
湖1


澄み渡る空気。

頬をなでる冷たい風。

湖2


鴨のつがいやガチョウの家族が泳いできました。
湖3


その姿をただぼーっと眺めているだけで、ほんわかとした幸せな気分になります


なんて平和…。


これぞスウェーデンの夏です。


ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
今日(7月1日)は、私達夫婦の12回目の結婚記念日

12年前の今日、ここヨーテボリのカテドラルで式を挙げました。

もうあれから干支が一回りしたんだわね~。
時の経つのは早いもんだ…

素敵なレストランでロマンチックなディナーを、と思ったのですが、なんと、良さそうなレストランは軒並日曜日の営業をしていません!!
何で??

仕方が無いので、明日レストランでお祝いすることにしました

今日は、お天気もイマイチだったので、家でだらだらと過ごしてしまった…。
そんなもんね、12年も経つと…

明日のディナーを楽しみに、今日は寝ることにしましょう。

明日晴れるといいな~


ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.07.04 Fond
さて、昨日1日遅れで結婚記念日のお祝いをしました

あいにくの雨で、式を挙げた教会へ行くのは止め(時間が無かったせいもありますが…)、まずは映画を見に行きました。

「オーシャンズ13」

もっとロマンチックな映画はなかったのか???

はい、ありませんでした。

これか、「ダイ・ハード4.0」か、という選択肢なら、どちらを選びますか???

映画の感想は…、あまりありません。
いつものごとく豪華なキャストと派手な設定で、単純に娯楽映画として楽しめます。

私は「12」を見ていないんですが、やっぱり最初の「11」の方がおもしろかったですね。
これも世の常か…。


そして映画の後は、「Fond」というレストランへ。
スウェーデン産の食材をたっぷり使ったモダン・スウェーデン料理。
このレストランは、ミシュランで1つ星をもらっている、ヨーテボリでは数少ないレストランの一つです。
Fond1 Fond2


全面ガラス張りの明るくてシンプルな店内。

夏のバケーションの時期であるということと、月曜日の夜ということもあってか、席は半分もうまらない程度。
なので、夏のこの時期は、いわゆる高級レストランは閉店する店が多いです。
このレストランも、7月6日から8月12日までは閉店だそうです。

まずはシャンペンで乾杯し、ゆっくりとメニューを選びます。
Fond パン
その間に出されたパンもおいしい♪
5種類のパンの中から自由に選べます。
普通のバター、ホイップバター、山羊のソフトチーズを添えて。

まずいパンを適当に出すレストランは、それだけで私の中では失格です。
おいしいパンを出すところは料理もおいしい!
でも、ついつい食べ過ぎて料理に差し支えるのが難点ですが…。

さて、昨日食べたものは…。

前菜:
Fond lojrom 私は典型的スウェーデン料理で、「Lojrom」というキャヴィアの一種。
 細かく刻んだたまねぎとサワークリームを混ぜて頂きます。
 マイルドな味のサワークリームがキャビアの塩気を緩和してくれて、
 それをパンに乗せて食べると、う~んおいしい♪
 魚卵好きの私にはたまらない一品です。
 シャンペンがまた合います!

Fond salad 夫が注文したのは、軽~く炙ったタラの身とエビのサラダ。
 タラは背中の部分の良いところを使っているらしく、炙ってあるとは
 いうもののほとんど刺身に近い。
 タラの刺身って食べたことないけれど(刺身ってあるのか?)、
 ちょっとこりこりした感じと適度な塩味が美味。
 あっさりして夏らしい一品。

私は引き続きシャンペンを。
夫は南アフリカSterhuisのソーヴィニヨン・ブラン。
軽くて辛口なのにとってもフルーティ。
後口がとても爽やかなワインでした。
さっぱりしたサラダの邪魔をしないぴったりのワイン。

メイン:
Fond spatta 私は、カレイのフライに、スモークしたランゴスティンと炒めキャベツ。
 こう書くとなんか庶民的な一品のようですが、それは私の表現力のせい。ご覧の通り上品な一皿ですよ。
 割とあっさりしたカレイのフライは、軽くソテーしたキャベツと一緒に
 食べると一段とおいしい。
 うまく考えてあるものだな~、と感心。
 スモークしたランゴスティンは、ちょっと塩味が勝っていたかな。
 私は塩茹でしたものの方が好き。

Fond lamb 夫は、ラムのショートロイン(鞍下肉)のロースト。
 付け合せはアスパラガスと牛乳で煮たガーリックのピューレ。
 ラムのショートロインは、ほとんど脂身のない赤身、
 なのにとっても柔らかい。
 臭みは全くと言っていいほどなく、子牛肉に近い。
 ラム好きにはちょっと物足りないかもしれないけど、おいしいです。

ワインは、私は夫が前菜で飲んだのと同じ南アフリカSterhuisの、今度はシャルドネ。
やはりフルーティだけど、ソーヴィニヨン・ブランより重めで深い味わい。
夫はスペインの赤ワイン、だけど、この頃には程よく酔いも回って、名前は忘れてしまいました…
どこかで嗅いだような懐かしい香り。
私はブロッコリースープのような香りだと思ったのですが…、変??

