FC2ブログ
パリ旅行記、最後の記事です。


過去の記事はこちらから。

TGVに乗ってパリへ行こう!
モンマルトル編その1
モンマルトル編その2
ベルシー・ヴィラージュ編
1つ星レストランでディナー編
ローランギャロス編
アヴェロン料理を食す編
川から眺めるパリ編



さて、ダッシュで向かった先は、こちら。

野田岩01


野田岩・パリ店。

予約の時間をかなり過ぎてしまったので、慌てて行ったのですが、
土曜日の昼間だったからか、もう2時前だったからか、
結構空いていました。

ランチなので、そんなに贅沢せずに、鰻丼で

野田岩02


柔らかくておいし~~

海外でこんなにおいしい鰻が食べられるなんて、
やっぱり都会はいいな~。

誘惑に勝てずに、デザートも頂きました。

夫は、黒ごまのアイスと柚子のシャーベット。

野田岩03


私は、和菓子セット。

野田岩04



満腹&満足でレストランを後にしました。


7時過ぎのTGVまでは、あと数時間しかありません。
取りあえずリヨン駅近くまで戻り、
バスティーユ界隈をぶらぶら散策することにしました。

バスティーユ広場とオペラ・バスティーユ。
今回オペラを観られなかったのは本当に残念

バスティーユ広場


ヴォージュ広場に向かいます。

ヴォージュ広場01


ヴォージュ広場は、煉瓦造りの美しい建物に囲まれた正方形の広場。
完全な対称形を成すこの広場。
その全体像を写真に収めることができないのが残念。

ヴォージュ広場02


晴天の土曜日の午後なので、多くの家族連れや友達のグループが
芝生の上で寛いでいました。

ヴォージュ広場03


周りの建物の回廊も美しい。

ヴォージュ広場04



その後は、ヴィアデュック・デザール(Viaduc des Arts)へ。
ここは、バスティーユにあった駅から延びていた鉄道の跡。
上の線路跡は遊歩道になっているそうです。

ヴィアデュク・デザール01


高架下は、職人のアトリエや画廊、デザインショップなどが並んでいます。

ヴィアデュク・デザール02

ヴィアデュク・デザール03



まだ少し時間があったので、アリーグル広場へ。
かなり行き当たりばったりの行動・・・

パリで一番安いという噂のマルシェが出るところですが、
さすがにこの時間は、マルシェは終わっていました。

でも、広場の一角には「Beauveau」という屋内市場があります。

Beauveau01


中に入ってみましょう。

Beauveau02

Beauveau03

Beauveau04

Beauveau05

ま、普通の市場です・・・
買って帰れそうなものは何もないので、ただ見て歩いただけ。


一旦ホテルに戻り、預けていた荷物を受け取って、リヨン駅へ。
帰りもまた3時間後ろ向けに揺られて帰ったのでした。




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
パリ旅行記の続きから、ぼちぼちとブログ再開します。


過去の記事はこちらから。

TGVに乗ってパリへ行こう!
モンマルトル編その1
モンマルトル編その2
ベルシー・ヴィラージュ編
1つ星レストランでディナー編
ローランギャロス編
アヴェロン料理を食す編



