上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月のストックホルムというのは、まだまだ寒い(ことが多い)。

イースターの頃は、ジュネーブはすでに、
日中24~5℃まで上がることも少なくなくて、
だから覚悟してストックホルムに行った。

ところが、晴れ夫婦の私たちのこと。
3日間の滞在中、お天気は非常に良く、
日中は20℃を越える陽気。
歩いていると汗ばむほど


それでも、すっかり新緑になっていたジュネーブとは違い、
ストックホルムはまだ芽吹き始めたばかり。

ストックホルム芽吹き01

ストックホルム芽吹き02

ストックホルム芽吹き03

ストックホルム芽吹き04



しか~し、街中のKungsträdgården(王立公園)では、桜が満開。
見事に満開~

急に暖かくなったからか、いつもより早いんじゃないかな。

ストックホルム桜01

ストックホルム桜02

ストックホルム桜03


この日は、イースター明けの平日だったけれど、
ちょうどお昼時だったからか、すごい人出。
桜並木を散歩する人、写真を撮る人、
桜の下でランチする人。

記念撮影する人もたくさんいました。

ストックホルム桜05

ストックホルム桜04


一つおもしろい発見。

幹のこんな下の方にも花が咲いている

ストックホルム桜06

ストックホルム桜07


日本ではあまり見ないけど、きれいに剪定しているからかな。


期せずして、今年2度目のお花見ができました




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
ちょっと用事があって、イースターのお休みの最後に、
急遽ストックホルムに行くことになりました。

ほんの3~4日前に行くことになったので、
フライトの予約が大変!!

ジュネーブ - ストックホルム間は、直行で飛べば2時間半~3時間ぐらいですが、
この直行便があまりない。

格安航空のイージージェットとSASが週に何本か飛んでいるぐらいです。

イージージェットは当然ながら残席は無し。

SASを調べると、怖ろしい値段のチケットしか残っていません。
最初、2人分の代金かと思ったぐらい(それでも高いと思った・・・)。

「これだったら、日本まで行けるよ・・・

ストックホルム行きはもう無理か、と思いましたが、
なんとかKLMのチケットを予約。

乗り継ぎだと5時間ぐらい掛かってしまうけど、仕方がない。


早朝のジュネーブを後にして。
所々に菜の花畑の黄色が見えます。

KLM1


機内食で出たサンドイッチ。
袋には、オランダ名物ズラリ。

KLM2



用事で出かけた2泊3日の慌ただしい滞在。
どこかに遊びに行くことも、のんびり過ごすこともできなかったので、
写真もほとんどありません。
一眼レフも置いて行ったし・・・。

その中で、ちょっとした発見アレコレ。


ストックホルムの隣のソルナ市内を歩いていた時、
街中の公園で見つけた野うさぎ

野うさぎ


コンデジの望遠でギリギリの距離で、
しかも、枯葉が保護色になって見難いですが、
写真のド真ん中にいます。
見えるでしょうか?

散歩中の犬にびっくりして、逃げていました。

今まで、リスやハリネズミを見かけたことはありますが、
街中で野うさぎを見かけたのは、これが初めてです。



ホテルの部屋にあったゴミ箱。
分別ゴミです。
さすがエコ先進国スウェーデン。

ホテルの分別ゴミ1 ホテルの分別ゴミ2



ストックホルムのマルシェ。

ストックホルムのマルシェ1


おもしろいのは、同じようなお店が十数軒並んでいること。
売っている物もほとんど同じ。
値段も同じ。
商品の並べ方まで全く同じ・・・

仕入先も同じなんじゃないかしら?

ということは、どの店で買っても同じってことか・・・。

たいていアラブ系のお兄さんが売っているんですが、
客引きが結構しつこい


今回あらたな発見は、アスパラガス

ストックホルムのマルシェ2


下向きに並べるのが流行りですか?