この時点でお腹は一杯…、だったのですが、ここはやはりデザートも逃せません。

Fond creme caramel私は、クリーム・キャラメル。
メロンのシャーベットとスイカとメロンのキューブが添えてありました。
クリーム・キャラメルはかなりキャラメルの味が濃くて、ちょっと重い感じ。
私はもっとバニラの香りの強いプリンの方が好きだな~。

Fond chocolate
夫はチョコ・トリュフ。イチゴとラズベリーのマーマレード(ジャムのようなのじゃなく、ゼリーのようなもの)付き。

夫はカプチーノ、私はダブルのエスプレッソで締め!

全体として、デザート以外は大満足でした。
ワインも、それぞれの料理のおススメだけあって、料理にも合っておいしかった。
サービスも◎。
★★★★☆

残念ながらスウェーデン語のみですが、このレストランのHPはこちら
写真を見るだけでも楽しいかも。

メニューだけは英語があるので、ご興味のある方はこちらをどうぞ。
一つ一つ丁寧な説明がついています。


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
大体いつもお天気には恵まれる方なんですが、どうしたことか、今回は本当にお天気の神様に嫌われているらしい…

本当は今日はIKEAに行くつもりだったのが、朝起きたらめずらしくお天気が良かったので、これはこのチャンスを逃してはならぬと、急きょ植物園へと行き先を変更。

ところが、トラムに乗って市の中心部に着いた途端、雨…

ちょっと待てば止みそうな空模様ではあったけど、上がってもすっきりとは晴れなさそうな雲行き。
雨の中植物園に行っても楽しくはないよな~。

というので、またまた予定変更。
映画を見ることにしました!

「ダイ・ハード4.0」

実は私、「ダイ・ハード」好き
過去3作は全て劇場で見ているし、テレビで放送された分も合わせてどれも複数回見ています。

ダイナミックな設定と現実離れしたアクションが飽きない。
そしてなんと言っても、善が最後に勝つと分かっているので安心して見られる
見終わった後にすっきりするところが気に入っています。

さて、今回の相手はサイバーテロ。
今の時代、これは当然の設定でしょう。
アナログ刑事のマクレーンがハッカーのファレルの手助けを得てこれに挑む…。

全体的には、残念ながら代わり映えしないという印象…。
しかも、サイバーテロなので、当然のことながらコンピューターを扱うシーンが多い。
テロの仕掛けも、それを防ぐ方も、コンピューター内のことだからそのプロセスが見えない。
キーボードをカチャカチャやっているだけなんだもの…
その代わり、アクションシーンがかなり大掛かりで激しいんだけど、過去の3作品と比べると、なんとんな~く物足りなさが残る作品でした。

私もアナログ人間なのかな~??

ハッカーのファレル役をやっていたジャスティン・ロングという役者がキアヌ・リーブス似で、オタクの役なのに個人的には好感度大でした。

もう一回見たいかと聞かれると、う~ん、別に見なくてもいいかな…。
見るなら過去の作品の方が見たい。
「3」の「Simon says…」が個人的には結構好きです。

映画の後、雨が上がっていることを期待していたのですが、ここでもまた裏切られました…
上がっているどころか雨足は更に激しさを増している様子。

映画館の入口でしばらく雨宿りしていると、鳥も雨宿りしていました…。
鳥の雨宿り


傘は持っていたけど、この雨ではどこに行ってもつまらないので家に帰ることにし、少し小降りになった時を見計らって停留所へ。

するとちょうど雨宿りしていた鳥も飛び立っていきました…


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.07.08 「Pasta+」
先日パスタが食べたくなって、「Pasta+」と言うイタリアンのお店に行きました。

ここは、私がヨーテボリに住んでいた最後の年ぐらいにできたお店。
なので、できてもう10年ぐらいは経つでしょうか。

当時の職場に近く、たまたま見つけて入ったお店。
ヨーテボリとしては画期的に本格的なイタリアンのお店で、まだオープンしたばかりのようでした。

最初に出されるパンはまあ普通のパンなのですが、オリーブがとってもおいしい♪
しかも、3~4センチはありそうな巨大なオリーブなのです。

パスタのメニューだけで20種類以上もあって選ぶのが大変なのですが、その時は、スウェーデンではとってもめずらしい、ソースにイカ墨を使ったパスタにしました。
ウエイターがちょっと心配気に、「これはイカの墨を使っていて真っ黒で…」と説明。
「知っているから大丈夫よ」と私は答えましたが、多分スウェーデン人だったら「イカ墨」と説明されても分からなかったことでしょう。

私はこのイカ墨のパスタを気に入って、その後も何度か食べましたが、しばらくしてメニューから消えました…
多分スウェーデン人には人気なかったのでしょうね~。

初めて行った時、当時通っていたスウェーデン語のクラスで一緒だったイタリア人の男性がウエイターをしていて、食前酒にベリーニや食後にはカプチーノまでサービスしてくれて、すっかりファンに。