さて、パリ最終日は、ランチの予約を入れていたので、
何をするにもちょっと時間が中途半端。

美術館に行くには時間が足りないし、買い物という気分でもない。

お天気も割と良かったので、セーヌ川クルーズをすることにしました。
実は、これは2人共初めて。

セーヌ川クルーズは、いくつか違う会社が運行していますが、
コースは大体似たようなもの。

私たちは、主な名所をぐるっと一周するクルージングではなくて、
1日券を買えば乗り降り自由なBatobusに乗ってみることにしました。


まず、滞在先のベルシーから地下鉄14号線で一気にピラミッドまで。

ルーブル美術館の前はすごい人です。

パリ01


怪しげな観光客

パリ02


ルーブルの船着場から、いざボートに。

対岸に見えるオルセー美術館。

パリ03


アレクサンドル三世橋。

パリ04


パリって、大きくて豪奢な建物が多い。
それぞれの建物は美しいと思うし、街並みも美しいと思う。

でも、パリという街自体はあまり好きになれない。

私は都会が大好きで、東京もロンドンもニューヨークも大好き。
なのに、どうしてパリは好きじゃないのかな~と、自分でも不思議でした。

それが、今回なんとなく分かったような気がします。

このやたら大きくて豪奢な建物が、とても威圧的に感じるのです。
いかにも「どうだ、すごいだろ」と威張っているような、
そしてそれが見え見えな感じが嫌・・・。

船から街並みを眺めながらそんなことをつぶやくと、
「だって、そういう意図で造ったんだから」と夫。

そうか、やっぱりね。

で、私は天の邪鬼だから、
素直に「すごいね~」とは思えなくて、
むしろ、その高慢さが鼻に付く、と言うか・・・


そんなことを言いながら、クルージングは続きます


エッフェル塔。

パリ05


ポンヌフ。

パリ06


昔、「ポンヌフの恋人」っていう映画がありましたね~。
スウェーデンでは評判が良かったですが、私はよく分からなかった・・・


ポンヌフを振り返る。

パリ07


シテ島には橋がたくさん掛かっています。

パリ08


ノートルダム大聖堂。

パリ09


ノートルダム大聖堂を振り返る。
この角度からはあまり見ないかも。

パリ10


この先、サン・ルイ島を周って、戻ります。

このBatobusにしたのは、好きなところで降りて少しブラブラしようと思ったからですが、
ほとんど止まらずにぐるっと一周するクルーズ船と違って、
Batobusは、何ヵ所かの船着場に寄って、その都度乗客が乗り降りするので、
思った以上に時間がかかってしまいました。

サン・ルイ島を過ぎる辺りで、すでにランチの時間が迫っていて、
どこかで(シテ島辺りを考えていたのですが)降りて散歩する時間は全くなく、
それどころか、ランチの予約時間に大きく遅れてしまう結果に・・・


そして、レストランへダッシュ


つづく




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
過去の記事はこちらから。

TGVに乗ってパリへ行こう!
モンマルトル編その1
モンマルトル編その2
ベルシー・ヴィラージュ編
1つ星レストランでディナー編
ローランギャロス編



パリ2日目は、ローランギャロスでテニス観戦だったので、
事前に夜の予定が立たず、レストランは予約していませんでした。

とにかく寒くて体が冷え切っていたので、
私は熱~いラーメンでも食べたかったのですが
夫にはさらりとスルーされ、とにかくホテルの近くまで戻ることに

そして、やはりベルシー地区で目を付けていたレストラン、
「L'Auberge Aveyronnaise」に行くことに。

ここは、フランスのアヴェロン地方の料理を出すレストランで、
ミシュランガイドでは、コストパフォーマンスの良いレストランを示す、
ビブちゃんのマークが付いています。


かなり込み合っていましたが、すぐに席に案内してもらえました。

アペリティフにKir blancを。
サラミとピクルスが出てきました。

L'Auberge Aveyronnaise 01


前菜は、夫がルーエルグのサラダ(Salade du Rouergue)。
サラダに、ハム、ロックフォール、梨などが入っています。

L'Auberge Aveyronnaise 02


私の前菜は、ハムやソーセージの盛り合わせ。

L'Auberge Aveyronnaise 03



夫のメインは、アヴェロン地方の伝統料理アリゴ(Aligot)。
アリゴに隠れてほとんど見えませんが、ソーセージ付き。

L'Auberge Aveyronnaise 04


アリゴは、マッシュポテトにトムというチーズを混ぜ込んだもの。
サーブの仕方も独特。

L'Auberge Aveyronnaise 05


ぐんぐん伸びます~~。

L'Auberge Aveyronnaise 06


私は、これを一皿食べるの絶対無理なので、一口味見をしただけ。
おいしいですが、ちょっと重いです・・・。


私のメインは、キャベツのファルシ。
つまりはロールキャベツ。

L'Auberge Aveyronnaise 07

小さく見えますが、かなりのボリューム。
優しい味で食べやすかったのですが、
前菜で既にかなりお腹が膨れていたので、半分しか食べられませんでした



お腹が一杯だったにも関わらず、どうしても試してみたかったのが、
昔風のミルフィーユ(Millefeuilees a l'ancienne)。

入口を入ったところに大きなミルフィーユが置かれていて、
入った時から気になっていたのです。

L'Auberge Aveyronnaise 08


1人分もかなり大きいですが、軽いので結構食べられます。
中に挟んだカスタードクリームがおいしい

L'Auberge Aveyronnaise 09


夫のデザートは、ヴァローナ(Valrhona)のチョコレートを使った、
ムース・オ・ショコラ。

L'Auberge Aveyronnaise 10

夫もお腹が一杯と言いながら、おいしくてあっという間に平らげてしまいました。


アヴェロン地方の料理というちょっと特殊なレストランですが、
近所のビストロという素朴な雰囲気で、居心地が良かったです。
店の人もテキパキと働いていたし(ジュネーブと比べるとどこもそう感じる)。