まあそれはともかく、
こんなに新鮮なアスパラガスが売っていることが驚きでした。
しかも、ホワイトアスパラガスまで~。

私が住んでいた頃は、スウェーデンではアスパラは珍しかったんです。
最初はほとんど手に入らなかったし、
スーパーで売られるようになっても、
しなびたようなアスパラが、えらく高い値段で売られていました。

スウェーデンでも、思う存分アスパラガスが食べられるようになったのは、嬉しいな~



最後に、スウェーデンのチョコレート。

チョコ マンゴー


奥の「Caramelized Almonds Sea Salt」は、前回試しておいしかったもの。
空港の売店で見つけて買ってきました。

塩が良いアクセントになっていて、かなりおいしい。
もっと買ってくれば良かった~~。

そして手前は、新商品?
私は初めて見ました。

細かい干しマンゴーが入っていて、これもおいしかったです。


昔は、スウェーデンって、あんまり新商品が出ない国だな~と思っていました。
チップスにしてもチョコレートにしても、いつも同じ味のものばかり。
シーズンごとに新しい商品やフレーバーが出る日本と比べると、寂しい限り。

でも、最近は、スウェーデンに行く度に、新しい商品やフレーバーに出会える。

まあ、たまにしか行かないせいもあるかもしれないけどね




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
ヨーテボリでインド料理を食べに行きました。

地元紙のレストラン評で最高得点を取っていた「Bombay Place」。

ちょうどその近くで買い物の用事があったので、
まず、買い物に行く前に外からそっと覗いてみると、
5時半ごろだったのですが、すでにレストランは満席の様子

さすがスウェーデン、夕食時間、早いです
(ちなみに、ジュネーブだと5時半に開いているレストランはほとんどありません。)

買い物を済ませ、7時前ごろにもう一度行ってみると、
今度は少し空席があって、すんなりと入れました。

5時半の時点で食べていた人たちが帰る時間帯だったのでしょう。
でも、私達が店に入ってからも、どんどんお客さんが入って来て、
店はまたあっという間に満席になりました。

人気のほどが伺えます。


いつもはキングフィッシャービールを頼むのですが、
バングラという名前のビールがあったので、
ちょっとしたノスタルジーから頼んでみました

Bombay Palace 1


グラスにはバングラデシュの地図。

ダッカにいたときに、少しベンガル語を習ったので、
瓶に書いてあるベンガル文字を読んだりして、しばし思い出に浸りました

でも、味はやっぱりキングフィッシャーの方が私は好み。

横にあるのは、夫の大好物、マンゴーラッシー



頼んだ料理は、隣の人が食べていておいしそうだった「Palace sizzling grill」。
ジュージュー熱い鉄板に乗ったタンドリーのミックスグリルです。

Bombay Palace 2

タンドリーチキンやチキンティッカ、海老、シークケバブなど盛りだくさん。
タンドリーソースもついていて、満足度満点。


もう一品は、「Harrey masaley ka khadhai ghost」。
ラム肉で、コリアンダー、ミント、グリーンチリを使ったスパイシーなマサラソース。

Bombay Palace 3

今までに食べたことのないソース。
口に入れた瞬間に感じるほのかな甘みと、あとからくるピリリと辛いスパイシーさ。
それが絶妙で、ハマってしまいました
器がきれいになるぐらい、ナンでソースをこそげとりました~


私たちはインド料理が好きで、今までストックホルム、東京、ニューヨーク、
そしてもちろんダッカで、いろんなインド料理を食べてきましたが、
その中でもトップクラスの味

たいていのインド料理レストランは、メニューを見れば
だいたい今までに食べた事のあるものがほとんどなのですが、
ここはメニューも豊富で、今回のラムのように、食べた事のないものもチラホラ。
他にも試したいメニューがまだまだあります。

ヨーテボリでこんなにおいしいインド料理が食べられるなんて、本当にびっくりです。
これでまた、ヨーテボリに帰る楽しみが1つ増えました


BOMBAY PALACE
Sodra vagen 19
Goteborg
(文字化けを避けるため、oとaの上の点々を省いています。)
Tel:+46-(0)31-188800
http://www.bombaypalace.se/
(注:サイトを開くと音楽が流れます。)



もう1つのびっくりはこちら。

Maxi cake


あるお友達の家でランチをご馳走になったときのデザートです。
チョコとラズベリーのムース。
チョコの味が濃厚でとてもおいしい


しかし、これ、




なんと、




スーパーで買ったものだと言うではありませんか

ICAという、スウェーデンではお馴染みのスーパーチェーンの
MAXIという大型ハイパーマーケットで!!!