そんなに宣伝はしていないようでしたが、おいしいという噂はすぐに広まり、いつも満員御礼状態に。
そうなると、食前酒やカプチーノのサービスはもちろんなくなりました…。残念。

3~4年前に久々に行った時には、まずあまりの量の多さに愕然。
味も今一つで、がっかり…
半分ぐらい残してしまいました。

そして、先日。
他に良さげなレストランも見つからず、思い切って行ってみました。

7時前に入った時には、かなりガラガラで一抹の不安が…。
ところが、7時を回った頃から続々と客がやってきました。
結構流行っていそうで安心。

量は多いとみて、前菜も無しにパスタのみを注文。

Pastaplus1私は、「TRENETTE AI FRUTTI DI MARE」
リングイネより少し太めのパスタに、魚介のトマトソース。
パスタは私にはちょっと柔らか過ぎ。
魚介は、大きなランゴスティンのグリルが乗っていて豪華に見えるけど、
中に入っているのはほとんどがムール貝で、後は小さなエビとイカの
かけらが少し。ちょっと寂しい。
まずくはないけれど、途中で飽きてしまう味でした…。

Pastaplus2夫が注文したのは、「PAPPARDELLE AL LIMONE E SCAMPI」
2~3センチの太いパスタに、たくさんのザリガニの身とルッコラ。
オリーブオイルとガーリックに白ワインとレモン汁で味付け。
レモンの香りがとてもさっぱりとしておいしい一品でした。

いつものことながら、ここでお腹が一杯だったにも関わらず、どうしても久々にティラミスが食べたくなって注文。
でも出てきたティラミスを見て後悔…。

デ、デカイ!!

Pastaplus3 ところが、一口食べて、あれっ?
 軽いっ!

 甘さも控えめでおいしいじゃありませんか。
 2人で(ってほとんど私だけど…)ペロッと平らげてしまいました

夫はカプチーノ、私はダブルのエスプレッソで締め。

前回に比べ、量も食べきれないような量じゃなくなったし、味もまた良くなった感じ。
このまま、また頑張って欲しいレストランです

レストランのHPはこちら


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.07.09 ゆぞ??
Yuzo

「Lakerol」という小さいグミのようなお菓子。
3cmx4cmぐらいの小さい箱に入っています。

元々はのど飴を作っていたらしいのですが、その後はどちらかというとブレスケアのようなものに。
味もミントとかカシスとか10種類以上あります。

今回みつけたこれ。
箱には「YUZO」と書かれていますが、シトラス系のフルーツの絵もあることだし、
やっぱり「ゆず」だよね?と思って思い切って買ってみました。

確かに「ゆず」の味。

おいしい

結構気に入りました

でも、なぜに「ゆぞ」?


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
と~っても久しぶりに「IKEA」に行ってきました。

最近オープンしたばかりのヨーテボリ2号店。
青と黄のスウェーデンカラーが鮮やかです。
IKEA1


IKEAの店の特徴は、キッチン、リビング、寝室、子供部屋など、各部屋ごとにいくつかのモデルルームを作って見せているところ。
見て回るだけで楽しく、アイデアもたくさん得ることができます。
しかも、展示されている物は、小物に至るまでほとんどIKEAで買うことができるのです。

また、ところどころに、平均的スウェーデン人の住まいを再現して見せているのも興味深い。
例えば、夫婦と赤ちゃん1人の世帯の57平米の住居とか、1人暮しの若者の24平米の住居とか…。
テレビやパソコン、オーディオ以外は全てIKEAの家具と小物で占められています。
これら見本の住居は、もちろん限られたスペースを最大限有効に活用しているので、現実の自分達の家ではなかなか真似はできませんが、それでもいくつかのヒントは得られることでしょう。

なので、何も買わなくても、見て回るだけでも結構楽しいもんです。

私達はあまり荷物になる物は買えないので、スウェーデンカラーの青と黄、そしてクリスマス用に赤の3種類の紙ナプキン(50枚入り19クローナ!)と、布が簡単にカーテンになる(?!)クリップ、義母に頼まれたラグ1枚を買っただけ。

IKEA2最後に食堂でスウェーデンミートボールを食べました。
中のセット(ミートボール15個と茹でじゃがいもにブラウンソース、リンゴンベリージャム添え、サラダと飲み物、コーヒー付)が49クローナ。
今のレートで日本円にすると800円ぐらいだけど、実際には500円ぐらいの感覚なので、かなり安いですね。
ただ、ミートボール15個はちょっと多かった…。
小(10個)でも良かったな~と後悔しましたが、悔しいので12個まで食べました…。

いつも長~い列ができるレジですが、画期的なシステムが取り入れられていました。
購入商品の数が15個以内でカードでの支払いのみという制限付きですが、全てセルフサービスのレジ。
つまり、自分でバーコードを読み込ませ、商品を袋に詰めて、カードで支払いを済ませるというもの。
結構簡単で、早く済み便利。
読み取り機械4台に1人の割合で、店員が付いていました。
レジの人件費が4分の1で済む計算ですね。
合理化、合理化。