前日の1つ星のレストランと比べると、値段はほぼ半額。
コストパフォーマンスはさすがです


L'Auberge Aveyronnaise
40 rue Gabriel Lame
Paris
Tel: 01 43 40 12 24

最寄駅は、メトロ14号線のCour St Emilion。



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
過去の記事はこちらから。

TGVに乗ってパリへ行こう!
モンマルトル編その1
モンマルトル編その2
ベルシー・ヴィラージュ編
1つ星レストランでディナー編



パリへ行ったメインの目的は、実はテニスの全仏オープンの観戦

試合をやっていない時に、ウィンブルドンの会場に行ったことはありますが、
グランドスラムの試合を観に行ったことは、私はありませんでした。

ジュネーブ在住のテニス仲間の人たちは、全仏やウィンブルドンはもちろん、
その他のATPツアーの観戦にも出かけている人が大勢います。

私も、行ってみたいな~とは思いつつも、
早くから計画を立てるということが苦手な性分で、
今まで一度も実現しませんでした。

ところが今年は、チケットを取っていたのに行けなくなった人がいて、
そのチケットを譲って頂けることになったのです。


メトロ10号線に乗ってPorte d'Auteuil駅へ。
そのあとは、ただ人の波に乗って行けば着きます。

ローランギャロス2011-01


ローランギャロスで売られているその日の新聞。
どのコートでどの選手が試合をするかのスケジュールが載っています。

ローランギャロス2011-02


私たちのチケットはアネックスのチケットで、
メインコート以外のアネックスコートの観戦ができます。

この日の第2コートの第2試合は、女子シングルス3回戦。
ヤンコヴィッチ対マテック=サンズ。
これが観たくて、並びました。

ローランギャロス2011-03


しかし、やはり人気者の試合がアネックスで観られるというので、
第2コートには既に長蛇の列。
なかなか前に進みません。
既に満席なので、誰かが出るまで入れないのです。

お天気は不安定で、太陽が顔を出すと日差しが強くて暑いのですが、
雲に覆われると風が吹いてとても寒い

諦めて他のコートの試合を観に行こうかと何度も迷ったのですが、諦めきれず・・・


そのうちヤンコビッチの試合が始まったような雰囲気があり(外からでは分からない)、
さらに列は進まなくなりました・・・

そして、私たちが2組目というところで、コートからは歓声と大きな拍手が~
どうやら試合が終わってしまったようです


ここで大勢の人が出たので、やっと第2コートに入れました。
ヤンコビッチの試合は見逃したけど、せっかくここまで来たので、
次の男子シングルス3回戦、第12シードのユーズニー対モンタネスの試合を観ることに。

ローランギャロス2011-04


メインコートとは違い、小さいので、観客席とコートが近い。
かなり近くで見ることができ、迫力があります。

ローランギャロス2011-05

ローランギャロス2011-06

ローランギャロス2011-07

ローランギャロス2011-08


ボールボーイも頑張っています

ローランギャロス2011-09


ユーズニーの方がランキングが上ですが、どうも調子が悪い。
第1セットを6-1で落としてしまいました。

途中、メディカル・タイムアウトも取り、
肩のマッサージをしてもらっていました。

しかし、第2セット、1-4から巻き返し。
タイブレークにもつれ込みますが、
結局、第2セットもモンタネスが取りました。

ローランギャロス2011-10


ユーズニーが調子を取り戻してきたので、試合がおもしろくなってきたのですが、
ここで、私はトイレの我慢が限界に~~~~

列に並ぶ前に行ったのですが、なんせ寒風吹き付ける中、2時間も並んでいたのです。
やっと自分たちの番になったときには、実はすでに少し催していました。
しかし、やっと周ってきた順番を逃すわけにはいきません。

そして、第2セットが終わった時点で、試合時間はほぼ2時間。
よくここまで我慢したものです。

でも、これ以上はもうムリ。
絶対ムリ

泣く泣く第2コートを後にしました

ちなみにトイレも長蛇の列で、
あまりにギリギリに行くのは危険です。


トイレから戻って来て、次はどのコートに行こうかとぶらぶら歩いていると、
先ほど試合をしていたモンタネスに遭遇。

セットの合間にトイレにでも行くのかと思っていたら、
実は、一旦盛り返したように見えたユーズニーは、
タイブレークで力尽き、第3セットを1-6で落として、
モンタネスにストレート負けしていたのでした。



メインコートでは、男子シングルスの試合が続いていましたが、
アネックスコートは後はダブルスの試合しかありません。

男子ダブルス1位のブライアン兄弟の試合がありましたが、
やはり入場には列ができていて、
これ以上列に並んで時間を潰すのが嫌で、
女子ダブルスの試合を観戦することに。

ダブルスの試合は、テレビでは滅多に放送しないので、
ランキング上位の選手の試合ではありませんでしたが、
コート間近で見られるて、なかなか勉強になりました。

全仏レベルでも、女子ダブルスは雁行陣が主流のようで、ちょっと意外でした。
戦略的には、私たちがやっているテニスと大差ありません。
もちろんレベルは雲泥の差だけど・・・
前衛の動きの良さに感動