スウェーデンでこんな上品でおいしいケーキが、
しかもスーパーで買えるなんて、本当に驚きです。


と言うか、私が長くスウェーデンを離れ過ぎ???
スウェーデンはどんどん進化しているようです



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
去年新しく家を購入した友人夫婦。
久々の再会で、新居にお邪魔してきました。


スウェーデン人の家01


スウェーデン人の理想、赤いお家です。


スウェーデン人の家02


"We love snow!!"


そりゃあね、こんなに積もっているんですから・・・

スウェーデン人の家03



スウェーデン人は、初めて家を訪れると、
まずは、必ず家の中を案内してくれます。

案内されなくても、勝手に見て回る人もいます

それも、隅から隅まで隈なく。
寝室もバスルームも容赦ないです。


もちろん、私たちも案内してもらいました。
ブログに載せる許可をもらったので、少しご紹介します。

この家は、ある建築家が設計した家だそうで、
ちょっと変わった作りになっていますが、
窓が大きくて、明るくてとっても素敵。

スウェーデン人の家04

スウェーデン人の家05



渡り廊下のようなところから見た下の階。
広ーい部屋を子供が一人占めにして遊んでいました

スウェーデン人の家06


窓から見える景色が雄大~。
牧場があって、馬が2頭いるのが見えるでしょうか?
友人宅のすぐそばまで来ることもあるそうです。

スウェーデン人の家07


ゆっくりとくつろげる温かみのあるリビング。

スウェーデン人の家08


リビングにある暖炉。
暖炉の上にもたくさんのクリスマス・デコレーション。

スウェーデン人の家09


窓辺のクリスマス・デコレーション。

スウェーデン人の家10

スウェーデン人の家11

スウェーデン人の家12


スウェーデン人はキャンドル使いが上手いです。

スウェーデン人の家13

スウェーデン人の家14


午後に行ったので、お茶と一緒に出してくれたセムラ(Semla)。
(ウィキに載っていたのでびっくりしました。こちら。)

スウェーデン人の家15


本来は、イースター前の断食(昔の話ね)の前に食べるもの。
今年のセムラを食べる日「Fettisdagen」は3月8日です。

2月にはどのケーキ屋さんにも並ぶお菓子ですが、
年々早くなってきているような気が・・・。

12月に食べたのは初めてです


私が初めてスウェーデンに行ったのが19年前の(!!!)2月だったのですが、
そのときも、街中でこのセムラを見かけました。

当時、スウェーデンのことなんか何にも知らなかった私。
セムラを見るたびにシュークリームを思い出し、だんだん恋しくなってきました。
(ちなみに、スウェーデンにシュークリームはありません。)

シュークリームへの思いが募って、ある日思い切って1つ買ってみました。


一口食べて、あまりのショックに口が利けませんでした


だって、頭の中は日本のおいしいシュークリームでいっぱい。
ところが、口の中は、慣れないカルダモン入りのパンに
やたらと甘いアーモンドクリームと全く甘くないこってりホイップクリーム。
シュークリームとは似ても似つかない味・・・。

それ以上は食べられませんでした


その後、ちょっと邪道ではありますが、デニッシュ生地のセムラを知り、
おいしいお店も開拓して、お気に入りのお店でだけ買うようになりました。
後年、小さいサイズのミニセムラも売られるようになって、
私はもっぱらデニッシュ生地のミニセムラを食べるようになりました。

ここ数年は海外に出ていることもあって、セムラを食べるのは久しぶり。
しかも、こんな大きな正統派セムラは一体何年振りでしょう。

で、これがとってもおいしかったのです
こんなおいしいセムラは初めて、っていうぐらい。
中のアーモンドクリームの味と甘さが絶妙で。

私の味覚が変わったのか、
それとも、友人が出してくれたセムラが特別においしかったのか・・・



さて、おしゃべりをしている間にディナーの時間。

前回もご紹介したクリスマスの飲み物Julmust。
ちょっと珍しい瓶入り。
まるでビールみたいです。

スウェーデン人の家16


これは夫用。
私と友人夫妻はワインを飲みました。

夫が車を運転するからなんですが、
「まあ、ちょっとぐらい」とか言ってお酒を勧めないないのは、
さすがスウェーデン人です。


ディナーはポークでした。

スウェーデン人の家17


デザートのベリーのパイ。
私が以前ご紹介したSmulpajに似ていますが、
上の生地がクランブルになっていないので、Smulpajとは呼べないか
バニラアイスを添えて頂きました。

スウェーデン人の家18



私達が東京にいた時には遊びに来てくれた友人夫妻。
ジュネーブにも遊びに来てくれるかな。





ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
ここ数日、ヨーロッパ全域で寒さがぐっと緩んできたみたいですね。
ストックホルムも久々に気温が0℃を上回っているみたいだし、
ジュネーブにおいては、昨日なんか日中13~4℃まで上がってコートが必要ないぐらいでした。
今日は朝からずっと雨・・・

でも、私達がスウェーデンに行ったときは、寒波の真っ只中。
ヨーテボリでも連日マイナス10℃以下だったのは何度も書いています。

そこで、活躍していたのがこちら。
なんだか分かりますか??