IKEA3レジを出たところに、カフェテリアと食品を売っているコーナーがあります。
そこで、スウェーデンの民芸品のダーラナ馬を模ったゼリー菓子を買いました。
チョコレートもあったけど、重いので今回は断念。

不思議だったのは、久々のIKEAが意外に小さく感じたこと。
私が大きくなったのか???と思ったら、私の思い出にあるIKEAが大き過ぎたようです。
最後に行ったのは多分8~9年前だと思うのですが、その時に行ったストックホルム郊外の店がなんと世界最大店舗だったというのを後で知りました。
道理で大きいはずだ…。

私は結局日本のIKEAには行けずじまいだったのですが、どのくらいの大きさなのでしょう??
IKEA日本のHPを見たら、スウェーデンのと全く同じ作りなのですね~。
当たり前なのかもしれないけど、ちょっと感動しました。


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.07.13 恒例行事
3週間のヨーテボリ滞在も残りわずかとなりました。

いや~この3週間、本当にず~っと雨でしたね~
スウェーデンの南部では浸水しているところもあるらしい…。
こんなヒドイ夏もめずらしい。

お陰で地中海方面への旅行が飛ぶように売れているそうです。
南ヨーロッパは逆に猛暑らしいですからね~


Domkyrkan1 
 晴れるのを待っていたけど、このままでは行きそびれてしまいそうなので、
 思い切って今日行ってきました。

 結婚式を挙げたヨーテボリ大聖堂。
 ヨーテボリに「里帰り」する時には必ず一度は訪れます。

今日は夕方からミサがあるらしく、そのための練習なのか、
ちょうどパイプオルガンの演奏中でした。
いつもこの教会の中に入ると特別な感情が湧いてくるのですが、
オルガンの音が効果音となって思わず涙がこみ上げてきました。

椅子に腰掛け、オルガンの音を聴きながらしばらく目を閉じていると、
すーっと心が落ち着いて来るのを感じます。

Domkyrkan2 Domkyrkan3 Domkyrkan4

私はクリスチャンじゃないけれど、この12年間幸せに暮らせたこと、
そしてまた今年も2人でここに来られたことを感謝して、
これからも末永く2人が健康で幸せに暮らせることをお祈りして、
教会を後にしました。


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.07.15 映画「魔笛」
先日封切されたばかりの映画「魔笛」。

もちろんモーツアルトのオペラ「魔笛」を映画にしたものです。
ただ時代設定が第一次世界大戦時になっていて、現代風にアレンジされています。

本格的なオペラ歌手を起用し、音楽と歌は素晴らしかったです。

また、特撮や特殊効果を使って、舞台ではできないようなより大掛かりな演出が施されています。

でも、やっぱり生の舞台とは比べることができません。
生の舞台は一期一会。
歌手と観客が作り上げるその場限りの空気は、映画では感じることができないのです。

私は、去年の秋にNYのメトロポリタンオペラで観た「魔笛」をかなり気に入っていて、
どうしてもそれと比べてしまいます。
メトの「魔笛」は、歌手の素晴らしさは言うまでもなく、舞台で可能な限りの大掛かりなセットで、
観客を惹きつけました。
あれを観てしまうと、他ではなかなか満足できないのは仕方ない…。

この映画、オペラ好きの人にはちょっと物足りないかもしれません。
でも、オペラに馴染みのない人や、オペラに行くのはちょっと敷居が高いと思っている人には、
あまり気負わずにオペラ体験ができる良い機会だとおもいます。
音楽も馴染みのある曲が多いし、ストーリーも分かりやすいので、お勧めです。

映画のHPはこちら


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.07.15 懐かしい場所
映画を観て外に出ると、
あら、とってもいいお天気。

太陽の日差しがまぶしい

ずっと雨か曇りだったので、サングラスを持ってくるのを忘れた。

風は冷たいけど、太陽の光が気持ちよくて、少し散歩することに。

↓ヨーテボリ大学の文学部のキャンパス。
ヨーテボリ1


↓すぐそばに、「蓮池」と呼ばれる池がある。
ヨーテボリ2


私が初めてスウェーデンに来た時、この近くの学生・研究者用のアパートに住んでいて、
夏休みに入ると毎日この池まで散歩に来た。

あの夏は、スウェーデンとして最高に素晴らしい夏で、
晴天が続き、気温も30度近くまで上がる日が多かった。

私はビスケットを持って、時には途中でアイスクリームを買ったりして、
この池まで来ると、畔の芝生の上で日光浴。

ウォークマン(←しかもカセット!)を聞きながら、
両親や友達に手紙(!)を書いた。

そう、手紙
紙に書いて、封筒に入れ、切手を貼って出すアレね。
覚えていますか~??