しかし、それにしても寒い
体は完全に冷え切っていました。

午後7時を回っていたでしょうか。
私たちがいたコートの日程が終了したところで、帰ることに。

あまりに寒かったので、インスタントだと知りながらも、
スタンドでホットチョコレートを買って暖を取りました。


出口に向かうと、出口に一番近い3番コートに人が入っていくのが見えました。

「あれ、まだ試合をしているのかな~」

すぐに入れそうだったので、ちょこっと覗いて見ることに。

すると、マテック=サンズ&ショーネシー組(米)対ジョルジュ&ペトコビッチ組(独)の
ファイナルセットのタイブレークがちょうど始まるところでした。


マテック=サンズ(右)&ショーネシー組

ローランギャロス2011-11


ジョルジュ&ペトコビッチ(左)組

ローランギャロス2011-12


独特のスタイルで目立っているマテック=サンズ選手

ローランギャロス2011-13


今年の全仏シングルスベスト8のペトコビッチ選手

ローランギャロス2011-14


ダブルスでは、第6シードのマテック=サンズ&ショーネシー組の方がランキングが上ですが、
ファイナルセットのタイブレーク8-6で、ジョルジュ&ペトコビッチ組が勝ちました。

ローランギャロス2011-15


最後のタイブレークだけでしたが、緊迫した試合で、おもしろかったです。


体は冷え冷えでしたが、気持ちは高揚したまま、
ローランギャロスを後にしました




ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
過去の記事はこちらから。

TGVに乗ってパリへ行こう!
モンマルトル編その1
モンマルトル編その2
ベルシー・ヴィラージュ編



せっかくパリに行くなら、オペラ・バスティーユでオペラが観たいと思っていたのですが、
パリ行きが決まったのが、2~3週間前だったので、
オペラに行く時間が取れそうな初日の夜は、ネットでは既に満席
当日に並べば、もしかしたら買えたかもしれないけれど、そんな時間はなし。

というワケで、今回はオペラを諦め、
代わりにミシュラン星付きレストランで食事をすることにしました~

パリに数ある星付きレストランのうち、選んだのは、滞在ホテルの近くにあるレストラン。

ベルシー区にある1つ星レストラン「Au Trou Gascon」
フランス南西部、ガスコーニュ地方の郷土料理を中心に出すレストランです。


全然目立たない外観。
中も見えないので、知らないと入り難いですね。

Au Trou Gascon 01


まずはアミューズ・ブッシュ。
ブダンノワールのマカロンとパエリア味のムース。

Au Trou Gascon 02


私は普段はブダンは苦手で食べないのですが、
これがサーブされた時は、何のマカロンなのか聞き取れなかったのです

食べてみると、かなり独特の味

そこで、周りのテーブルにサーブされる度に聞き耳を立て、何度目かに、
もしかして、「ブダンノワール」って言ってるのでは・・・と

ブダンを食べない私は、食べても何の味か分からなかったんですね。
少しだったので食べられましたが、やっぱりあまり好きな味ではありませんでした。


夫の前菜は、生ハム。
脂の乗ったおいしいハムでした。

Au Trou Gascon 03


私の前菜は、ランド産のホワイトアスパラガス。
アスパラ風味のサバイヨンソースで。

Au Trou Gascon 04

丁度良い茹で加減で、シャキシャキとして、ほんのり苦味があって、おいしかったです。



夫のメインは、鴨のコンフィ。
ポテトパンケーキと森のサラダ添え。

Au Trou Gascon 05


私のは、アンコウ。
野菜のジプシー、小イカのソース。

Au Trou Gascon 06


アンコウには、黒オリーブが塗られています。
野菜は、茄子、トマト、ズッキーニ、オニオンのグリル。
オニオンの間にはサラミが挟まれていて、味わい深い。
少しインドのカレーのようなスパイスも感じられて、
淡泊な味のアンコウの身を引き立てていました。
本当においしかった



ここでお腹は一杯でしたが、好奇心には抗えず、私はデザートを

Au Trou Gascon 07


薔薇の香のマカロン。
中にはとっても甘いワイルドストロベリーが挟まれていました。
それに、ライチ味のソルベと、ライチの実の飴掛け。
素材の一つ一つの味がとってもしっかりとしておいしくて、ペロリと完食



食後のコーヒーと共に出てきたチョコとお菓子。

Au Trou Gascon 08

こちらもどれもおいしくて、夫の分までしっかり頂きました。



オペラには行けなかったけど、大、大、大満足のディナーでした



Au Trou Gascon
40, rue Taine
Paris
Tel: 01 43 44 34 26
http://www.autrougascon.fr/



ブログランキング参加中。ご協力ありがとうございます♪
↓           ↓
 にほんブログ村 海外生活ブログへ