寒いヨーテボリ


駐車場に一部備え付けられている、車のモーターを温めておく装置です。

あまりに気温が低いと、エンジンが掛からなくなるそうで・・・

ヨーテボリでこれが必要になることは滅多にないのですが、
今年は記録的な寒さで、夜にはマイナス20℃近くになることもありました。
実は、使っているところを見たのは、私は初めてです



さて、話は変わって、今日はクリスマスの味覚の話。
決してクリスマス料理の話ではありません

夫の実家は、高齢の義母の一人住まい。
私たちには子供がいませんから、里帰りしても大人3人の超小家族です。

スウェーデンのクリスマス料理は、「Julbord」(ユールボード)と呼ばれるビュッフェ形式のもの。
そんなものを用意していたら、お正月まで食べ続けてもなくなりません。
なので、うちでは、ごくごく最小限のものを揃えただけのつましいもの。

スウェーデンでは、クリスマスが近づくと、各レストランが、
家庭では用意できないような豪華なJulbordを出します。
職場から、また家族や友人たちと一緒によくJulbordを食べに行きます。

次回そういう機会があれば、レストランの立派なJulbordをご紹介することにして、
今回は省略。


義母が用意してくれていたクリスマスっぽいナプキン。

クリスマスの味覚01



クリスマスの味覚というと、香辛料が挙げられます。
サフラン、シナモン、クローブ、ショウガ、ぺッパー・・・。


クリスマスの味覚02


左端のは、私のお気に入り「Kanel gifflar」のクリスマスバージョン。
Kanel(シナモン)の代わりにサフランが使ってあります。

ちなみに、「Kanel gifflar」はIKEA Foodで購入できます。
以前にも記事に書いたことがあるので、こちらから。

このサフラン味のものもとっても気に入っているのですが、
クリスマスの時期にしか売っていないようです。


真ん中のは、いつも我が家で愛用しているスウェーデンのコーヒーのクリスマスバージョン。

ところがこれ、「Julkaffe」(クリスマスコーヒー)と言うので、
クリスマスティーのように香辛料を使ったコーヒーかと期待して買ったら、
どうやらそうではなくて、クリスマス用に特別にブレンドしたものだそうで・・・

残念ながら、お味は、かなり苦めで私たちの好みには合わず


右端のは、クリスマスのときの飲み物(ノンアルコール)。
ちょっとコーラに似ていますが、もう少しスパイシーな感じかな。
スウェーデンでもコーラ人気は高いんですが、
12月には、このJulmust(ユールムスト)に押されて、売上げが下がるそうな



そして、今回見つけたヒット商品。

クリスマスの味覚03


「fil」っていうのは、「filmjolk」のことで、
ヨーグルトに似たスウェーデンのサワーミルクです。
ヨーグルトよりさっぱりしていて、シリアルに掛けたりして食べます。
ヨーグルト同様、ナチュラルなものと、フルーツを混ぜたものなどがあります。

それの「Pepparkaka」味。
「Pepparkaka」というのは、要するにジンジャークッキーで、
今は1年中出回っていますが、本来はやっぱりクリスマスのお菓子。

最初これを見つけたときは、とっても気になったのですが躊躇して買わず。
フィルとジンジャークッキーの味の組み合わせが想像つかず、
もしおいしくなかったら・・・と、1リットルも買う勇気が出なかったのです。

が、2度目に買い物に行った時に、どうしても我慢できず夫が購入。

恐る恐る味見をしてみると、これが結構イケルのですよ

ところが、買った張本人の夫は、どうも苦手な味の組み合わせだったらしく、
結局残りは全部私が食べる羽目になりました

私は気に入ったんですけどね~。

来年もあるかな??



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。