Eメールなんて、ましてやブログなんてなかったあの時代。
日本を離れる時の約束を守って、本当に1週間に1通ぐらいの割合で手紙を出してくれた親友。
感謝しています♪

時々芝生の上に鴨が上がってくると、持ってきたビスケットをあげた。
いろいろ試したけど、どんなに頑張っても手からは食べてくれなかったな~。
警戒して、1メートル以内には近づかないみたい。

日本にいた時は、体調を壊すほど忙しかったOL時代。
こんなにゆっくりと流れる時間があるなんて、忘れていた。
いつも何かに追い立てられるように感じていたあの頃。

好きな音楽を聴きながら、手紙を書いたり、鴨を眺めたり。
そんな静かな時間がとっても幸せだと感じた。

懐かしい~

↓そんなことを思い出させるように、鴨さんはお昼寝中でした。
 まるで、木の置物のような鴨。
ヨーテボリ3


あの夏がなかったら、スウェーデンには住み着いていなかったかも…。

1年の滞在期間を終え、日本で新たにビザを取り直して戻ってきた翌年の夏。
忘れもしません。
あの夏は、そう、今年の夏のようだった…。
毎日、雨、雨、雨
そして、寒かった…。

その時初めて知ったのです。
これが、本当のスウェーデンの夏だということを~~~


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
ストックホルムにやって来ました。

そして…

やっと、 やっと、 やっと~~~っ。
晴れました

雲ひとつない晴天

ストックホルム1


気温も上がって、今回のスウェーデン滞在中初めて上着無しで出かけました。

晴れの日のストックホルムは本当に美しい。

ストックホルム2


友達とユールゴーデンという街中の島まで散歩。
緑溢れるオープンカフェでラッテを飲みながら、
久しぶりのおしゃべりに花が咲きます。

ストックホルム3


あ~、最高に気持ち良い~

そうそう、こういう休暇を期待していたのよ。
スウェーデン滞在も終わりに近づいて、やっと実現したわ。

4週間近いスウェーデン滞在で、私の記憶に残るのは、きっとこういう一日なんだろうな~。
そして、これまでの灰色の日々の記憶は薄れていくのでしょう。

だから、思い出はいつも美しい


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
早くもスウェーデン滞在最終日。

ちょっと遠出をしようと思っていたのですが、
風が強くてお天気が不安定だったので近場にいることにしました。
夫と2人でユールゴーデン島をぐるっと散歩。

ユールゴーデン島には、野外博物館や遊園地などもあって、
休日は家族連れでいっぱい。
でも、そこを離れると豊かな自然の公園が広がっています。

木々の緑と水の青。
お天気が良いと散歩やピクニックにもってこいの場所。

他にもジョギングをしている人、犬の散歩に来ている人、
乗馬をしている人、などなど。

でも、かなり広いので、あまり人には会いません。
他人に邪魔されることなく、のんびりと過ごすことができるのが、
とってもスウェーデンらしいです。

所々にレストランやカフェなどもあり、
自然の中で食事やお茶が楽しめます。

散歩をしていて、疲れたらりんごの木の下でケーキを食べながら
休憩なんていうのも良いもんです。
ストックホルム4


突然、羊の群れに遭遇!
ストックホルム550頭ぐらいはいたでしょうか。
1人のおじさんと一緒に2匹の犬が番をしていました。
ここは王室の島なので、王様の羊だとか…
(↑夫情報。真偽の程は分かりません


すると突然、雨が…
傘を持ってきて良かった~。
でも陽が差していて狐の嫁入り状態。

ストックホルム11この後も晴れたり曇ったり雨が降ったりの繰り返し…。

ふと見ると、遠くに虹がかかっていました。
でも、こんなに低い虹を見たのは初めてです…。


ストックホルム6
 島の南側に来ると、ちょうど対岸からフィンランド行きのフェリーが
 出航するところでした。
 ストックホルムを夕方出発して、翌日の朝ヘルシンキに到着します。


途中休憩しながら、3時間以上散歩しました。
島をほぼ一周したかも。

帰りは遊園地の側からボートでガムラスタン(旧市街)へ。
ボートから見るガムラスタンが私は好きです。
ストックホルム7


ガムラスタンには、もちろん観光客用のお土産屋さんがたくさんありますが、
他にも、小さいけれど何かにこだわった特徴のある個人のかわいいお店もたくさんあります。

狭い路地が入り組んでいて、気の向くままにそんな路地に入ると、
意外なお店が見つかることも。

ストックホルム8


古い建物の残るガムラスタンをぶらぶらと歩いて王宮に着くと、なんだか人が集まっています。

ストックホルム9何かな?と思っていると、夕方6時の衛兵交代でした。

昼の衛兵交代は観光名物になっていて、騎馬隊の行進や楽団の演奏も
あって華やかですが、夕方の交代はひっそりとしています。
それでもこの時期は観光客が結構たくさん集まってくるのですね~。


ガムラスタンにあるレストランで、スウェーデン版ブイヤベースのような
魚介類の煮込みスープを食べて、今回のスウェーデン滞在を締めくくりました。

レストランを出て、9時半だというのにまだまだ明るいストックホルムの街を眺めながら、
もうここが私の第二の故郷になっていることを感じていました。
ストックホルム10



ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ


再びバンコクにやって来ました。

約4週間のスウェーデン滞在後にバンコクに来ると、
またまたバンコクの印象が違います。
ダッカから来た時は、随分整然としているように感じましたが、
スウェーデンから来るとやっぱり人が多くて騒々しい
静かなスウェーデンに慣れてしまったのですね~。

これでダッカに戻ったらどう感じるのでしょうか?
ちょっと不安…


さて、前回も食べた「カニのカレー炒め」。
今回は今までいつも行っていた「ソンブーン」というレストランに行きました。

金曜日の晩だったせいか、3階までほぼ満席。
相変わらず人気があるようです。
地元の人やバンコク在住の日本人客も多いみたい。
これはおいしい証拠

注文したのはいつもとほぼ同じ。
「カニのカレー炒め」と「エビのグリル」と「空芯菜炒め」。

Somboon1 Somboon2


「カニのカレー炒め」はやっぱり前回「サヴォイ」で食べたのよりおいしい♪
カレーの辛味と卵の甘みのバランスがとても良い感じ。
お皿を舐めんばかりにすっかり完食。

「エビのグリル」はぷりぷり。
「空芯菜炒め」はニンニクたっぷりで、これはまあどこで食べてもおいいしい。
この3品の組み合わせは味のバランス良くて飽きないのです。

次回からは浮気をせず、「カニのカレー炒め」は「ソンブーン」で決まり


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.07.23 これ、何だ?
バンコクタクシー


バンコクの空港から乗ったタクシーの中で見つけた表示。

どういう意味だろう???

おなら禁止??
ぶぶぶぶ…

まあね、もちろん閉め切った車内で放たれては、迷惑千万ですが。


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ

5週間振りに我が家に帰ってきました。

どんなに楽しい旅行でも、しばらく家を離れていると、
やっぱり家が恋しくなるもの


少なくとも今まではそうでした。

旅先のホテルがどんなにデラックスでも、
長くスーツケース1つで生活していると疲れてきます。

そして自宅がどんなに狭くても、帰ってくると
「あ~、やっぱり我が家はいいな~
と、思ったものです。


さて、今回。
5週間という長い期間留守にしていたのに、
全然家が恋しくなりませんでした。

それどころか、
「とうとうあの地へ帰るのか~
という気持ちの方が強かったのです。

バングラデシュを長く離れすぎて、
何でもある便利な生活が当たり前になってしまい、
ダッカでの生活に不安を感じるようになってしまったのです。

そんな不安を抱きながら、とにかく家に帰ってきました。

帰ってきて嬉しい~という気持ちはやっぱり湧きません。
それでも、自分達の物に囲まれるとほっとします。

さあ、これからまたここでの生活が始まるのだ。

ストックホルムとバンコクでは、ここぞとばかりに食べたい物をたべまくり、
しっかり太って帰ってきてしまったので、これからダイエットに励まなくちゃ!

頑張るぞーっ


し、しかしっ…

この5週間ブロードバンドに慣れていた私。
ダッカのインターネット接続って、こんなに遅かったんだ…

遅いっ!!遅すぎるーーっ!!

あ~~、すでにストレスが~~~っ


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ

2007.07.27 不公平だな~
バンコクで、今回初めてスカイトレインのプロームポン駅界隈に行ってみた。

この近辺には日本人が多く住んでいて、日本人街とも呼ばれている(らしい)。

ここに来るのは今回が初めて。
バンコクには過去に4回来たことがあるのだけど、
いずれも日本から来ていたので特に日本人街に行く必要もなかったのです。

プロームポン駅を出て、まずフジスーパーという日本のスーパーへ。

途中、周りに日本語表示が多いのに驚く。
書店やレンタルDVD、古本屋なんかもある。
もちろん、居酒屋もたくさん。

日本語もあちらこちらから聞こえてきます。

フジスーパーには、日本の食材がいっぱい
ほぼ日本のスーパーみたい。
お豆腐や薄切り肉、お刺身だって買えるし、日本のお菓子や和菓子もある。

誘惑には勝てず、餡入り餅を購入。
ただ、表示がタイ語のみだったので、こし餡なのか粒餡なのか分からないのが難点…
じーっと眺めた後、こし餡だろうと判断して買いました。
(ホテルに戻って食べてみたら、こし餡でした

夕食は、駅から歩いて5分ぐらいのところにある地鶏専門の居酒屋で
(これについてはまたいずれ書くことにします。)


バンコクでは、日本の物がかなり手に入る。
フジスーパーや伊勢丹の中のスーパーのような日本のスーパーだけでなく、
1年半ぐらい前にできたパラゴンという大型ショッピングモールの中にある
グルメスーパーでも、日本のお米や食材、お菓子まで揃っている。

日本にいる時のように、スーパーでお刺身が買えたり、
トンカツやコロッケが買えたりというのは、
ダッカに住んでいる私には夢のよう
スウェーデンだって、これだけの日本食は手に入らない。
住んでいる日本人の数が違うから仕方ないことなんだけど…

日本の本や雑誌も手に入る。
居酒屋や本格的な日本食が食べられるレストランもたくさんある。
スタバもハーゲンダッツもモスバーガーも(!!)ある。

同じ海外駐在でも、ダッカに住んでいるのとバンコクに住んでいるのとでは大違い。
ダッカからは休養のためにバンコクに行くんだもんね~。

なんか、不公平だな~ と感じたのでした。


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
私のブログにもリンクを貼らせて頂いているCookieさんのブログで紹介されていた
バンコクのレストラン
お料理好きなご夫婦のおススメのレストランだというので、私達も行ってきました。

ちょっと奥まった分かり難い場所にあるということだったので、ホテルからタクシーで行くことに。
ホテルのドアマンがレストランの名前と住所をタクシーの運転手に伝えてくれたところ、
レストランは知らないけどその通りは知っているとのことだったので、とりあえず安心して乗っていました。

ところがっ!!

15分ぐらい走ってもまだ着く様子はありません…

地図上で私が見当をつけたところでは、ホテルからそれ程遠いとは思えなかったので、
「運転手さん、本当に分かっているのかね~?」
と、不安になってきました。

私達には一体どこを走っているのか皆目見当もつかない場所ですが、
カルフールがあったりして、どうも中心街からは随分と離れてしまった様子。

20分ぐらい走ったところで、ある横道に到着。
が、通りの名前を見た運転手さん、なんやらぶつぶつタイ語で言っています。

ふむ。
どうやら違っていたらしい…。


だよね~。
こんなところのはずないよね~。


慌てた運転手さん、近くにいたバイク便のお兄さんになんやら尋ねています。
バイク便のお兄さん、首をかしげながらも私達がやって来た方向を指差しています。

運転手さんはまた何やらブツブツ言いながら、今来た道を戻り始めました。

途中、信号待ちで止まると、降りていって前に止まっていた別のタクシーの運転手にも尋ね、
また別の所ではトゥクトゥクの運転手にも尋ね、運転手さん、汗かきかきかなり焦っている様子

レストランの電話番号があったので、運転手さんに電話して聞いてもらおうとしたのですが、
どうやらこの運転手さん、英語が全然できないみたい。

私が 「テレフォーン としきりに言っているのに、
タイ語でなんだかんだ言って相手にもしてくれない。

その内にまた細い横道に入りました。

おっ、もしかして近づいてきたか?
そんな予感が。

そこでも、路上にいたお兄さんたちに尋ねる運転手さん。
彼らが何を言っているのかは皆目分かりませんが、
3人のお兄さん達がそろってある方向を指していました。

そっちの方向へとしばらく走ると…。

あっ!ここだーーっ

あったーーっ


Cookieさんのブログに外観の写真があったので、見覚えがあったのです!!
ありがとう、Cookieさん!!

あ~、よかった、よかった。


結局ホテルを出てから30分以上。
料金は106バーツ(約350円)。

えらく遠回りしてしまったのですが、かわいそうだからと120バーツ渡した夫。
でも運転手さん、またタイ語で何か言いながら、さすがに20バーツは返してきました。
まあ、100バーツはしっかり受け取ったワケですけどね… ははは。

汗かきかき、恐縮しているようだし、わざと遠回りしたワケじゃなさそうだしね。
私達も普段行かない場所をドライブしたと思って…

ちなみに帰りは、レストランの前からホテルまで5分とかかりませんでした。
料金も初乗りの35バーツ。

やっぱり近かったんだ~。
地図読み名人きなこ、健在!
今回も当たっていました
ぱちぱちぱち☆

あ、長くなったので、料理については次回ご報告します…。


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
さてさて、長い道のりを経てやっとのことで辿り着いたレストラン「LIDO」

Cookieさんのブログで紹介されていたイタリアンレストランです。

4人掛けのテーブルが7つあるだけの、小さく素朴な店内。
アットホームな雰囲気が漂っています。
すいていて、他のお客さんは外国人が多いけれど、
家族連れや1人の常連客ぽい感じ。

夫はビールを、私は赤ワインをグラスで注文。

最初に出された小さいピザ風アミューズは、
ガーリックが効いていてとてもおいしい♪
食欲が掻き立てられます。
これは、いい感じですよ。

前菜には、トマトとモッツァレラのカプレーゼとアンティパストの盛り合わせ。

LIDO1 カプレーゼは、まあ普通。
 これは何と言っても素材が物を言うので、
 いかに良い素材が手に入るかに掛かっています。
 バンコクではどうなのかな~??


LIDO2 一方アンティパストの盛り合わせは、4種類ほどの生ハムやサラミに
 ナスとズッキーニときのこのグリル。
 その量にびっくりしたけど、程よい塩加減の生ハム、
 ピリッとしたサラミ、そしてガーリックの効いた野菜のグリルは
 どれもおいしくて、ペロッと食べてしまいました。

次に、アスパラガスとイタリアン・ソーセージのスパゲッティとポルチーニ茸のリゾット。

LIDO3スパゲティは、ガーリックの効いたソースにイタリアン・ソーセージの
ピリ辛が良いアクセントに。
リゾットは、かなり硬めが好みの私にはもう少し硬くてもよかったな~
という感じですが、それでも適度なアルデンテで、ポルチーニ茸の香りも
良くおいしく頂けました。

ここでお腹はいっぱいでしたが、いつものごとくデザートへ。
食い意地はってるな~

LIDO4 やはりCookieさんおススメのティラミスを一つ注文して
 シェアすることに。
 ここのティラミスは、ケーキというよりアイスに近い感じ。
 冷たくてシャリシャリした食感。
 甘さもひかえ目で、難なく完食!

最後はカプチーノで締め。

素晴らしいのは、これだけ食べてチップを入れても1300バーツ(4000円ちょっと)だったということ!
これはお値打ちです

もしバンコクに住んでいたら、イタリアンが食べたくなった普通の日の夕食に、
気軽にちょこちょこ来られそうな、そんなレストランでした。
★★★★☆

LIDO ITALIAN RESTAURANT & PIZZERIA
www.lidobangkok.com/lidostarters.html


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.07.30 備えあれば…
休暇から戻ってから一歩も外に出ていない私…

毎日雨だし、ダッカでの元の生活になかなか戻れなくて引きこもり状態。

しかも、また停電だ…。

ちっ

あ~、かったるい…

しかしっ。

そんなことは言っていられないかもしれない…


雨と言えば、地方の村やダッカの一部でも
すでに浸水している所がいくつかあるのだが、
大きな川も氾濫の危機に瀕しているらしい。

今朝の新聞によると、
バングラデシュを流れる三大川の一つジョムナ川は、
なんと危険水位を85センチも上回っているそうだ

85センチって…。
かなりヤバイんじゃないでしょうか??

バングラデシュに降る雨のせいだけじゃなく、
上流のヒマラヤとかインドから流れてくる量も半端じゃない。

地図で見ると分かるように、バングラデシュにはたくさんの川が流れている。
しかも、低地。

もちろん川が土地を肥沃にもしているのだが、災害も多い。

3年前には川が氾濫し、この辺りも浸水したらしいし…


う~む


そろそろ、水や食料、買い置きした方がいいかしら…


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
引きこもり記録更新中。
ゆえに書くことが何も無い…

そこで、またまたバンコクネタ。
しかも食べ物だ~

この調子だと、ブログのタイトル変えなきゃいけなくなるな…
ダッカ情報はしばらくお待ちを。


さて、「日本人街」のあるプロームポーン駅界隈に行った日。

夕食はもう日本食以外考えられなかった。

日本語のフリーペーパーを見て知った居酒屋
駅からは近いけど、ちょっと奥まった所にあり、
知らなかったら行けなかっただろう。

店内は、全く日本の居酒屋という感じ。
軽いジャズが流れていて、今風。

メニューもなんと日本語オンリーで、
ざっと見たところお客さんも日本人ばかり。
店員はほとんどがタイ人だけど、日本語でOK。

まずはビールで乾杯

注文したのは、豆腐のあんかけ、エリンギの炙り、
鶏の串3本ずつ(柚子こしょう焼き、梅しそ、つくね)。
備長炭でじっくり焼いただけあって、香りもよくおいしい♪

Kenzo1 Kenzo2 Kenzo3


難点は、出てくるのが遅かったこと…。
「とりあえず」の一品のはずのエリンギが出てくるまで、
えらく時間がかかった。
その後注文した串も、随分待ちましたよ~

Kenzo4そのせいか、これでほぼお腹が一杯になり、ご飯へ。
夫は焼きおにぎり、私はそぼろご飯温泉卵付き。

焼きおにぎりは、串に巻きつけて焼いてあって、一見つくね風。


Kenzo5そぼろご飯がとってもおいしかった
そうそう、こういうのが食べたかったのよね~。
お弁当にも持って行きたいような。
結構量が多くて、どうしても食べたいデザートがあった私は
食べきれず、夫に託す。

またまたいつものことながら、この時点でかなり苦しかったにも関わらず、
どうしてもはずせなかったデザートとは??


きなこ杏仁豆腐!!


Kenzo6 「きなこ」と言われて私が食べずに済ませるはずはなく…。
 クリーミーな杏仁豆腐にきなこがまぶしてあって、
 上には黒蜜がとろ~り。
 杏仁豆腐の味はあまり強くなく、
 コシのないわらび餅を食べている感じ。

久しぶりのきなこを堪能し、満腹だったのも忘れ、見事完食!!

ホテルに戻って胃薬を飲んだのは言うまでもありません…

この日はビールだけだったけど、これだけ食べて約2000バーツ(約7000円)。
まあまあの値段じゃあないでしょうか??

お刺身が無かったのがちょっと残念。
なので、ダッカに帰る前に、もう一度日本食を食べることになりました。
これについては、またいずれ。

Jidori-Ya◎KENZO
10/12-13, Soi Sukhumvit 26, Sukhumvit Road,
Klongton Klongtoey, Bangkok 10110
Tel:02-661-3457
Open: 5:30pm~1:00am
★★★☆☆


ブログランキング参加中。ご協力お願いします♪
↓           ↓
FC2ブログランキングバナー小 にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。